Kim Nam Gil History ④ 2015.2~2016.12

みなさま、ごきげんよう。お手元にはファンミーティングのチケットが届いている頃でしょうか。神席に当たった幸運なギルペンさまの声も聞こえてきますが、私の場合、プレミアム感は一切なし。大宮なんて、昨年と全く同じ席ですから、そちらの方がびっくりぽん!というか。お願いですから、この席を私の指定席にしないでください(笑)。しかし、泣いても笑っても、ナムギルさままで、あと9歩。楽しみに待つとしましょう。


f0020564_16094957.jpg

お花屋さんの店先にも春の花が増えてきました。


ヒストリーの続きです。


2015.2月 『パイレーツ』韓国版DVD到着


2015.03.05 映画『殺人依頼(살인의뢰)』のVIP試写会に登場(ナム枯れの季節はこういう情報に狂喜します)


2015.03.07 映画『パンドラ』クランクイン


2015.04.23 『無頼漢 渇いた罪』制作報告会


2015.05.14  68回カンヌ国際映画祭へ出発(『無頼漢 渇いた罪』―「ある視点」部門招待作品)


2015.05.22 『パイレーツ』日本公開


2015.05.27 『無頼漢 渇いた罪』韓国公開


20156月 Gilstory –Road Story 城北ナレーション公開スタート


2015.07.11 『パイレーツ』限定上映@シネマート新宿


2015.07.30 『パンドラ』クランクアップ


2015.08.20 第24回釜日(プイル)映画賞主演男優賞にノミネート(無頼漢 渇いた罪)


2015.09.25 モバイルコリアのゲーム「大陸」広報モデルとしてPV出演


2015.09.30 所属事務所Star J. Entertainmentとの契約満了


2015.10.01 第20回釜山国際映画祭出席(『無頼漢 渇いた罪』)


2015.10.02 第24回釜日(プイル)映画賞授賞式。

       最優秀作品賞『無頼漢 渇いた罪』

       主演女優賞チョン・ドヨン、主演男優賞イ・ジョンジェ

      (無頼漢韓国版DVDコメンタリーは授賞式後に録音された模様)


2015.10.03 『無頼漢 渇いた罪』日本公開


2015.10.07 O&Entertainmentと専属契約を締結


2015.10.30 映画『殺人者の記憶法』クランクイン


2015.11.23 『花、香る歌』VIP試写会出席(たこ焼きほっぺの意味がわかった)


2015.11.25 『花、香る歌』韓国公開


2015.12.02 『パイレーツ』日本版DVD発売


2015.12.14-15 FCクリスマスイベント-2014SpecialStage Osaka特別映像上映会

        @シネマート心斎橋(この映像のDVD発売を今も切望しています)


2015.12.19 同上@シネマート新宿


2016.01.30  『殺人者の記憶法』クランクアップ


2016.03.02 『無頼漢 渇いた罪』日本版DVD発売


2016.03.25  Special Stage Road Show Maihama (舞浜アンフィシアター)

2016.03.27  Special Stage Road Show Osaka (グランキューブ大阪)


2016.04.12 映画『ある日(邦題:ワンデイ 悲しみが消えるまで)』クランクイン


2016.04.23 『花、香る歌』日本公開


2016.05.19 第4回ヨーロッパ短編映画祭開幕式に共同組織委員長として出席


2016.05.28 『無頼漢 渇いた罪』韓国版DVD到着


2016.06.20 『花、香る歌』韓国版DVD到着


2016.06.30 Kim Nam Gil Special Stage 2016 RoadShow DVD&Photobook 発売


2016.07.08 『ワンデイ 悲しみが消えるまで』クランクアップ


2016.08.03 Gilstoryリニューアルオープン


2016.08.16 Gilstory「私たちが作る文化遺産、漢陽都城」連載開始


2016.09.07 Gilstory [Daumハートファンディング]キャンペーン 

      storyfunding(漢陽都城案内のオーディオガイドと地図を作成する後援金)募集開始

「キム・ナムギルのソウル漢陽都城1010色」連載開始


2016.10.12 「アンサンブル」リーダーでバイオリニストのクォン・ヒョクジュさん、急逝


2016.11.09 『パンドラ』制作報告会


2016.11.16 『花、香る歌』日本版DVD発売


2016.12.3-5 『パンドラ』プレミアム試写会INソウル(コアリ)


