キム・ナムギル インタビュー記事(ファッションについて)

5月6日、スポーツソウルにアップされたキム・ナムギルさんのインタビューです。翻訳機の翻訳を少しだけわかりやすく修正しましたが、行き届かないところはご容赦ください。元記事はこちらです。Yさま、お知らせくださり、ありがとうございます。

[スターファッション]生涯初めてのカンヌのレッドカーペットを踏む俳優のファッションは?「基本的な礼儀をわきまえたい」(インタビュー)

[スポーツソウル]「可能性のある俳優の気持ちで。礼儀が備わったファッションで楽しんで来ますよ~」

俳優キム・ナムギルの気持ちは目いっぱい浮き立っている。キム・ナムギルは新作『無頼漢』が来る13日に開幕する「第68回カンヌ映画祭」で注目される視線部門に公式招請されることにより、生涯初のカンヌ映画祭のレッドカーペットを踏むことになる。初めての遠出に期待半分、心配半分、多くの考えが飛び交うなかで世界中の映画人が集まる場所でのファッションもまた悩みのひとつだ。

キム・ナムギルは「表面的に見られるもののなかではレッドカーペットが最も気になる」と口を開き「映画祭にふさわしい礼儀があると聞いた。タキシードと蝶ネクタイの正統派スタイルでスマートに引き立たせないかと考えられる。今は未だすべて戸惑っている」と大げさに振る舞っているが、これまで映画やドラマの中で様々なスーツファッションを見せただけにある程度自信に満ちた目つきだった。また、俳優としてのファッションについて「実際のキム・ナムギルはファッションについて知っていることはないが、作品中のキャラクターを着たキム・ナムギルのファッションは自信がある。それほど深く考えて悩んだ結果だから」と言いながら自信をほのめかした。

- 「生涯最初のカンヌのレッドカーペット」という意味が格別らしい。衣装の準備はどうしているか。

今は未だぼんやりしている。幸いなことに、すでにカンヌ映画祭に多く行って来たチョン・ドヨン先輩と一緒だと安心する。先輩に聞いたら「私も最初に行く時は同じような気持ちだった。楽しむという考えで気楽にしてたらよい」と話してくれた。もっとも気を遣うことの一つがレッドカーペットだが、基本的な礼儀だからスマートなタキシードを着るつもりである。レッドカーペットのほか、映画祭をあちこち見回ってみたい。行ってきた人たちの話では、われらの「釜山国際映画祭」の雰囲気ということなので、気楽な服装で海辺を歩きたい望みもある。

- ひときわ、作品でスーツをたくさん着た。ある記事には「洋服もスタイリッシュに着こなす俳優 'という説明もあった。

実際、その言葉はきまりが悪いが、とても嬉しい。普段、トレーニングウェア姿で多く通うため、スーツを着たときにより魅力的なんじゃないかと思う。(笑) 他の俳優たちに比べ露出があまり多くなかったので、「着こなしている」ように見える時もあるみたいだったり。俳優は、新しいキャラクターを着たとき、最も新鮮な感じを与えるようだ。その中で消化する衣装を使用してキャラクターを表現し、緊張感を造成することもある。何よりも「俳優キム・ナムギル」という枠にはめ込まれていない感じなので、衣装もちゃんと着て見せられるように映る時があったよ。

- SBSドラマ『悪い男(赤と黒)』ではノータイスーツファッションが注目を浴びた。 「無頼漢」では、同じように他のスーツでキャラクターを表現した。

モダンでダンディーなスタイルを見せてたかったし、また、あまりにも重重しく整った感じは嫌だった。ネクタイまですると、重苦しく見えるみたいなのでノータイを選択した。正しい会社員の感じではなく、自由奔放ながらも自由な精神を表現したかったのか。新作映画「無頼漢」では非情な刑事とキャバクラの営業部長など両極端のキャラクターを消化しなければならない外的な区分が確実に必要であった。これまでの作品の中で、多くのスーツを着てきたために監督はモデルのようにスーツをよく消化するのではないかと心配された。刑事に扮するときはスーツを着たが、何かぎこちなくてダサい感じを強調し、営業部長のときはカラフルな花柄などで「自分自身は非常にきちんと着ていると思っているが、他の人が見る時は過剰な感じ」を表現しようとした。

