Olympus Ensemble Classic Concert 名古屋公演

昨夜は日が変わる前に名古屋から戻ってまいりました。取り急ぎ、名古屋公演の概要のみお知らせします。

19時開演。終演は、21時35分頃。途中、1部と2部の間に15分間の休憩あり。

1部

メンバー7名全員、あるいは、ソロ、三重奏、四重奏などによるクラシック音楽の演奏。

キム・ナムギルさんは、曲間で、メンバーや演奏曲の紹介。

昨日、『サメ』の演奏を終えたギルですが、もはや、ハン・イスの面影はなく、いつも以上の天然さを感じさせてくれました。何がおかしいのか、うふふと笑いながら、大変楽しそうにメンバー紹介をしていました。

2部

ギルを交え、メンバー全員とのトークタイム。司会は、1st Japan Tourでお馴染みの古家正亨さんでした。演奏曲は、韓流ドラマのOST(冬ソナ『冬のソナタ』から「最初から今まで」、ドラマタイトルが思い出せないOST2曲、『赤と黒』から「時々ひとりで泣いてます、『サメ』から「天国と地獄の間」)をアンサンブルの編曲で。

ギルは、最近リリースした『Roman』をアンサンブルの演奏で歌ってくれました。

服装は、1部は、ギルがタクシードに蝶ネクタイ。メンバーの女性はロングドレス、男性陣はお揃いでしたかね、黒シャツだったと思います(苦笑&すみません)。

2部は、ギルがグレイ系のジャケット、シャツ、パンツのシックないでたち。メンバー全員もキャジュアルな衣装でした。

アンコールとして、アンサンブルによるアリラン特別ヴァージョンの演奏。

明日の大阪公演を観てから、再度、レポできればと思います。
Commented by ツッキ― at 2013-07-27 06:19 x
おまさぼう様

名古屋でのコンサートの様子、ありがとうございます。

昨夜?今朝?は、リアルなギル様の声の残り香?でおやすみになられたのでは…。

ギル様も客席と一緒に、演奏を楽しまれたという感じですね。

ある時期のギル様の心を捉え惹かれた音楽を、今のお疲れな心身をリラックスさせる音楽を、共有させていただけるのって…嬉しいです!

“スーツ界の王者”(笑)のタキシード姿を私も早く拝見したいです!生『ロマン』も楽しみ~!

ところで、客席は、シック?orカジュアル?どのような印象を受けられたでしょうか?
まだ決めてなくて…。すみません。
Commented at 2013-07-27 09:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-27 15:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もさく at 2013-07-27 22:17 x
おまさぼうさま

今回、私は予定があわず3都市に行けませんでしたのでとっても残念ですが、おまさぼうさまのレポで妄想・・・妄想・・・妄想させていただきます(*^^)v サンオといいいつも 拝見させていただっくばかりです、ありがとうございま~す。

今日写真集とDVDが届きましたので、握手会に申し込みしました。おまさぼうさまと、おまさぼうさまファンの方々、私も、当たりますように!!!
Commented by おまさぼう at 2013-07-28 00:34 x
みなさま、コメントをありがとうございます。

さきほど、大阪から戻りました。2日続けてのコンサート参加で、今はお返事する元気がありませんので、急ぎの件のみですが。

1.参加者の服装ですが、ドレスアップしている方もあれば、普段着の方もありです。この暑さですから、普段着の方が圧倒的に多かったと思います。私もTシャツです。

2.ペンライトを使用している方は私が見た限りではありませんでした。一応、禁止と書いてありますしね。

明日の東京公演、楽しんでらしてくださいね☆
Commented by おまさぼう at 2013-07-28 20:36 x
ツッキ―さま

大阪のタクシードのことを書き忘れました。あとで、補足します。東京は、どんな色のを着てましたか。
Commented by おまさぼう at 2013-07-28 20:41 x
鍵コメ Aさま

今回はパスされたのですね。私も東京はパス。彼自身のコンサートなら、万難を排しても参加したいところですが。

名古屋から大阪へはバス移動したような話を古家さんがしていました。大阪からは、時間的に、大阪公演後に新幹線に乗ったように見受けられます。今更ながらですが、よしんば、列車名がわかっていて、同じ箱に乗りあわせたとしても、何ができるものでもないですしね(笑)
Commented by おまさぼう at 2013-07-28 20:43 x
鍵コメ Sさま

東京公演はいかがでしたか。よろしければ、感想でも、お寄せくださいね。待っています☆
Commented by おまさぼう at 2013-07-28 20:44 x
もさくさま

大阪公演レポ、アップしましたけど、妄想していただける代物ではないですね。ミハンへヨ。ギルの服装も書き忘れているので、あとで、書き足します。

握手会、当選したら行くでしょうけど、たった3秒のために、新幹線代をねん出するのが辛い今日この頃でございます。
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 01:30 x
東京オペラシティ昼の部を聴いてまいりました。

