おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2017年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

[記事] 『名不虚伝』キム・ナムギルが演じている許任(ホ・イム)はどんな人物?

『名不虚伝』キム・ナムギルが演じている許任(ホ・イム)はどんな人物? 朝鮮中期の最高の医学者


デジタルメディア本部記者 入力:2017-08-28 [01:30:55] 修正:2017-08-28[10:21:15]


f0020564_19564523.jpg
写真=tvN提供



http://news20.busan.com/controller/newsController.jsp?newsId=20170828000007


『名不虚伝』が話題の中、キム・ナムギルが演技しているホ・イムについて注目が集まっている。


ホ・イムは朝鮮中期、全羅道羅州(チョルラナムド・ナジュ)の奴婢(ノビ)の家庭に生まれた人物で、韓国鍼灸学の発展に大きく寄与した医学者だ。


彼は親の病気のために、医師の家に行って雑用をしながら医学を学び始め、鍼灸術を習って時宜にかなって登用された。


ホ・イムは医療活動を開始した初期の頃から、理論と実践を組み合わせてこそ、医学が発展すると主張した。


以後「鍼灸經驗方」を編纂して針灸学の基礎理論と治療効果が高い新しい鍼穴(ツボ?)、

新しくて独特な鍼灸補瀉法(ほしゃほう)を公開した。


一方、キム・ナムギルは毎週土、日曜日に放送されるtvN『名不虚伝』のホ・イム役で熱演中だ。


デジタルコンテンツチーム



恵民署漢方医院の院長であるヨンギョンの祖父は、6話で、ホ・イムがホームレスを鍼治療する際、鍼の上部をはじき、患部にショックを与える打ち方を見て、「あれが本で読んだホ・イムの打ち方か」と直に観察できたことを、内心、喜んでいたように思えます。ヨ祖父が自室で読んでいた本の題名が何だったのか、今度、日本で放送される際には、ちゃんとチェックしたいです。7話では、ホ・イム先生のシネ漢方病院VIP病棟での活躍が楽しみ。医師免許がないのに、あの院長は、どういう策を講じるんでしょう。


f0020564_21133703.jpg
やはり、400年前のナムジャですね。7話予告からキャプチャ。

ほかの記事を読んでいたら、ホ・イムの人気で「ナムギル病」が視聴者の中に続出しているとか。私なんか、万年ナムギル病です。全然、治りたくないし。


by omasa-beu | 2017-08-30 20:43 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(7)

tvN『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』6話 

TV話題性分析機関グッドデータコーポレーションによると、キム・ナムギルさんが、ドラマ、テレビ出演者話題性の部門で1位、キム・アジュンさんが2位に浮上したというニュースです。『名不虚伝』の人気が上がっているという証拠ですから嬉しいですね。この集計は毎週実施されているようですから、せめて、放送されている間は続いてほしいです。詳しくは、こちらをどうぞ。


http://www2.innolife.net/~contents/news/list.php?ac_id=4&ai_id=238259


さて、6話では、チェ・ヨンギョンと楽しい時を過ごすホ・イムの姿がとてもかわいくて、いじらしいです。


あらすじは、あまりにもダラダラと書いてしまいましたので、お時間のない方、読むのは面倒くさい方は、下方の記事だけでも、十分、お分かりになるかと思います。


チェ・ヨンギョンの言葉に従い、シネ病院の院長たちから逃げたホ・イムでしたが、「俺が何をやったというのだ」と合点がいきません。そこへ通りがかったユ・ジェハから、「漢方医の免許がなければ働くことはできない。そのせいで、あんたはヨンギョンの迷惑になっているんだ」と聞かされます。二人の様子をうかがいながら、部下にホ・イムの後を付けるように指示するシネ漢方病院院長。


逃がしたホ・イムを気にかけながら、ヨンギョンは、救急処置をした青瓦台VIPの手術を教授に譲り、自身は助手として立ち会います。その姿をシネ病院長とともに見まもるシネ漢方病院長の「あの子は子供の頃から優秀だった」という言葉にも謎を感じます。


恵民署漢方医院ですでにボンタクと呼ばれているホ・イムは、男性助手から「医師免許なしで診療すると逮捕される。その免許取得には10数年かかる」と聞かされて意気消沈。ヨンギョン祖父から「お前の仕事は掃除だ」と言い渡され、不承不承、ホウキをもって庭へ出るものの、朝鮮の恵民署で尊敬された医師だったホ・イムには受け入れがたい現実だったはず。そして、ヨンギョンの迷惑になっている自分の立場を実感し、ヨンギョンのこれまでの仕打ちを思い出して、話してくれればよかったのにと落ち込むのです。


要人の手術は成功。シネ病院長から一日の休暇をもらったヨンギョンは、病院の廊下で救急車の隊員から「ご無事でしたか」と声をかけられます。ERでホ・イムが自分をかばって、金属の棒に刺されたことを知ります。