- キム・ナムギルだけのスーツ着るこつもあるようだ。

ウエストラインは必ず引っ込んでなければならない。そうしてこそ、ジャケットを着たとき、背中や肩が目立つ。腰が細く見えると、ヒップラインがさらに活かされる。ジャケットを着る前、中にベストを着るのも方法である。

- 184㎝の長身のおかげで、「デニムがよく似合う俳優 」という評価もある。

子供の頃からお気に入りのファッションは、ストレートジーンズにTシャツやニットを着ることだった。実際、ここには秘密もある。このようなファッションがよく似合うには身体の管理も欠かせない。ボクシング、テコンドー、ランニングなど、ぼくの身体を十分に使用する有酸素運動が、柔軟性も育て、小筋肉を育ててくれるようだ。

- 普段活動するとき、偽装術はあるか。芸能人の気配を出さない奥の手というか。

ない。人々はあまり気づかない。背の高い人は、何をしても目立って見えるため、「さらに目立たないように」見せるのが自分だけの偽装術である。普段ジャージ姿がさらに多いこともある。トレーニング服をたくさん着るため好みのブランドもできたし。ナイキの場合、機能性は断然最高だ。例えば、ランニングするなら、特化された靴の種類が多様だし、登山服には各季節ごとに多様な機能性製品が多い。運動に適した素材が多くて好きだ。

- キム・ナムギルのドレスルームが知りたい。

ない。たぶん、俳優のなかで、ドレスルームのない人は、ぼくだけではないかな。思ったより本当に服がない。好きなファッションアイテムは帽子だけど、10個で全部だ。帽子は単純に顔が露出しないようにと使い始めたが、地味なファッションのスーツにセンスあるポイントを与えるにも適したアイテムだと注意深く見ている。帽子よりもさらに多いのはサッカーシューズだ。ファンがプレゼントしてくださったものまで、約30足程度ある。演技のほか、最近の唯一の楽しみはサッカーなので、サッカー関連用品を注意深く見るほうだ。このほか、バッグは、バックパックが好きだ。最近は、男性も、様々なサイズのクラッチをたくさん持って通うが、バックパックの方がもっと使いやすいな。

- 普段のスキンケアは。キム・ナムギルだけのよく食べよく生きる(豊かに暮らす)健康法があれば紹介してくれ。

スキンケアをあまりしないので心配だ。普段は自然に放っておくのが良いようだ。したいようにし、食べたいものを食べ、思い通りにするのが最もよい健康であるようだ。いくらいい環境でいいものを食べても、ストレスを受けると、身体は病気になるから。昔は人々とたくさん付き合って、旅行するのも好きだったけれど、ある瞬間から作品に入って演技するのが最も面白くなった。また、朝、眼が覚めるとするのはうちの子たちを(?)見る楽しみだ。犬二匹、猫一匹をこうして育てている。また、500㎖の水を一気飲みすることも忘れないし、母が喉に良い梨の果汁とキキョウ茶を用意してくださる。お腹がもたれるのがいやなので、1日1食にする方だ。
ナム・ヒェヨン記者

記事とは関係ないですが、ナムギルさんのスーツ姿をドラマ『サメ~愛の黙示録~』のハン・イスからピックアップしました。腰回りを絞ってこそ、肩や背中が映えるというスーツ姿をご覧あれ!

f0020564_0322187.jpg
f0020564_0323993.jpg
f0020564_033663.jpg
f0020564_0333813.jpg
f0020564_034248.jpg
f0020564_0335733.jpg

そして、キム・ナムギルとしてのスーツ姿。ナム・ボラちゃんとのツーショット。
f0020564_0355230.jpg

Commented by ぷりん at 2015-05-07 09:56 x
「ナムとファッション」、正直ミスマッチに思えますが笑、こだわりが知れ、日常も垣間見れとても興味深い記事でした。 
前々から「ナムの服選びのこだわりはどこかな」と気になっていたので、ちょっとスッキリです! 