遅くなって、ごめんなさい。家族と食事に行き、帰宅後は例のNHKの「鮫」と「浜田省吾」をガン見しておりまして…。

お疲れでしたのに服のこと、本当にありがとうございました。会場とアンサンブルの皆さまに失礼のない程度に…と何とか無事に、大勢に紛れることができたかなぁと思っています。

ギル様の服は、黒に蝶ネクタイから夏らしいグレーのダブルに白のネクタイでした。どちらも、スリムで、文句なしにカッケ~!でした。
熱中症は…会えて?少し落ち着きました。まさに♪会えない時間が愛育てるのさ~目を閉じれば君がいる~♪の状態でしたから。(笑)
Commented by おまさぼう at 2013-07-29 02:31 x
ツッキーさま、おかえりなさい。

まあまあ、今日は、フルで楽しんでられますね。

服装、白のネクタイでしたか。見るたびに、ほんとにかっけ~♡
夜の部は、赤と黒だったようですよ。明日にでも、東京のまた聞きレポをまとめようかなと思ってますが。

ふつう、会えたら、熱中症は悪化するような気がするのですが、落ち着かれましたか? う~ん!!
Commented by ツッキ at 2013-07-29 09:13 x
会って落ち着く…。確かに変ですね。(笑)
1月の時は待ちに待った“初めまして!”でした。それまでの情報、隣りのお兄ちゃん風の写真などに、勝手に親近感を持ってしまい、実際!華やかなステージと客席の距離、五千人にビックリして落ち込みました。この人は想像を遥かにこえるスターだったんだと…。ネットの怖さですね。
今回は…覚悟?ができてましたし、さらに表現者キムナムギルは生「ロマン」だけでしたので、冷静を保てたのだと思います。
それに、なんといっても元気そうな様子を見られたことに、心から安心しました。
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 09:21 x
おまさぼう様の文を読ませいただいて、復習しております。
東京昼の部の個人的な印象は…。
ギル様は何度も古家さんに控え室じゃないですよ!と注意されてて、終始リラックスされた感じでしたが、イスの時に足を、カエルちゃんを座らせたみたいにされてて…笑えました。古家さんの相変わらずのソフトな進行良かったです。トークが和みました。映画は国を治めていたが、事情により山賊になって山に入ったとか…。客席から拍手がおこり、古家さんが何に対して?と突っ込んでみえました。
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 09:27 x
演奏ですが、いわゆるサロン風な楽曲は少なかった気がしました。私はショスタコーヴィチの一曲が良かったです。硬質でリズムに高揚する感じが若い演奏家の皆さんに合ってるなぁと思いました。(勝手な個人的感想です!)それと、ヴィオラのイ・ハンナ氏の演奏と表情が何とも素敵でした。情感たっぷりで、まさに歌うように!ビブラートをかけてるときの切なそうな表情、美しかったです。(後方席から双眼鏡でず~っと彼女を観ちゃいました。)
「ふるさと」など日本の作曲家の曲も聴かせていただきたかったです。
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 09:44 x
ギル様の「ロマン」は、韓国の男性ボーカルらしい?息の混じったソフトな弱で始まりました。が、サビではいつもの、あの素敵な声がホールに伸びやかに響き渡り、ただただ聞き惚れました。最後に“文化は道具だ”とおっしゃってたかな?ギル様には韓流ドラマという、今や最強の道具の使い手として、役者道をさらに邁進して欲しいと思いました。
歌や詩は…何よりも、ご自身の心のバランスのために!
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 09:55 x
東京オペラシティの屋外では某企業フィルの方々が金管アンサンブルを演奏してみえたり、コンサート初日には、記載はないもののオリンパスの医療器具の一面広告が朝日や日経に出ていました。クラシックの普及には、昔は貴族や教会?今は企業?…と支えるスポンサーが不可欠だと思うので、韓国の実力ある若い演奏家の方々が韓国国内で、さらに活躍される土壌が広がるといいなぁと思いながら、「アリラン」を聴かせていただきました。外国にいるほど、母国を意識するものでしょうか?優しく美しいアンコールの一曲でした。
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 10:08 x
羨望の的のお見送りが…。ファンには格別なこと、とわかった上での特典でしょうから、商売に利用するのは良しとしても、ファンの心を弄ぶような不誠実さがあっては、ね。妄想劇場じゃないですけど、ファン心理って難しいのですよね!フフ
何度か訳あって、AKBの握手会を見学?に行きましたが、CD一枚10秒の確実な“直接の喜び”のシステムには感心しました。塩対応への不満、苦情のための支配人ブースが設けられていたり、プロ根性の神対応。さすが太巻!じぇじぇ!失礼しました(笑)
あっ!DVDと写真集を会場でゲットできて嬉しかったです。エントリーは「ハマショウ」と?歌っていて気付けばタイムオーバーでした!アホ!
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 10:47 x
ロビーのお花がどれも華やかで素敵でした。それぞれ雰囲気が違っていて。ワーナー、小学館の他に、高麗神社からのお花がありました。
支援されている団体の関係者の方を客席に招待したと、最後に話されてましたよ。
とにかく、1月に続き最高に後部席でしたので、ステージを詳しくは見えませんでした。
なので、かなり引き気味ないい加減な感想ばかりで申し訳ありません。

