「栃木リンチ殺人事件」まだ終わっていない

「判決要旨」によると、加害者両親の監督義務は認められていない。19歳(事件当時)になっていた子供の監督義務はないということだ。それならば、氏名も写真も公開してもいいのではないだろうか。

今朝のフジテレビ「とくダネ!」の電話インタビューで、被害者正和くんのお父さま、須藤さんはこう答えている。
「県に対しては責任を認めさせることができたが、主犯の親に対しては今回できませんでした。これまでの和解審理のなかで、共犯者の親たちに対しての責任を認めさせることはできましたので、今後、控訴に向かって東京高裁での審理を仰いでゆきたいと思っています」

ということは、判決文中の加害者両親というのは主犯の親ということなのね。当時父親が現職の警察官だったという、あの親ね。石橋署で須藤夫妻からの捜査要請を無視しつづけた担当警察官とこの主犯父との関係はどうであったのか、その辺りが明らかになれば、捜査怠慢だけではすまない大きな問題が含まれているかもしれない。
Commented by 焼酎派 at 2006-04-13 21:47 x
その加害者の親と担当警察官、「大きな問題」当然あるんでしょうね。
当然あるだろうから、やりきれない怒りにとらわれます
Commented by おまさぼう at 2006-04-13 23:20 x
最後まで見届けないといけない事件ですよね。
Commented by giants-55 at 2006-04-14 00:26 x
書き込み有難うございました。

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」もそうですが、被害者が死に至らしめられる迄の残酷さ、そして加害者達の卑劣で人間の尊厳を踏み躙った行為の数々を読むと、憎悪の念しか湧きません。この様な行為の描写は出来たら目にしたくない、知りたくないという人が居ても当然かとは思います。でも、実際にこの残忍な行為が為されたのも事実で、やはり同じ社会で生きて行く者としては事実をしっかり直視し、自らを戒めると共に、そういった事が二度と起こらない様な社会に少しでも近付ける様に、努力していかないといけないと思いますね。知らないままで居る事は楽な事です。でも、それでは無念の内に生を終えさせられた被害者達が報われないと思います。

この手の事件が起きると、「鬼畜の所業」という言葉を使うのに躊躇してしまう自分が居ます。それは、おまさぼう様も書かれておられましたが、鬼や畜生でもあそこ迄残忍な事はしないと思うからです。人非人という言葉ですら足りない気がします。
Commented by giants-55 at 2006-04-14 00:26 x
人を裁く上で必要以上に感情的になってはいけないと思います。でも、それも程度次第で、ここ迄人間を失ってしまった輩に対しては、自分もどうしても感情が先行してしまいます。彼等が死刑で無ければ、世の中に死刑が適切な犯罪人は居ないのではないでしょうか・・・。
Commented by おまさぼう at 2006-04-14 09:07 x
giants-55さま、おはようございます。
ご自分のブログで書かれているように、人間だれもが犯罪者になる可能性は秘めています。だから、成長の過程で、善と悪を学ぶことで自分を抑制しているのです。また、私たちにひとを裁く資格があるのかと問われたら、黙するしかありません。でも、本件については黙ってはいられません。

本民事裁判の争点にはなっていないので、報道でとりあげられていたかどうかは知りませんが、この事件には4人目の加害者がいます。

街で鬼畜に面白いものがあるからと誘われ、全身やけどで膿のなかで苦しむ正和くんの身体を代わる代わる靴べらのようなものでたたきつけ、苦しむ様を喜んで見ていたという鬼畜どもです。

この4人目の加害者である高校生が罪の重さに堪えられず自首したことで、ようやく鬼畜どもが逮捕されるに至ったと記憶しています。

被害者と加害者の両方を出した日産自動車は当時正和くんを解雇したはずです。その後、かれの名誉が回復されたかどうかは知りませんが、当時の同僚、上司は他人事として、この残酷さを見過ごしていられるのでしょうか。

朝っぱらから熱くなってすみません。ああ、血圧が上がりそう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by omasa-beu | 2006-04-13 09:19 | 社会のこと(忘れてはならない) | Comments(5)

♪♪Kim Nam Gil Forever♪♪ 韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30