インタビューなどから「○○が好き」というピンポイントでの発言はありましたが、が、意外と(*^_^*)ありましたね◎
ナムのシャツを見ていると毎回ツメてあるので「これは韓国式なのかな」と思っていたのですが、そこには細かく考えられたこだわりがあったんですね。。。。御見逸れしました(●^o^●)

ドヨンssiもそうですが、「役柄と衣装」も重要な点であり、そこにも俳優としての意識が高いことが分かりますね◎ 
例の彼女は、どんなコンセプトだったのか、、、イスは、スーツはカッコよく、普段着はオジサンでした笑

今回「こだわり」がわかり、カンヌ、そしてこれからのファッションが楽しみになりました♪
が、センスは別問題ですから、その点はダサナムのままでいてほしいです爆
Commented by すみれ at 2015-05-07 15:05 x

長いインタビューですね ! それもファッションについて・
役柄と服装 服装は多くを語りますから重要ですね ! !
小筋肉を意識したボディ作り、ツボです(o^^o)
演技が、あれだけ細やかなギルですから、当然ながら自分のBODYLINEは熟知してますよね(笑)
ウエストから腰へのライン…
韓流男優 背の高い人は多いですが、ギルのライン ☆ 美しくて、一番 好き^_−☆
Commented by omasa-beu at 2015-05-07 16:11
ぷりんさま
イルボンペンからプレゼントされたコートやTシャツを着ている人ですから、ワードローブは、ほんとに少ないのかも知れません。

私自身、ファッションについては全く疎いので、ナムギルのことは何も言えないんですけど、その他の情報、たとえば、身体を維持するためにボクシングをしてるか、朝、オンマが用意してくれるジュースなどを呑んでるとか、そういう話が嬉しいです。
Commented by omasa-beu at 2015-05-07 16:14
すみれさま
小筋肉なんて初めて聞きました。ほんとに、もの知らずで困ったもんです。それはともかく、彼のスタイルが韓国俳優の中でも群を抜いているのは、ギルペンではない友達も認めていました。身体を維持するための努力は、演技の一部でもある訳ですね。
Commented by ゆっつ at 2015-05-07 17:30 x
おまさぼうさま、記事をわかりやすくして、アップいただき、ありがとうございます♪やっと、なるほど~と思うところが何ヵ所もありました❗胃がもたれるから、1日1食ですか~なんか、ピダムのときに、パクパク食べてた印象があって、たくさん食べる人かと思ってました。また、ウェストラインを気を使ってるあたり、さすがお尻自慢だけあるなあと(^o^)とっても楽しい記事でした。
Commented by あやちゅん at 2015-05-07 19:58 x
おまさぼう様 こんばんは!
GWは、近場という事でしたが…さすがは京都デスよね!何処に出掛けられても風流な感じを受けます。素敵デスよね♪

さて…
興味深く、楽しい記事のUPをありがとうございます☆…しかも翻訳機の文章を分かりやすくして下さっているので より意味が通じ楽しめた感じが、しました♪
翻訳機の文章をそのまま読むと良く分からない文章になりますものね…。
とにかく…彼のスーツ姿は一級品♪ホレボレします!ソレを維持する為の努力に乾杯~☆自分も何かと頑張らなくては♪と、励みになりますね!
Commented by omasa-beu at 2015-05-08 11:40
ゆっつさま
덕분에요.(おかげさまで)
ナムギルさんは、食べる時は、欠食児童みたいに食べますけど、一日三度三度は食べないと以前にも語っていた記憶があります。スタイルは、もちろん、地がいいのは当然にしても、努力なくしては得られないんですね。
Commented by omasa-beu at 2015-05-08 11:46
あやちゅんさま、アンニョン!
ありがとうございます。でも、出かけている本人が風流どころか、ガサツもんで(笑)