恵民署漢方医院の男性助手が女性助手に気があると見たホ・イムは、彼女は肝臓がよくないようだから、これからはミルクではなく、緑茶をあげなさいとアドバイスします。ホ・イムは鍼治療をしているとき以外は、人間的にとても人懐っこい人物に描かれていますが、地のナムギルさんと共通している点かも知れませんね。


担当している患者でもないのに、手術を必要としているチョ・ミヨンが退院していくのを見過ごせないヨンギョン。患者を気にかけるなど、おそらく、ホ・イムと会う以前にはなかったことです。


シネ漢方病院のVIP病棟を任されたジェハ。「やっぱり、コネだ」と陰口をたたく先輩医師たちに要領よく挨拶します。病院長の孫という立場から来る余裕でしょうか。


ホームレスの無料診療のため、ヨ祖父のお供をしてきたホ・イムはふくれっ面でヨ祖父の助手を務めています。そんなことにはお構いなく、ヨ祖父は一人一人の患者に対して鍼を打つポイントをホ・イムに確認します。おそらく、若きホ・イムの漢方医としての技量を試している様子。


一方、シネ漢方病院では、ジェハが顔面マヒの患者にMRIを併用した診察を実施し、脳の腫瘍を発見します。


ホームレスの一人が突然意識を失って倒れますが、ヨ祖父の鍼を持つ手が震えるのを見たホ・イムが代わりに診療。見事、患者を救います。ホ・イムの鍼の打ち方を見ながら、「あれが本で読んだホ・イムの方法か」と心の中で感嘆するヨ祖父。


腫瘍を取る手術の前に、顔面マヒについては鍼治療で治療するジェハ。効果的にはホ・イムと同じ鍼の打ち方を電気を用いた方法で施術し、顔面マヒを治すのです。


「患者の顔面マヒを治したことで先輩どもはおまえのことを認めざるを得ないだろう」と祖父の院長。「ろくでなしの父親からおまえのような子がよく生まれたよ。母親から受け継いだ俺の血だな」と、娘の夫が気に入らなかった様子。ジェハにはジェハの悩みがあるようです。VIP病棟のスタッフについて、考えがあると含みのある発言をする院長。


ホームレスからお礼にもらったご飯の残りを見ながら不満気なホ・イムでしたが、「患者を救えて喜んでいたじゃないか。それは、おまえが生まれついての医者ってことだ」とヨ祖父から声をかけられます。


寄り道するというヨ祖父と別れ、ひとり、漢方医院に戻ってきたホ・イムに「ホ・ボンタクさん」と声をかけるヨンギョン。


「出て行かなかったの? 行くところがないなら、もう少しいれば。騒ぎを起こされても困るし」とヨンギョンからの意外な言葉にもう嬉しくてしようがないホ・イム。洗濯物をたたんでいるヨンギョンのブラジャーに眼を留め、気になって、気になって()。そこにヨンギョンを訪ねてきたジェハ。牽制しあう二人の男。


漢方医院の前。帰ってきたヨ祖父に気づかず、車で走り去るジェハ。


剣道の道場。ヨンギョンと親し気に振る舞うホ・イムへの嫉妬を振り払うように、剣道の竹刀を振るユ・ジェハ。


深夜、お腹がすいて台所に来たヨンギョンが眼にしたのは、冷蔵庫のドアを開けて海苔をつまみ食いしているホ・イム。祖父と孫娘の仲が気まずいのに、居候の自分が食べられる道理がないと言い訳。カップ麺を出し、逐一、食べ方を教えてあげるヨンギョン。


「もしかして、過去に、わたしたち、会ったことある? 子どもの頃とか」と訊くヨンギョンに首を振って否定するホ・イム。この辺にヒントありですね。


食後、テレビというものを初めて眼にしたホ・イムの百面相が見もの。昼間の疲れか、テレビの前で眠ってしまったホ・イムに膝かけをかけてやるヨンギョン。二人の仲はいい感じですが、400年という年月がどう作用するのか、早や気になるところです。


朝鮮の獄中にいるホ・ジュン。ヨンギョンの子どもの頃の写真を見ながら「大人になったな。歳月というのは」とつぶやき、カバンに入っていたキャンディを口に入れる。「うちのキョンイは今でも食べているのか。キョンイに会ったということだな。二人の縁は実に」と意味深。


翌朝。ボンタクを呼ぶ祖父の大声のために寝ていられないヨンギョンが起きてくると、雨の中、ほうきで先を掃いているホ・イム。テレビで覚えたのか、早速、若者ことばを使ってヨンギョンに話しかけます。この吸収力の速さはさすがホ・イム先生です。


昨日の仏頂面とは打って変わり、上機嫌で掃除に励むホ・イム。


「オンニ、あのひと、変なところはない?」と訊くヨンギョンに「ないよ。イケメンがいると明るくなっていいわ」と大様な女性助手。


ボンタクオモニが子豚ボンシクを連れ、ホ・イムに会いに来る。


「息子さんが移住して以来、あんなに楽しそうに笑うオモニを見るのは初めてよ。ボンタクさんは、最初は、役立たずに思えたけど、今はいいと思う。院長もずっと小言を言っているけど、何か考えているみたい。でなきゃ、ホームレスの治療に連れて行ったりしないもの」


「お菓子を持ってきたよ」と丸いチョコレートのようなものをホ・イムに差し出すオモニに「これは胃石ではないですか。子供の頃、これがあれば、母の命を救えたのに」と涙ぐむホ・イム。小さな菓子を半分ずつ分けて食べる二人。やさしい眼差しで二人を見つめるヨンギョン。


ボンタクオンマ役のキム・ヨンオクさんは、『カン・チョルジュン公共の敵1-1』では、ソル・ギョングさんの母親役でした。数多くのドラマで活躍されてます。


その後、スーパーへ行くヨンギョンに荷物係りで同行するホ・イム。


一方、恵民署漢方医院を訪ねてきたシネ漢方病院の院長。ヨ祖父をヒョンニムと呼ぶ旧知の仲のようですが。


スーパーでは、生まれて初めて見る食材の宝庫に子どものようにはしゃぐホ・イム。「ICE CREAM59cent」と正面に印刷されたTシャツをヨンギョンにおねだりする表情を見れば誰も拒めませぬ。


「ところで、ハングルは誰に教わったの?」と訊くヨンギョン。「漢字は父から。おかげで医学書が読めた。ハングルは母から。なんでこんなものをと思ったけど、ここに来てから役に立つとは。母に先見の明があった」と話すホ・イム。「父は10歳のとき、母は12歳のときに亡くなった。胃石があれば助かったのに」「わたしの両親も子どもの頃に亡くなったの」「でも、おじいさんがいるじゃないか。うまく行ってないようだけど」「23日いただけで判断しないで。祖父にやさしくしてね」「なんと、ずっといてもいいということか」


漢方医院の前、車椅子の姑を伴ったチョ・ミヨン。チョン看護師の紹介で来たという。夫が先に亡くなったので、数年前から足がマヒして動けない姑を自分が見るしかないと語るミヨン。


ヨ祖父の鍼治療では変化がなく、ヨ祖父とヨンギョンの了解を得て、ホ・イムが施術。見事にマヒは治ったが、喜んで立ち上がったミヨンが倒れる。


ホ・イムを伴い、救急車で病院に向かう途中、交通事故に遭遇。被害者の傷ついた顔から他の事故の映像が脳裡に浮かび上がって平静を保てないヨンギョン。


ミヨンを手術室へと送り、廊下にへたり込むヨンギョンを案ずるホ・イムに、「あんたのせいよ。私の眼の前から消えて」と涙を流すのでした。


「ほんとに、あの女人は」と所在なく病院の玄関に立つホ・イムの前に止まる車。中から顔を現すシネ漢方病院の院長。高層マンションの一室に案内される。「はるばる朝鮮から来られたんだから、これ位は当然ですよ」と語る院長は、ヨ祖父同様、過去の何かを知っている様子。


ボンタクがいなくなった恵民署漢方医院はがらんとして、寂しい風が吹いている様子。「眼の前から消えろ」と言っておきながら、心中では、彼を待っているヨンギョンなのです。


シネ漢方病院のVIP病棟のオープン式典当日。紹介されるスタッフの最後に登場するクールな男性。髪を刈り上げ、ひげはそり、ダブルのスーツ姿で見違えるようなホ・イム、いえ、ホ・ボンタクでした。


日本ではどこの局が放送してくれるのか、早く知りたいものです。最近、韓国時代劇を主に放送しているNHKも期待できそうですが、『太陽を抱く月』や『オクニョ』同様、先に、スカパーでノーカット版を観てから、そのあとで、NHKでお願いしたいです。



[記事]『名不虚伝』、キム・ナムギル、完璧なビジュアル変身でプレゼントされた反転エンディング


記事入 2017/08/2715:51


http://www.koreadaily.com/news/read.asp?page=1&branch=NEWS&source=&category=entertainment&art_id=5549232


f0020564_10225404.jpg


[OSEN =パク・パンソク記者]『名不虚伝』キム・ナムギルがいよいよシネ漢方病院に入城した。


27日放送されたtvN土日ドラマ『名不虚伝』(演出ホン・ジョンチャン、脚本キム・ウニ、製作ボンファクトリー)6回でホ・イムがいよいよシネ漢方病院に入り、衝撃の反転エンディングをプレゼントした。ホ・イムとチェ・ヨンギョンをめぐる秘密が好奇心をエスカレートさせ、あちこちにちりばめられた笑いの地雷エピソードが細かい笑いを届けた。鍼治療の新たな名所まで提供しながら視聴者たちの時間を瞬殺させている。


