MNET『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』14話 

今週末の13日、14日、映画『殺人者の記憶法』公開を記念して、映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』と映画『無頼漢 渇いた罪』がシネマート心斎橋・シネマート新宿にて上映されます。久しぶりに大きなスクリーンで観るガンスとジェゴンを楽しみにしているのですが、風邪のひきはじめか、昨日から体調がパッとしないので、もしかしたら、パスせざるを得ないかも知れません。大事なのは、27日からの本番ですからね。


詳細は、シネマートHPをご覧ください。

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/topics/20171227_14813.html


f0020564_16204774.jpg


さて、14話。前回のラブラブシーンから一転、ホ・イムが医員として自分の使命と居るべき場所に気づくまでの試練が描かれます。


ホ・イムを意のままにするべく、マ・ソンテ漢方病院院長の陰謀で逮捕されたヨンギョン祖父のチェ・チュンスル恵民署漢方医院院長。ホ・イムが何度も「捜査をやり直してくれ」と懇願していたように、警察の捜査がずさんすぎます。そもそも、ホームレス親分のキム氏が倒れると同時に警察と救急が到着するなど、どう考えても、あり得ないことです。結局、親分たちの自白によってヨンギョン祖父の潔白は明らかになったとはいえ、冤罪という許されない罪を着せた者たちが罰せられないのも釈然としません。しかし、真実を暴くことがこのドラマのテーマではなく、ホ・イムが医員として誇りを持って生きるために必要な事件だったと言えます。


f0020564_16195889.jpg
はじめて手を震わせた朝鮮での出来事を思い出して

鍼筒の涙を知ったホ・イム。


ホ・イムが鍼を打ちに行った屋敷は、この前、『クリミナルマインド』にも出てきました。他にも観たような気がします。日々、多くのドラマが作られている韓国では、セットを作るよりもロケの方が時間がかからないということなんでしょうか。


f0020564_16191408.jpg
ホ・イムはチョンスルを救うため、マ院長の要求を受け入れるのか、

突然、手が震え、鍼を打つことができない。


f0020564_16240527.jpg
一方、ヨンギョンはホ・イムが今度のことでもう医員として

生きていけなくなるのではないかと心配する。


f0020564_16253424.jpg
そして、漢方医院の前で出くわす二人。

f0020564_16244860.jpg

何も言わないホ・イムに、ヨンギョンはそのことについて

尋ねてみる代わりにご飯は食べたかと尋ねる。


大切な祖父に罪を着せていると知ったキム氏に対しても医師として冷静に接していたヨンギョン。強気だけでなく、やさしい心根を持ったいい医師、いい女に成長しました。


そして、ヨニの治療のため、再び、自ら心臓に鍼を突き刺し、朝鮮へ旅立ったホ・イムです。


以前、ファンミを前にしたアンケートに、ナムギルさんにやってもらいた役という質問があり、その一位が「死なない役」でした(笑)。たしかに、『カン・チョルジュン公共の敵1-1』、『美人図』、『善徳女王』、『暴風前夜』、『パンドラ』、『サメ』など。これほど死ぬ役を演じた若手俳優(もう、中堅に入りましたが)は少ないかも知れません。『赤と黒』と『無頼漢』は、心情的に、「死んだ」と言いたくないので挙げておりません。


その点、ホ・イムは、最終回まで元気な姿を見せてくれると思いますが、タイムスリップするたびに死んでいますから、1話のエンディングで矢に射られてから、14話で心臓に鍼を突き刺して朝鮮へ戻るまで、何と、10回も死んだことになります。死ぬ役から離れられそうにないですが、現実では、いつも健康で、いつもシアワセであってほしいナムギルさんです。


14話の韓国語


再び、처자(チョジャ)

パトカーに無理やり同乗させてもらい、刑事とともに病院へ駆けつけたホ・イム。キム氏の主治医がヨンギョンと知らされます。「では、チョジャ(字幕:そなた)が」と応じるホ・イムに対し、「なぜ、いきなりチョジャ(字幕:妻子)の話を?」と刑事から突っ込まれます。

以前、チョジャ(처자)という単語の意味について書きましたが、小学館の朝鮮語辞典によると、「娘、乙女」のほかに「妻子」と言う意味があります。また、「年老いた人が娘を呼ぶときに用いる」とも書かれていますが、ホ・イムには当たりませんから、辞書は辞書として、ドラマ等で単語の持つニュアンスを感じ取っていくのが手っ取り速いような気がします。


この回、お気に入りの刑事さんが再び登場してくれたので、ナムギルさんとのやり取りを楽しく観られて満足です。


노숙자(ノスッチャ)