記事は、大体、翻訳機訳を斜め読みなんですけど、この記事は、自分がよりよくわかりたいためですが、少しでもお役に立てば嬉しいです。
ナムギルは特別ですけど、わたしだって、女優なら必死でやせるわ~とお腹の肉をつかみながら言い訳してます(苦笑)
Commented by noriko at 2015-05-08 17:52 x
おまさぼうさま~

GW後半は家族奉仕でグッタリ、昨日・今日と仕事をしてようやく日常が戻ってきた感じです。

こんなにインタビューでいろいろ話してくれるなんて、無頼漢さまさま、カンヌさまさまですね。彼はどんどんキャリアを積んで成長いるのに、成果を目に出来ないでいるというか、なかなか作品が公開されないのをじれったく、またちょっと寂しい気持ちでいましたが、彼はぶれてないというか、「らしい」ままでいてくれているのを嬉しい気持ちで読みました◎

服へのこだわりポイントは、一味違ってて面白かったです。そういえば、パンツにもこだわってたし(笑)
しかし、服が似合うためにはまず身体の管理!というのは実に耳が痛い話です(>.<)マズいものを隠すことしか考えてないです…

カンヌにはヘアメイクさんも同行するんでしょうか?
ときにメイクが濃すぎるときがあるので(例えば上の『サメ』の記者会見のときとか)ナチュラルな感じでお願いしたいです~
Commented by omasa-beu at 2015-05-08 20:26
norikoさま
お疲れさまです。身近なひとが一番大事ですもん、疲れても、楽しい休暇であったのでは?!

こういう風に、ファッションであったり、何かにフィーチャーしてインタビューしてくれるのは、今や遠いお星さまになったナムギルさんに近づける気がするので嬉しいです。

1st tourの終盤、花吹雪のなかで舞いながらボクシングポーズを取っていたのが印象に残ってます。サマになってたので、男の子は大体そういうことができるのかなと単純に考えていたのですが、身体の管理のために、ずっと続けていたのかなと思いました。

『星から来たあなた』のチョン・ジヒョンさんは劇中でもトップスターの役ですが、ラーメンは三口でやめるとか、女優がいかに普段食べないで太らないようにしてるかという状況が台詞で表現されています。もちろん、食べないだけでなく、ジムでトレーニングに励んでもいるのは、ドヨンヌナのスタイルを見ても想像のつくことです。

数年前まで、立命館大学朱雀キャンパスで開催されていた映画フェスティバルに参加したことがあります。家から歩いて10分という地の利もありますが、この回のゲスト、ソル・ギョングさん目当てに通いました。

身体の管理とはちょっとずれますが、役によって体重を増やしたり減らしたりするギョングさん。どうしたらやせるのかという質問に、食べないことだと答えていたのが頭に残っています。わかっちゃいるけど、出来ない、出来ない! その折の記事はこちらに残っていました。

http://omasabeu.exblog.jp/15017349/

いつの日か、ナムギルさんが地元に来てくれることを夢見ましたが、ソル・ギョングさんの回で終わってしまった映画祭です。

ナムギルさんのメイクについては、より美しく見えさえすれば、ビジュアル系ナムギル、わたしは歓迎です(笑)
Commented at 2015-05-10 08:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by omasa-beu at 2015-05-10 12:47
鍵コメさま
お読みくださってありがとうございます。わたしも、いつも隠れて(なんで!)拝見してますよ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2015-05-07 00:01 | キム・ナムギル(2015~2016) | Comments(12)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30