この日の放送でホ・イムは免許証なしに医員の仕事をするのは不法医療行為でつかまるという事実を知って傷心に陥った。宮殿の敷居を越えるどころか医員の本分すらできない現実に挫折したが、恵民署漢方医院でも驚くべき鍼術の実力を誇示した。チェ・チョンスル(ユン・ジュサン)について行ったホームレスの無料奉仕で急に倒れた患者を鍼で救い、腰を痛めたチョ・ミヨンの姑も鍼治療で快癒させた。お金にならないとぼやきながらも、患者を救うのが誰よりも好きなホ・イムをチェ・チョンスルは「最高の医員」と感心した。


ホ・イムとチェ・ヨンギョンは、姑の治療のため恵民署漢方医院を訪れた最中に倒れたチョ・ミヨン患者を救急車に乗せて病院に向かった。救急車の前にバイクが割り込んで交通事故が起きた。チェ・ヨンギョンは再び現れたトラウマに苦しんだ。交通事故のトラウマを経験するチェ・ヨンギョンは、ホ・イムと会った後、新たに浮かぶ記憶に苦しんだ。精神科医の先輩は「その人の周りに新たに現れた人がいないか探してみて」とアドバイスした。チェ・ヨンギョンはホ・イムの助けを借り、患者を乗せてやっと病院まできたが、廊下に座り込むほど辛く感じた。チェ・ヨンギョンはホ・イムに向かって「あなたのせいよ。私の前から消えて」と叫んだ。それで、ホ・イムは恵民署漢方医院を去った。そして、シネ漢方病院のVIP病棟オープン式典にホ・イムではなく、ホ・ボンタクとして登場し、反転エンディングをプレゼントした。


漢方医の免許証の問題でシネ漢方病院への進出が挫折したように見えたホ・イムは放送終盤で漢方医ホ・ボンタクとして、突然、登場するや、チェ・ヨンギョンをはじめ、視聴者までが驚きを禁じえなかった。朝鮮の痕跡は探せないほどに一変したクールな都会人のビジュアルと虚々実々に笑っていた姿は消え、固く結んだ唇と目つきでカリスマを発散したキム・ナムギルの演技は反転の衝撃を加えた。ホームレス、認知症高齢者の治療をして慰労しながら、気持ちまでいたわる医員の姿を見せたホ・イムは、結局、シネ漢方病院を選択し、今後の展開は、再び、予測不可能に陥った。ホ・イムを助けるために乗り出したマ・ソンテ院長の本音にも気がかりが増す。朝鮮で身分の壁にさえぎられていたホ・イムが恨みを晴らして立身揚名できるのか、ホ・イムの変貌過程がどのように展開されるか見守らねばならない部分である。


チェ・ヨンギョンの秘密はさらに高まった。交通事故のトラウマを経験するチェ・ヨンギョンは、ホ・イムと会った後、子供の頃には思い浮かべなかった記憶まで生き生きと浮かび上がってきて苦しんだ。精神科医の先輩のアドバイス通り、ホ・イムがチェ・ヨンギョンの人生に入ってきてから始まったことなのか、気になる状況である。ホ・ジュン(オム・ヒョソプ)は、チェ・ヨンギョンが朝鮮に落としていった財布の中の写真からチェ・ヨンギョンに気づいた。チェ・ヨンギョンを「うちのキョンイ(驚異)」と呼び、「やつはキョンイに出会ったのか。両人の縁も」と語るホ・ジュンの言葉の中にホ・イムとチェ・ヨンギョンの縁の秘密を解く鍵があるのか、疑問を増幅させる。ホ・ジュンは短い時間の登場だが、毎回、秘密の台詞で『名不虚伝』の今後の展開を解くキーマンとして登板する。


6回に差しかかり、『名不虚伝』の面白さは、さらに豊かになっている。刻一刻と変化するホ・イムとチェ・ヨンギョンの関係と、それによって引き起こされる多彩なケミ、朝鮮とソウルを行き来する往復メディカルドラマらしい緊張感あふれる展開に加え、従来は見られなかった漢方医学の世界が見どころをプレゼントした。ホ・イムとユ・ミンギュがそれぞれの鍼治療で患者を治療する場面はダイナミックでありながら新鮮だった。漢方医学は、現代医学の手術に比べて、静的な施術なので、劇的な展開が不可能であるという偏見を破った『名不虚伝』は、優れた演出で、漢方医学の魅力を極大化し、名所まで豊富にした。漢方医学、現代医学の協診コラボも期待される部分だ。


