ICHIRO-MONDOW ~Two Chairs~ 採録 (NIGOの巻) on よみうりTV 5/20/2006

イチローとゲストの二人による連想問答である。
本日のゲストは、原宿から世界一有名な猿を発信する男、ファッションプロデューサー、NIGO

一 連想せよ 一
この日のテーマ: 自分流      <XXX>内が連想ワード

<猿>
NIGO: 甘ったれてる人とか。
イチロー: よく猿とよばれました。(笑)
<流行>
NIGO: でっちあげ。
イチロー: 危険。
<哲学>
NIGO: 持ってないですね。何にもないです。
イチロー: ええっーー(笑)! 自分で作りあげるもの。
<スタイル>
NIGO: う~ん、誰も持っていない、自分だけのものですね。
イチロー: 人とは違うというところで、やっていたいっすね。   (問答終了)

イチロー語録
「人と違うことをやるというのが、僕の基本ですから」(2004年、ファンの前で語った言葉)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5月19日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」に出演したイチロー選手の親友、スポーツジャーナリストの義田貴士さんによると、イチローの日々の積み重ね、つまり努力は並大抵ではないようだ。球場にはいつも一番に現れ、雨で試合が流れそうな日でも、ストレッチなどのルーティンは欠かさない。

「努力」は私が好きな言葉のひとつであるが、絵に描いた餅同様、いつも挫折してしまうものでもある。たとえば、英語を話せればいいなと思うひとはたくさんいる。だから高いお金を払って英会話学校へ通う。でも、そんなことをしなくとも、毎日10分でいいから音読(中学校程度の英語のテキストを意味を理解した上で声を出して読む)を続ければ、流暢とは言わないけれど、「横飯」をする程度の英語力はつく。これは、20年ほど前になるが、毎日わが身で人体実験した裏づけがあるので保証できる。

だが、私の場合、3ヶ月以上は続かなかった。たった10分間が続けられなかった。仕事で英語を必要としたので、時々はやっていた。だが、毎日やるのとやらないのとでは、天と地の差が出てくると思う。家の中での自転車漕ぎも3ヶ月でストップした。平たく言えば、3日坊主である。理由は、英語がそれほど好きではなかったし、運動はもっと楽しくなかったということだ。

イチロー選手は、2004年10月、安打記録達成への原動力を訊かれ、「モチベーションは野球が好きだということです」と答えている。好きであるから、努力も出来る。もちろん、皆が皆、そうではない。イチローだって、疲れている時、やる気の起こらない時、遊びに行きたい時、他のことをしたい時もあると思う。 だが、かれは日々自分でやると決めたことは欠かさない。「ICHIRO-MONDOW」の中でも、かれは「積み重ねる」という言葉を何回か使っている。そして、自分は天才ではないという。

私のような超凡人であっても、愚直なまでにやり続ける、積み重ねる、それを実行すれば道は開けてくるかも知れない。(英語の勉強を再開したのに、さぼってばかりいる自分への戒めとして)
Commented by 焼酎派 at 2006-05-22 18:32 x
「努力できる」ことも含めて天才なんですって!イチローさん!好きなことと才能が一致するのは、それ自体神様からのプレゼントなんですから!
…なんてひがんじゃいました^^ あー。私もサボってばっかりです。反省
Commented by おまさぼう at 2006-05-23 01:40 x
好きなことと才能が一致するなんて、やはり選ばれたひとということですよね。でも、好きでなくとも、生きるためにやらなくちゃいけないこともあるしね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2006-05-22 00:31 | ICHIRO-MONDOW | Comments(2)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu