最近の関心事

言うまでもなく、私にとって第一の関心は俳優キム・ナムギルだが、最近読んでいた本が如実に今の私の頭の中を物語っているのを面白く感じてしまった。


「老後の資金がありません」垣谷美雨著(中公文庫)


f0020564_22255479.jpg

「わたしのことやん」と思わせるタイトルが気になって手に取った小説。これを読んだからといって、老後の資金の心配がなくなるわけではないが、終盤のエピソードは、本当にそんなに多くの高齢者が日本にはいるのかと常々不審に思っていることを裏づけるストーリーを面白く読ませてもらった。


「本物の英語力」鳥飼久美子著(講談社現代新書)


f0020564_22380202.jpg


英語そのものの勉強はしないくせに、かつては、英語に関する本だけはよく読んだものだ。先日、思いがけなく会った大学時代の後輩が貸してくれたので、久しぶりに、英語教育というものの世界を垣間見ることになった。友人は英語教師を経験した後、通訳ガイドの試験にもパスした優等生。私とは大違いだが、彼女のように勉強を続けている姿を眼にすると多少の刺激は受ける。目新しい内容ではなかったが、ずっと中途半端なままの英語力をもう少し上達させてから死にたいという気にはさせられた。それこそがこの種の本の目的のように思える。


「道ひらく海わたる 大谷翔平の素顔」佐々木亨著(扶桑社)


f0020564_22393807.jpg

当ブログでも何度か書いているが、私はスポーツには興味がない。でも、イチロー選手など、トップ中のトップアスリートには人間として心惹かれる。朝の遅い私がのそっと起きてトーストをかじっている時間帯にLIVE中継されているメジャーリーグの試合を眼にするうち、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷選手が気になり始めた。タイトルにあるような大谷選手の素顔まではわからなかったが、おそらく、凡人の頭では計り知れない大きな人物であることは感じられる。楽しみが増えた朝。


「サイレント・ブレス(看取りのカルテ)」南杏子(幻冬舎文庫)


f0020564_22401113.jpg


私にとって最期の日はそんなに遠い話ではない。本屋でタイトルを見て、終末期医療のノンフィクションかと思ってしまったが、実は小説だった。主人公は女性医師。大学病院から訪問クリニックへと派遣され、終末期医療の現場で治療にあたる。著者は現職の医師なので、まさに、それぞれの介護の場に同行しているような感覚にさせられる。


「穏やかで安らぎに満ちた、いわばサイレント・ブレスを守る医療が求められている。どんな最期を迎えたいのか、患者の思いに愚直に寄り添うのが、看取り医である自分の仕事だ。」


患者たちの治療にあたる一方、主人公にも寝たきりで施設に入っている父がいる。終盤、父の意思を知った彼女は延命治療を止め、実家で母と共に最期を看取る。


「八時三十五分・・・ご臨終です・・・水戸慎一さん(注:父の名前)、ありがとうございました」


ドラマなどではよく聞く死亡宣告だが、医師として、父の最期を告げる言葉に思わず涙してしまった。


座右の書として傍に置いておきたい本。

私の場合、どうしても自宅で最期を迎えたいというほど強い気持ちはないが、どこであろうと、最期は医師や看護師をはじめ、いろんな方たちのお世話になるしかない。途中になっているエンディングノートを早く書き上げなくちゃね。


箸休めのように、読書の合間に眼にした栞。ギル友さまの手作りです。

날마다어나는 행복(毎日花開くシアワセ)」

f0020564_22575056.jpg


Commented by よよこ at 2018-09-27 16:10 x
チング~(^^♪
あんにょん~
なんか、気になる題名ですね~(笑)
生100年時代に突入の話に一番困るのが、老後の金ですよね。
お金があっても100歳まで生きたかないけど、現在45歳以下の方は100歳まで生きる可能性が高くて、2007年以降に生まれた子たちは107歳まで生きる可能性が高くなるらしい。どんどん寿命が延びてえらいこっちゃです。(笑)
樹木希林さんのように、周りに迷惑を掛けないようにいくのがいいです。
それより、読書家ですね。私は、老眼が進んでからは本は読まなくなりました。
ボーと韓ドラをみることが多いです。
チングをみならって、老眼鏡をかけて読書の秋 します!か?
栞、使って頂いて、コマウォヨ💛
Commented by omasa-beu at 2018-09-27 18:06
よよこチングや、あんにょん!

コメントをありがとうございます。気になりますか。でも、内容はないようです。私も眼が疲れるし、読書は激減してるので、まさに、ちょっと気になるものがあるときだけのミーハーですよ。
私が目標としている寿命は75歳なんですけどね、もう残り少なくなってきました。さて、結果はどうでしょうか。楽しみにしていてくださいね(笑)

栞、こちらこそ、コマウォヨン。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2018-09-20 22:51 | 映画、TV、本、音楽 | Comments(2)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31