一方、6話の視聴率は、ケーブル、衛星、IPTVの統合された有料プラットフォーム平均5.6%、最高6.5%(ニールセンコリア、有料プラットフォーム、全国基準)を記録して熱い愛をつないだ。ソウルで才知を花開かせたホ・イムがマ・ソンテ院長の助けを借りて、漢方医ホ・ボンタクとしてシネ漢方病院への進出に成功し、ホ・イムとチェ・ヨンギョンの関係は再び転機を迎えた。


『名不虚伝』は毎週土日の夜9tvNで放送される。


#写真提供= tvN『名不虚伝』6話放送のキャプチャ


OST Part 2




by omasa-beu | 2017-08-30 00:31 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(2)

映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』雑感③(ネタバレあり)

今月は、ワンデイを観るかたわら、シネマート心斎橋で同時期に上映されていた「ハートアンド ハーツ コリアン・フィルムウィーク」の中から、『あの人に逢えるまで』、『春の夢』、『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』の三本と『LUCK-KEY/ラッキー』を観る機会を得ました。単純に楽しめる映画はユ・ヘジンさんがとてもオトコマエな作品『LUCK-KEY/ラッキー』でしたが、前者三本は、普段観ているドラマとは異なる韓国を感じる映画だったと思います。


そして、久しぶりにワンデイです。このところ、『名不虚伝』のホ・イムにかなり心を持って行かれているので、ほんとにご無沙汰してしまいました。


何回も観たからよくわかるという訳ではないですが、観るたびに自分なりの発見があるのは新鮮です。ただ、私の場合、ファン目線というのか、ガンスの心に寄り添いながら観ているような面があるので、偏った見方になっているかも知れません。


喪主でありながら葬儀に現われなかったガンスを職場に訪ねた義弟ヨンウは、顔を見るなり、怒りに任せて罵倒します。


「姉貴がさっさと死ねばいいと思ってたんじゃないのか」


闘病に苦しむソンファからもガンスは心に突き刺さるような言葉を投げかけられていました。


「わたしが早く死ねばいいと思ってるんでしょう。あなたの顔に書いてあるわ」


一番身近な存在である夫のガンスにつらくあたるのは、病気が言わせる言葉でもあり、甘えと申し訳なさの入り混じった複雑な感情の発露のような気がします。


そんな状況のなかで、ガンスがこの辺で終わりにしたらどうだろうと一瞬でも思ったとしても、誰も責められないでしょう。しかし、そう思った直後のソンファの死に彼が打ちのめされたのは当然かも知れません。


妻がいつも座っていた食卓に火をつけた煙草を一本置き、何とも言えない自嘲的な笑みを浮かべたガンス。彼は葬儀でソンファに別れを告げるよりも、ひとりで妻と向き合い、いつも二人で共有していた時間を取り戻したかったのではないかと感じさせられたシーンです。


長期の闘病で直面するのが、もうひとつ、経済的な問題です。ミソの交通事故をさっさと示談に持ち込まないガンスに上司のチーム長は言います。


「いつまでも課長のままでいいのか。奥さんの病気で財産を使い果たしたんだろ」


また、ミソの相続を含めた代理人の立場を断ったミソ母に較べると、ミソ妹(義妹でしょうか?)は、今後の介護期間を考え、はるかに現実的に割り切った考え方を示しています。


病気に付随してくる側面を、立場の違い、年代の違いなどから、うまく台詞に反映されていると感じます。ファンタジー映画の体裁はとっていても、現実的な問題が描かれているからこそ、自分自身の体験を省みて、より感じるものがあるように思われます。


もう一か所、今までずっと見逃していたのですが、エンディングで、病院の出口あたりに立ち止まったガンスは日の暮れた空を見上げます。このとき、彼の眼は、いつもそうしていたように、ミソを探していたのですね。ああ、彼女は、もう、いないんだと我に返ったように、口の端に微かな笑みをもらしたガンス。あらためて、心に残ったシーンでした。


f0020564_21580647.jpg
写真はFine Films 『ワン・デイ悲しみが消えるまで』ツイッターから


心斎橋での上映は、9月8日が最終日。午前中の上映は、宵っ張りの私にはきついのですが、ぜひ、大阪での最終は見届けたいです。そして、次は京都。ナムギルさんだけでなく、ファンもまだまだ忙しい日が続きます。


f0020564_21432767.png
週末を背負っているキム・ナムギル俳優が週初を
背負っているキム・ジョンヒョン俳優に送ったコーヒー車の
プレゼント!終盤に入った『学校2017』の現場に大きな力となる
訪れです。

オーエンエンターテインメントさんのインスタグラムからお借りした写真です。現在、ドラマ『学校2017』に出演中のキム・ジョンヒョンさんですが、ワンデイでは、保険会社でガンスの後輩、チャ代理として出演しています。


by omasa-beu | 2017-08-28 22:03 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(7)