ホームレス。明らかに、「野宿者」から来た漢字語のようですね。


韓国語の解釈について、間違い、勘違いはご容赦ください。ご指摘いただければ訂正いたします。

写真は、FacebooktvN토일드라마(土日ドラマ)から拝借しました。


14話のあらすじ。

http://omasabeu.exblog.jp/28176398/


Commented at 2018-01-12 15:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by omasa-beu at 2018-01-12 18:47
鍵コメさま

まあ、がっかりですね。どうか、気を落とされず
二次で当選しますように☆☆☆

今回、キャパ以上のエントリーがあったんでしょうか。
一般募集があるかどうかは、すみません、知らないんです。
いつもなら、あったと思いますけど、
今回、エントリー方法が新しくなっていますしね。
それに、会員を落選にしてまで、
一般募集をするのも納得できないですもんね。
Commented by ホタル at 2018-01-12 21:34 x
おまさぼう様、こんばんは。先日はとんでもない時間にコメントを送信してご迷惑やご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした。更年期の睡眠障害で時折眠れないことがあり、ボーっとしたままコメントしてしまいました。以後気をつけますのでご容赦ください。
14話のアップありがとうございました。ヨンギョンの祖父を救うために自己を犠牲にしようとするホ・イムの苦悩が辛かったです。ホ・イムにとっては自分の生きがいや夢よりも家族のようであり、愛するヨンギョンが大切に思う人でもあるチョンスルの方が大事であったのだと、今更ながら思い至ります。大監に命乞いした姿が頭をよぎり、無償の愛を感じました。加えて、ホ・イムを出迎えて母のように温かく包み込むヨンギョンもまた、見返りを求めない情愛をもつ女性ですね。
Commented by omasa-beu at 2018-01-13 00:19
ホタルさま、こんばんは。

コメントをありがとうございます。先ほど、最終回が終了し、やはり、寂しいですものですね。もちろん、これからも何度もしつこく観るんですけどね。

ホ・ジュンが絡んでいた20年前は、まだ、ヨ祖父も50歳前後だったし、拘置所での暮らしも堪えられるだろうとの想いがホ・ジュンにあって、医師としての倫理観を優先したのかも知れませんけど、年老いた祖父をこのまま刑務所暮らしにさせるなんて選択肢はホ・イムになかったのはわかります。このバカ者と言いながらも、内心、祖父は嬉しかったと思います。

それから、コメントは、深夜でも早朝でも、お好きなときに入れてくださって大丈夫ですよ。誰に迷惑をかけるわけでもありませんから。今後も、いつでも、お待ちしています。

Commented at 2018-01-13 09:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-01-13 11:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by omasa-beu at 2018-01-13 20:08
鍵コメさま、あんにょん!

コメントをありがとうございます。
ご入金の件、よろしくお願いいたします。
少なくとも、ファンミには参加希望者が全員参加できるよう願います。
ですから、参加できるだけでもシアワセと思わなきゃいけないですね。

それと、今回のお花企画は映画『殺人者の記憶法』のお祝いですので
ファンミのお花は、また、後日、よろしくお願いいたします。

Commented by omasa-beu at 2018-01-13 20:14
鍵コメさま、こんばんは。

再挑戦、お疲れさまでした。今度こそ、お祈り申し上げます。
Gil Veotのコミュニティをご覧になっていませんか。
そちらに、一次に落選された方が投稿されていますが、決して、あなたさまが書いてられるような理由ではないと思いますよ。申し込みが多かったのかも知れません。

この度のご苦労も、ステージのナムギルさんにお会いになれば吹き飛んでいくことと信じています。
Commented by kurikuri at 2018-01-13 22:05 x
おまさぼうさま こんばんは
最終回が終わって、なんとなく落ち着かない土曜日の夜。今朝から何度も16話をリピしてホイムにガムタッチです。1話から15,16話と進むにつれて、ヨンギョンのナチュラルメイクが自然でいいなあと思っていました。最後はとても美しい。明日は2年ぶりにジェゴンに会いに行きます。まさか映画で出会った俳優さんのファンクラブに入るなんてその時には予想にもしていませんでした。3月の一般販売で参加できた舞浜ファンミ、まだ席に余裕があったけど行かなかった大阪(後悔)このときと昨年に比べ今回は会場が小さくなったことと希望者が増えたことが大きいような気がします。私よりずっと前から応援をしていらっしゃる方、今回お初の方、皆さんがお誕生日をお祝いできることを祈っています。
Commented by omasa-beu at 2018-01-13 23:35
kurikuriさま、こんばんは。

コメントをありがとうございます。私も、最終回が終わり、気が抜けてしまいました。韓国での放送終了後はあらすじを書かなくちゃという気が入っていたので、今回ほどは寂しくなかったのかと、今にして思います。それに日本語字幕での放送も控えていましたしね。MNET版の感想も15~16話が残っているので、近いうちに完走するつもりですけど(それしか、取り柄がない)、もう、頭の中がすっかすかになってるので、書けるかな。