2016.12.07 『パンドラ』韓国公開


2016.12.10 第1回マカオ国際映画祭に『パンドラ』が非競争部門であるガラ(GALA)セクションに公式招請され、監督、出演者一同出席


2016.12.12 JTBCバラエティ番組「非正常会談」出演


Commented by noriko at 2018-03-04 21:19 x
おまさぼうさま

いま東京から京都に向かう新幹線の中です。金曜から出張で留守にしていたので、家人から「チケットが届いてる」と知らせて来ました。1日置いて「またチケットが来ました」とメールが(・・;) ファンミに行くことも伝えてなかったので留守中に届くとは計算外でした(笑)

席は、今まで後方席が続いてたことを思うと、プレミアム?感がちょっとありました。しかし、おまささん、去年と同じ席って、意外に稀有なことかもです(^_^;)

ナムギルヒストリー、その時その時の個人的な思い出を含めて、思い返せる有り難い機会をいただいています。バイオリニストの方が急逝された時の驚きも思い出しました。

ここのところ怒涛の忙しさで物理的にも精神的にも余裕がないんですが、ファンミの期間は別世界の癒しに浸れると楽しみにしてます。何を歌ってくれるんでしょうね。
そしておまさぼうさんチョイスの「春」のお花も楽しみ(*^^*) 待ってる時間は楽しいです。
Commented by kurikuri at 2018-03-04 22:36 x
おまさぼうさま こんばんは

ファンミのチケットも届き、ちょっと落ち着いています。(席はプレミアムではありませんが・笑)
今回やっと私が知っているというか関わった内容をあげていただいていますが、随分前の出来事のように感じられます。③から拝読していくと、ナムギルさんは本当に映画のお仕事に没頭されていたのですね。前記事のコメントと似たような内容ですが、以前「2015日韓友情フェスタ」のコメント動画を観たとき、「えっ、この方キムナムギル?」と正直思うほどのビジュアル。今は分かります。「パンドラ」の撮影現場だということ。その表情はジェヒョクですね。この映画も1年半年後に公開。「殺人者の記憶法」も2年後です。こうやって熟成された作品に出会い、ファンミに参加できることを幸せに思っています。そして今回も参加させていただいたお花も楽しみにしています。(さて、何を着ていこうかな。)
Commented by Akemi-m at 2018-03-04 22:58 x
おまさぼうさん、こんばんは

ナムギルさんヒストリー、次第に私が知っているナムギルさんに近付いてきました。
何故かワクワクしてきました。

私にも、チケットが届きました。
手渡しの宅急便のメール便で届いたのには、驚きました。 ジャニーズは普通にポスト投函でしたので。
席は…良くも悪くもないって位置かな?多分。
私も、何着ていこうかなあ?と考えています。
ジャニーズのライブに行く時も、自分としてはおしゃれして、のつもりで…
俳優やアイドルにはまったことのない友人は、「何着るとか髪型とか、そんなの、向こうは見てないから」ですが… そりゃそうですし、万が一
見てくれたとしても、どうということのない、只のおばさんなわけで…
しかし、自分の気持ちと言うか女心なのでしょうか?
Commented by omasa-beu at 2018-03-04 23:22
norikoさま、こんばんは。

お疲れのところ、コメントをありがとうございます。まだ、車中かしら。
逐一知らせてくださるとは、何と有難いことでしょう。持つべきものは、、、いいですね。

席運については、おそらく、順に廻ってくるかと思います。そして、割と前の方でナムギルさんを見つめたこともあったのに、そんなことは忘れて、イベントのたびに、一喜一憂してしまうんですよね。このところ、昨年の大宮ファンミのDVDをよく観ているのですが、客席にライトが当たらない限り、ナムギルさんからは皆さんのお顔はよく見えないんですよ。久しぶりに会えた嬉しさでいつも緊張しながら観ている気がしますが、もっとリラックスして楽しもうという気がしてきました。

怒涛の忙しさのなかにおられるnorikoさんも、売るほどある時間のほとんどをナムギルさんのドラマやファンミ鑑賞に費やしている私も、ファンミという別世界に誘ってくれるのは同じこと。そして、おっしゃるとおり、赤毛のアンではないけど、「待つことはその楽しみの半分」という時間を、今、味わっています。
Commented by omasa-beu at 2018-03-04 23:40
kurikuriさま、こんばんは。

コメントをありがとうございます。リコメを書きながら、つい、流しているファンミDVDに眼が行ってしまいます。演技もそうだけど、ステージの会話もほんとに間がいいですね。