映画『殺人者の記憶法』マスコミ試写会

28日午後、ソウル東大門メガボックスで開かれたマスコミ配給試写会および記者懇談会に出席したソル・ギョングさん、キム・ナムギルさん、ソリョンさん、ウォン・シニョン監督。


f0020564_21063791.jpg
f0020564_21065578.jpg
f0020564_21073882.jpg
f0020564_21072438.jpg
f0020564_21081338.jpeg
f0020564_21083160.jpg
f0020564_21085271.jpg
f0020564_21091686.jpg
f0020564_21092904.jpeg
写真の出処は画像内に記載。







by omasa-beu | 2017-08-28 21:14 | 映画 殺人者の記憶法 | Comments(0)

tvN『名不虚伝』ホ・イムの大変身

f0020564_14594759.png
オーエンエンターテインメント

参奉(チャンボン)ナーリ 現代化 成功!
この変身を 称賛してね


10年間も参奉の地位に置かれていたせいで
マッケから「チャンボンナーリ」と呼ばれるのを嫌がってましたよね
せっかく、変身に成功したのに(笑)

f0020564_15073091.jpg
こちらは、7話予告の最後のシーンをキャプチャ


by omasa-beu | 2017-08-28 15:09 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(0)

[記事] tvN『名不虚伝』視聴率5%突破の公約を実行

【★SHOT!】キム・ナムギルXキム・アジュン、『名不虚伝』5%突破公約。病院訪問


[OSEN]記事入力 2017/08/27 00:40


f0020564_01253819.jpg


http://www.koreadaily.com/news/read.asp?page=1&branch=NEWS&source=&category=entertainment&art_id=5548462


[OSEN = パク・パンソク記者] 『名不虚伝』のキム・ナムギルとキム・アジュンが視聴率5%突破の公約を履行するためにある病院を訪れた。


27日、tvN『名不虚伝』公式フェイスブックには、キム・ナムギルとキム・アジュンが、視聴率公約を履行する写真が上がってきた。写真の中のキム・ナムギルとキム・アジュンは明るい表情をして病院関係者に冷たいコーヒーを直接手渡している。


キム・ナムギルとキム・アジュンは、最初の放送を前にして、視聴率が5%を超えたら、冷たいドリンク500杯を振る舞うと約束した。去る20日放送された『名不虚伝』4話は、ケーブル、衛星、IPTVが統合された有料プラットフォームを基準に平均6%、最高6.6%を記録し、自己最高視聴率更新した。



訪問先は、仁川のカトリッククァンドン大学国際聖母病院。ドラマのロケをしている病院です。27日に放送された6話のエンディングでは、あっと驚く変身を見せたホ・イムでしたが、コーヒーを振る舞うナムギルさんの衣装はこの時のものですね。髪の毛を刈り上げて、ひげも剃り、まるで10年前に戻ったかのようなフレッシュさです。それにしても、細すぎる。ご両人のケミはいいですね。


by omasa-beu | 2017-08-28 01:29 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(2)

tvN『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』5話 

4話の最後で再びソウルに戻ってきたホ・イムとチェ・ヨンギョン。


ヨンギョンはオ・ハラの手術に急ぎますが、一方、シネ漢方病院で働くことを決意したホ・イムは病院内を歩く韓服の人たちに驚きながら、パネルの「ホ・ジュンとともに朝鮮時代の~」という文句に顔をしかめます()


ハラの手術を成功させたヨンギョンから、「あんたみたいな医者はここには必要ない。朝鮮へ帰れ。ここにいても警察につかまるだけ。もう迷惑はかけないで」と突き放されたホ・イムはヨンギョン祖父の恵民署へタクシーで帰ってきます。朝鮮で欲得ずくの医員と知らされたホ・イムのことがもはや信頼できないヨンギョンなのです。


お金も持たず、住所もわからないままにタクシーに乗るホ・イムは大した度胸ですが、おかげで、ヨ祖父は87千万ウォンというタクシー代を払わされ、そのお金を返すまで出て行くなとホ・イムに言い渡します。


その夜遅く、疲れ果てて帰宅したヨンギョンが自室のベッドに横たわると、そこに自分のシャツとパンツを身につけて眠っているホ・イムに仰天、大騒ぎとなります。騒ぎを聞いて起きてきたヨ祖父は、二人の因縁を何か知っている様子なのが気になります。


「死にかけの病人を放っておいて金儲けをしていた人なんて医者じゃないわ」というヨンギョンの言葉を反すうしながら、「見返してやる」とハサミで髷を落とすホ・イム。


履歴書を認めているホ・イムから「就職してお金を返します。他人に迷惑をかけないなら、名声や富を得てもいいでしょう」と聞かされたヨ祖父は「あの偉大なホ・イム先生も若い頃は」とあきれるのですが、一体、祖父は何を知っているのでしょうか。