『鮫』もあと二話。ドキドキの二日間が始まりました!
Commented by おまさぼう at 2013-07-29 14:18 x
ツッキーさま

東京昼の部のレポ、ありがとうございます。
何人かの皆さまからお聞きした東京公演の声をまとめたいと思いながら、東京公演は行ってもいないのに疲れ果てている状態です。

ツッキーさまはもちろん、みなさまがコメントに書いてくださっている感想が素晴らしいので、私、下手なレポを書くのが嫌になってきました。ほどほどにしておいてくださいね(爆)。ジョウダンです。←ギル、名古屋か大阪で、日本語で言ってました。

今回、ギルが、3年前に訪問した施設の子供たちを招待したとのこと。とても嬉しいです。一度や二度ではなく、続けるということは簡単にできることではありません。

文化の伝道師と名乗るからには、それ相応の覚悟が必要かと、余計なプレッシャーをかけておこう。

ワーナーの企画担当者の中に太巻みたいなプロデューサーがいないのかも知れませんね。単に、AKBとかの商法を真似るだけではだめでしょう。

そうそう、今朝のあめちゃん、二女優の対決、おもしろかった。薬師丸さんがあんなに楽しい演技ができる人とは思いませんでした。明日の太巻が楽しみですね。
Commented by おまさぼう at 2013-07-29 14:23 x
続きです。

イ・ハンナさんのヴィオラ、ギルペンさまのお一人がとても上手と言っていました。私も、ハンナさんの表情、好きですね。体型にも親近感を覚えるし(あ、また、一言多い!!)。ピダムも見ていてくれたし。

握手会への再エントリーはできましたか。どういう場所での握手会なのか全くわかりませんけど、お互い、当選の暁には、ぜひ、お眼にかかりたいものです。

『サメ』が始まる前に掃除してきます。ああ、残り2話。さびし~~~い!
Commented by ツッキ― at 2013-07-29 18:50 x
おまさぼう様

お返事ありがとうございます。
個人的な感想なんぞを公な場で偉そうに!と思ったのですが、おまさぼう様がいつもいつも、ギル愛を分けてくださるのにお応えしたく、必死に書いてみたのですが…難しい!!おまさぼう様のように、意志を込めながらも、配慮しつつ流れるような文面とはいかず、子どもっぽい感想文で、本当にすみません。(涙)頑張ってみた気持ちだけ、お受け取りくださると幸せです。
明日の「あまちゃん」の展開と、有働さんの反応も楽しみです。薬師丸さんは「Wの悲劇」で、芸能界を生き抜く新人女優役されましたよね。重なりますわ~。「潮騒のメモリー」の歌詞、笑えますよ。
Commented by おまさぼう at 2013-07-30 00:55 x
ツッキーさま

なにをおっしゃいますか。こどもっぽい感想文は私の方です。よく厚かましくもブログなんて書いてるなと。まあ、わたしの勝手だし~(ひとり突っ込みです。笑)

わたし、上で、あめちゃんと書いてますね。誰やねん!とこれも突っ込んでおきました。

ええ、歌詞、笑えますし、ドラマも毎日笑わせてくれます。先週はその点、ちょっと低調でしたが。
Commented by ツッキ― at 2013-08-10 20:56 x
おまさぼう様

ギル様のお側に太巻はいらっしゃったようですね。

良かった~!(ほんの少しだけ気になってたので…)

試着室?で机を挟んでのAKBスタイルの逢瀬!?
それを、ギル様お一人で!なんて優しい。

これで、我らが韓流キング!ギル様の“センター”ポジションはゆるぎませんね!

嬉しさのあまり、あ・ち・らにエールを贈っちゃいました!何となく繋がってる感じが、(勝手で、精一杯のギル愛ですけど…)幸せを倍増してくれます。
Commented by おまさぼう at 2013-08-11 00:07 x
ツッキーさま

ギルのそばに太巻とは? チョン社長様のことでしょうか。お耳がお速いですね。

AKBもこういう形なんですね。でも、傍にはタイムキーパーなどのスタッフが3人~5人いたと書いている方がいらっしゃいますね。まあ、でも、ギル以外は眼に入らないと思うし、何人いてもいなくても同じですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2013-07-27 02:00 | キム・ナムギル(2012.7~2014) | Comments(24)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30