過去記事を元にヒストリーを書いているのですが、つい、ちょっとしたニュースは飛ばしてしまうので(他のギルペンブロガーさまたちがきちんと上げてくださるので、もう、いいかと思ってしまうんですが)、今回、やはり、すべてカバーすべきかなと反省しているところです。なんて言いながら、つい、めんどくさくなって書かないんですが(汗)

ヒストリーを書こうとした理由のひとつが、ナムギルさんが出演した映画に時差というものが生じるため、ある作品の撮影中に他の作品の公開があったりするのが普通ではないですか。それを一連の流れのなかで見たいということ。2年前のファンミでたこ焼きホッペだった意味が、『殺人者の記憶法』が公開されて、やっとわかりましたからね。荒削りのヒストリーですが、ナムギルさんを理解する一助になればいいなと思います。
Commented by omasa-beu at 2018-03-04 23:55
Akemi-mさま、こんばんは。

コメントをありがとうございます。ヒストリーをお読みいただき、嬉しいです。歌舞伎の場合も、チケットは普通郵便で届きますけど、今まで、何の支障もありませんでした。それに、自分で好きな座席を選んでチケットを購入するから、今回のようなドキドキ感もありませんしね。お席は、ともかく、よかったですね。

私がずっと好きだった「やしきたかじん」さんの言葉ですが、彼のディナーショーに何を着ていけばいいかと質問したファンへ「何でも結構です。舞台に出るのはぼくですから」と返したのがいつも思い出されます。でも、こちらは好きな人に会う思いで迷ってしまいますからね。ある意味、それは相手に対する礼儀でもあるかも知れないですしね。でも、お友だちではないけど、舞台からは、上にも書きましたけど、客席はよく見えないんですけど、今度ばかりはお見送りもあるし、気合も入るかと思います。
Commented by Akemi-m at 2018-03-06 00:30 x
おまさぼうさん、こんばんは。

記事と関係のないコメントで、すみません。
地元名古屋で、3/10から一週間だけですが、「新しい記憶」が上映されます。嬉しくて、言いたくて、コメントしてしまいました。
Commented by omasa-beu at 2018-03-06 01:56
Akemi-mさま、こんばんは。

よかったですね。新しい記憶の方は、まだ、ご覧になってないんですよね。
ファンミもあるし、忙しいけど、シアワセな週になりますね。

京都も、出町座という出来たばかりの映画館で3/10から本編と新しい記憶がダブル上映されます。上映時間が微妙で、一度に両方は観られないので、最低二回は通うことになりそうです。
Commented at 2018-03-06 08:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by よよこ at 2018-03-06 11:21 x
ちんぐ~~(^^♪
あんにょん~(^_-)-☆
大宮!! マジですか!
さすが!と言うか、ある意味すごい!
これは、本当の気持ち。
昨年の大宮は、多分チングの後頭部を見た気がするので、私より前列だったはず。
悪くてもこれ以上後列は、無いってことじゃないの?
私は、まだ分からないけど、買ってくれたちんぐは、期待するなとのことです。
でも、去年より今年の方がめっちゃ気分が⤴⤴です。なぜか(笑)
多分、去年は、ドラマ、映画とあって、やっぱ、好きやねんが戻ってきたからかも💛
チングにもナムにも早く会いたいな。
後、7歩か・・
待ち遠しいです。
Commented by omasa-beu at 2018-03-06 11:58
鍵コメさま、こんにちは。

いつもお疲れさまです。釜山国際映画祭は皆勤ですね。今年はナムギルさんが参加されるかも知れないし、さらに楽しみが大きいですね。
大宮では、本能的大阪人チームのお花の前あたりにいると思います。近くを通られるようでしたら、お声をかけてくださいね。
Commented by omasa-beu at 2018-03-06 12:04
チングや、あんにょん!

コメントをコマッスミダ。ほんまに、大当たりでしょう(笑)。決して、悪い席ではないけど、よくはない、まして、プレミアムとは縁遠いけど、こんなことを言ってるから、ダメなのかもね。
私の「やっぱ、好きやねん!」はずっと変わらないけど、それでも、映画2本とドラマをはさんでのナムギルさんとの再会はいつも以上にどきどきしてます。
もちろん、チングや皆さんとの再会もね。風邪を引いたりして、体調をこわさないように、お互いに、気をつけましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2018-03-04 16:16 | Kim Nam Gil History | Comments(12)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31