恵民署医院にやってきた認知症の老婆から長男ボンタクと呼ばれたホ・イム。老婆が抱きかかえている子豚の次男ボンシクの具合を見てやる羽目になり、見事、子豚の便秘を鍼で治し、お礼に受け取ったお金(実は、何かのクーポン)を持って、タクシーでシネ漢方病院に急ぎます。ここのシーンも笑えます。


交通事故の現場や被害者に遭遇すると覚えのない記憶に悩まされるヨンギョンですが、同じ病院の精神科医から、最近、新しく知り合った人が引き金になっているかもと言われ、首を振って否定するのです。


「おじさんと朝鮮に行っていたの?」と真顔で話すオ・ハラといい、二人がタイムスリップした原点に絡むミステリーに興味深々です。


シネ漢方病院に履歴書を持参したホ・イムは、クーポンをタクシー運転手に払い、警察に通報されそうになったところをヨンギョンに救われます。なんだかんだ言っても、彼を放っておけないヨンギョン。真剣に患者を救うホ・イムと火事の最中も財宝に素手を突っ込んでいたホ・イムのどちらが真実なのか、理解できないヨンギョンです。それにしても、乗り逃げはいけませんよ、ホ先生。


「漢方学のグローバル化と韓国の現実」というユ・ジェハによる講演が行われていた会場から出てくる漢方病院院長を追いかけて、トイレでクンジョル(膝まづいてするお辞儀)をして履歴書を渡すのですが、ヨンギョンに阻まれます。ちなみに、この講演では、朝鮮の鍼治療の最高峰であるホ・イム先生の名前が出ていましたが、ホ・イムの耳には届いていなかったでしょう。


「ここで金もうけをするつもり?」と問い詰めるヨンギョンに「朝鮮で自分がどう生きてきたか知らないくせに、ちょっと聞いただけで自分を判断しないでくれ」と答えるホ・イム。「あなたは、ここでは危険なの」と気遣いを見せるヨンギョンは、以前より、ホ・イムに対してだけでなく、患者に対してもやさしくなっているように思われます。


以下については、下記の記事をご参照ください。


6話予告の最後に登場したシルエットのナムジャは、この人でした。

f0020564_16104326.jpg


髭をそりスーツを着て若々しくなったホ・イム先生(のはず)。今夜の6話が楽しみですが、韓服のホ・イムが観られないのは寂しいです。写真はフェイスブックからお借りしました。


[記事]『名不虚伝』キム・ナムギル、漢方医になる道は遠く険しかった(総合)


記事入力2017.08.26 22:20 /記事を修正2017.08.26 22:21


f0020564_16141335.jpg

http://www.xportsnews.com/jenter/?ac=article_view&entry_id=887500&_REFERER=https://www.google.co.jp/



[エックスポーツニュース イム・スヨン記者] 『名不虚伝』キム・ナムギルが漢方医になろうと努力した。


26日放送されたtvN『名不虚伝』5話では、[許任]ホ・イム(キム・ナムギル)がシネ漢方病院を訪れた。


この日、シネ漢方病院を訪れたホ・イムはそこにいる医療スタッフの衣装が韓服であることを見て表情を和らげた。おりしも漢方のイベントが行われていたのだ。彼は病院のあちこちを歩き回っては、医師が患者に鍼を打つことに口出しし、医師はホ・イムに「何だ、きみは何だ。下で今日のイベントをやっているから、医員のふりをするなら、そこに行ってやりなさい」とあきれて言った。


患者は、医師とホ・イムがけんかをするのを見て、「おれは治療はやめだ」と怒って立ち去った。それで、医師はホ・イムをつかまえようと追いかけたが、ホ・イムは、医師から逃れて受付に行った後、スタッフに「ちょっと訊きたいのだが、医員に最も早い方法は何であるか」と尋ねた。スタッフはホ・イムに「実力が優れていれば院長にスカウトされます」と笑った。漢方医になる方法を尋ねる奇妙な男が笑わせたのだ。


たまたまデスクを通りかかったユ・ジェハ(ユ・ミンギュ)はホ・イムにすぐに気がついた。ユ・ジェハはホ・イムにどうしたのかと尋ねると、ホ・イムはジェハにシネ漢方病院の医師になる方法について尋ねた。するとユ・ジェハはホ・イムに「履歴書を書いて志願するのだ」と話してくれた。


その夜、ホ・イムは自分に「朝鮮に帰れ」と冷たく言って背を向けたチェ・ヨンギョンを思い浮かべ、自ら髷を切った後、履歴書というものを書き始めた。履歴書を完成したホ・イムは明るく笑って満足気であった。彼の履歴書はすべて漢字で書かれていた。