メイクや服装などは疎いので、あまり気が回らないんですが、アジュンさん、泣くシーンでも、鼻を赤くするほど本気の演技をする人でしたね。彼女の演技には、何度も何度も泣かされました。当分は、ミョンブルから離れられないと思います。ケーブルテレビ最高のヒット作ですら、5話か6話か何話だったかで頓挫してます。すぐにホ・イムに会いたくなる(笑)
Commented at 2018-01-14 00:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なな母 at 2018-01-14 09:27 x
おはようございます

お花の件、やはりご心配させてしまいました
今回は映画封切り関係ですよね

先日旦那が下ろした車のバックドアに頭があたり大流血(幸いすぐに止血してその後救急医で3針縫う羽目に)、その2日後犬の散歩中によそ見してたら電柱に頭部からアタック、ほぼ同じ所をぶつという大冒険、いえ大失態連続の私です、つい独りよがりなコメントでした、えへへ今回のお花は映画封切りですね、よろしくお願いします
Commented by omasa-beu at 2018-01-14 12:37
鍵コメさま、あんにょん!

今度こそ、吉報をお待ちしています。

去年、HIGH CUTの写真や動画が話題になりましたが、本紙の方のインタビューはお読みになりましたか。「人生酒場」のそのリアクションについて質問してくれています。ナムギルさんがパク・ソンウンさんを「ウンパ~ク」と呼ぶ、そのセクシーな呼び方に関連して出た話題です。ご存じない方のために~

記者 さっきから感じるんだけど、ほんとうに口振りが「おばさん」のレベルだ。もしかして、あの画像はご覧になったかな?先般、tvN「人生酒場」に出演したとき、タク・ジェフンの「(ナムギルさんは)先天的にやらしいんだな」という言葉に「ぼくが?」を三連発したではないか。それを観ながら、本人がセクシーであることをほんとうに知らないのか、そういうふりをしているのか気になったが、今日、答えを見つけた(笑)

ナムギル その画像が広まっているの? ホホ。さあ、ぼくがセクシーだと知って演技したら、みんな、拒否反応をするのではないか。でも、はっきりと言えるけど、ぼくはセクシーさを演技したことはない。ご覧になる方々はそんなふうに観てくださっているのか。もしや、こう書いてもらえますか? キム・ナムギルは生まれたときからセクシーだったし、「おぎゃあ」も(セクシーな調子で)「おぎゃ~~あ」と泣いたと。お医者さんたちも、「あー、この子はほんとうにセクシーですね。生まれたときからこんなにセクシーとは!」と叫んだし、「おかあさん、この子は成長したらものすごくセクシーになると思いますよ」とうちの母に言ったと。(一気に言い立てるキム・ナムギルのロールプレイングにインタビュー現場は壊滅状態になった)
Commented by omasa-beu at 2018-01-14 12:41
なな母さま、あんにょん!

いえいえ、半分、冗談ですよ(笑)。それよりも、大変でしたね。
今年の分の厄落としは済んだということで、今後は、十分に気をつけてくださいね。
なんて、私自身、そそっかしいので、人さまのことは言えません。
ほんとに、お大事になさってください。
Commented by Akemi-m at 2018-01-14 13:30 x
おまさぼうさん、こんにちは。
連続でコメントしてしまっています、すみません。

HIGHCUTの訳は読みました。
あのインタビューも楽しかったです。
人生酒場でのやり取りで、私が、もしかしたら?と思ったのが、ナムギルさんの「ウンパク」の発音かイントネーションが、韓国語の例えば下半身の部位の呼び方或いは行為の、に似てるのかな?と。ホストの方が「ウンパーク、…ウンファ…」(と私には聞こえました)と発してる時の字幕に「◯(ハングル文字)FA」と出ていたので、その発音自体が、と思ったのです。

人生酒場では、後半、賞の話をしていて、やっぱりナムギルさんも欲しい(賞がと言うより、評価して欲しいということなのでしょうか?)んだなあと、取って欲しいなと思います。
Commented by omasa-beu at 2018-01-14 13:52
Akemi-mさま

いえいえ、コメントは何度でも歓迎です。
やはり、お読みでしたか。添付されていた日本語訳は持ち出し禁止なので、上記は、私なりに訳したものです。念のため。小心者ですので(苦笑)

鋭いご指摘ですね。私は、ナムギルさんのルックスや雰囲気からジェフンさんがそう言ったのかなと単純にとっていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by omasa-beu | 2018-01-10 16:40 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(16)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『殺人者の記憶法』1/27(土)公開!! 同映画監督版『殺人者の記憶法:新しい記憶』2/10(土)公開@シネマート


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28