[インタビュー②] 映画『ある日』キム・ナムギル

[インタビュ②]キムナムギル「政治問題に疲れた最近、『ある日』は疲労を軽減してくれるもの」


f0020564_19094308.jpg

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/03/31/2017033101517.html


[OSEN =キム・ボラ記者](インタビュ①にいて)映『ある日』(監督イユンギ)はに男女の甘い愛を描く正統メロではない。


予告編を見ると、妻を失った一人の男と魂となった女が出い、を芽吹かせるストと推測しやすいが、よく見てみると、愛する人の不在に起因する傷、母娘の別れなど、さまざまな情が溶けており、監督と俳優たちが伝えようとするメッセジが何なのか集中させる。


魂が見える男ガンスを演じたキムナムギルは31日午前、ソウル・パルパン洞のあるカフェで行われたインタビュで、「以前、『無頼漢』を撮りながら感じたのは、多くの客が速いテンポ(の映)に慣れているようだということだった。ぼくは『無頼漢』が昔の映のような感じがして良かった。今回の作品も(ゆっくり時間をかけて撮影したり、余白の美が調されている場面が多い。)撮影しながら、「なぜ、長いんだ?」というもした。すごく誠実に撮影した感じがするが、ある意味、客が退屈に感じるのも当然だ」とえた。


また「しかし、イユンギ監督の作品中(『ある日』が)最も商業映であるようだ。最も客がたくさん入るように思う。監督は「10万?50万?とおっしゃっているが、ぼくの考えでは、もっとうまく行くようだ。イユンギ監督だけの映の色をお好きな方はたくさんいるが、あえてマニア層でなくても喜んでいただけると思う」と自信を見せた。


45日封切りを控えた『ある日』「(監督イユンギ)は、不慮の事故で魂となって世の中を初めて見た女と唯一彼女を見る男のストーリーを盛りんだ作品だ。


いてキムナムギルは「ぼくは朝新聞をむ。子供の頃から始まった習慣だが、高校の時は社んで理解できなかったが、今はちょっと分かるようだ。社変わっていくことをきちんと知りたい。そうすれば、演技にも役立つと思うし、社全体のニュスに心がある」と明らかにした。


また「実際、政治、社問題でなくても、生活があまりにもしいようだと、あまりに疲れるこの頃だ。ぼくたちの映『ある日』は、社の疲減することができる作品ではないかと思う」と自信を見せた。


[写真]オーエンエンタ提供


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2017-04-01 19:14 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(0)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30