ホ・イムは自分の履歴書を持ってシネ漢方病院を訪れた。そして、そこでシネ漢方病院の院長を見かけたホ・イムはトイレに行った彼を追いかけて「先生。私のお辞儀をお受けください」といきなりクンジョルをした。突然のホ・イムの行動に慌てた病院院長は「私に何か話でもあるのか」と尋ね、ホ・イムは「私はホ家のイム、ホ・イムでございます。これは履歴書です。私が医員として生きてきた履歴と病人を治療した履歴を詳細に記しました。私のこうした振舞いはこちらのしきたりに反するかもしれませぬが、あまりにも切迫しておるのです。昔の賢者の言葉によると、貴重な人材を認めることが、身分の高い方たちの美徳でした」と追従した。


ホ・イムはさらに話をしようとしたが、突然現れたチェ・ヨンギョンのため、それ以上言葉を続けられなかった。その後、とぼとぼと家に帰るホ・イムは突然倒れた要人を発見し、漢方病院院長が彼にぺこぺこしていた姿を思い出した。ホ・イムは倒れた要人に近づき鍼を打ち始めた。ちょうどそこに通りかかった漢方病院院長はその姿を目撃した後、静かにホ・イムの行動を見ていた。しかし、ホ・イムを追ってきたチェ・ヨンギョンは「あなたがここで鍼を打ったら、今度はほんとに終わりよ」とホ・イムを退けた後、心肺蘇生法で要人を救った。


一方、この日放送のエンディングでは、ホ・イムが現れたという話を聞いたシネ病院の院長が警察を同行したまま現れ、ホ・イムを危機に陥れた。





by omasa-beu | 2017-08-27 16:17 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(0)

tvNドラマ『名不虚伝』ホ・イムの住民登録証

f0020564_15110429.png
住民登録証
ホ・ガイム(許佳任)
88年1月11日生ー1111111番
ソウル特別市中区乙支路2街 恵民署
(乙支路2街 交差点前)

2017.08.12
名不虚伝 フェイスブック管理人

住民登録証というものができたのだ

住民登録証によると、満年齢29歳、韓国式では30歳ということですね。名前は허임(ホ・イム)ではなく、허가임(ホ・ガイム)。警察署で取り調べを受けた際、「ホイム」と答えず、「ホが姓で~」みたいな言い方をしたので、その後は「ホ・ガイム」と認識されているようです。

ギル友さまからホ・イム先生、いえ、ナムギルさんのオフショット写真がいっぱいの記事を教えていただきました。まずは、リンクだけですが、写真を見るだけでも楽しいです。ワンデイうちわを持って歩いているのかしら。


PS LINEは、思っていたよりも早く、復活しました。トーク履歴等のデータ復元はできませんでしたが、もう、十分です。お気遣いくださった皆さま、ありがとうございました。


by omasa-beu | 2017-08-26 15:31 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(0)

映画『殺人者の記憶法』日本公開は来年1月27日

昨日、2年8ヵ月ぶりにiPhoneの機種変更をしたのですが、LINEのアカウント引継ぎに失敗しまして、現在、使えない状況です。しばらく、LINEのお友達になってくださる皆さまとの通信通話ができませんので、何かありましたら、こちらのコメント欄か、メールでお知らせくださると有難いです。以前よりも個人の認証が厳しくなっているような気がしましたが、成りすましなどがいる状況では仕方ないです。でも、こういう便利なものこそ、いざとなると、めんどくさいというのが実感です。

ということで、LINEと格闘している間に、『殺人者の記憶法』の日本公開日のお知らせがあがっていました。すでに、みなさまはご存じかと思いますが、詳しくは、Kstyleさんの記事をご参照ください。


9月2日(土)には、前売り券第一段がシネマート心斎橋と新宿の両館で発売されます。ナムギル祭りは冬まで続きそうですね。いえ、その後にファンミのお知らせでもあれば、ちょっと息が上がりそうです(笑)

by omasa-beu | 2017-08-25 13:09 | 映画 殺人者の記憶法 | Comments(0)

映画『殺人者の記憶法』VLive Movie Talk(リプレイ追記)

今夜9時からのVLiveには、キム・ナムギルさんの参加がなくて残念と思いながら観ていたのですが、途中、龍仁(ヨンイン)の撮影所から顔を見せてくれました。次の写真は、所属事務所オーエンエンターテインメントさんのインスタグラムからお借りしました。


f0020564_23513095.png
#名不虚伝 撮影中に 遠くからでも
ネイバームービートークに 参加した キム・ナムギル
俳優です!



お隣でiPadに映るナムギルさんを見ているのはソル・ギョングさん。他の参加者は、オ・ダルスさん、キム・ソリョンさん、ウォン・シニョン監督。


ナムギルさんが、龍仁(ヨンイン)ですと言っていたのは、前の記事に書いた元ドラミア、今の龍仁大長今パークからですね、たぶん。おひげのあるなしで、ころっと印象の変わるナムギルさんですが、どちらも好き!


リプレイはこちらでご覧になれます。




by omasa-beu | 2017-08-24 00:01 | 映画 殺人者の記憶法 | Comments(6)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー