おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

キム・ナムギル FB 更新 6/26, 6/27

連日、Road Story の映像がアップされています。現実にプッチョンマウルの路地を歩き回るのは難しいですが、こんな曇り空の日は、映像の中で、ナムギルさんと一緒に過ごしたいです。

6/26
오늘밤 달빛 독차지하고 싶은 사람, 손!!!
今夜 月の光を 独り占めしたい 人は、 手を!!!
Anyone who wants to have all the moonlight, raise your hand!!!



6/27
주말에 뭐해요? 오늘같은 날에는 북정마을 골목길을 한바퀴 돌아보고 싶네요. 동네 어르신들은 건강하게 잘지내시는지... 음... 누가 안부 좀 전해주세요ㅋ
週末は何をしてるかな? 今日のような日には プッチョンマウルの路地を ひと回り してみたいね。近所のお年寄は 元気に 過ごしてられるか... う~ん... だれか よろしく 伝えてね^^
What's up this weekend? On the day like today I want to stroll about the alleys of Bukjeong village. I'm wondering how the elderly in the neibourhood are doing. Someone, say hello to them, will you?


by omasa-beu | 2015-06-27 13:13 | Namgil Facebook | Comments(4)

『ピダム、あなたの香り』キム・ナムギル 彼を愛する10の理由

今日は一日雨でした。こんな日は、パク・ヘオク(박혜옥)さんの詩集が似合います。せんえつですが、ひとつ、訳してみました。みなさまにとって、彼を愛する理由はなんでしょうか? 何年もずっと彼を見つめてきたせいか、最近では、その理由がよくわからなくなります。もちろん、パク・ヘオクさんが挙げてられる理由はすべて当てはまります。そして、秘密の理由こそ、ギルペンそれぞれの心に深く入り込んでいるギル愛かも知れません。

f0020564_18562531.jpg
キム・ナムギル、
彼を愛する10の理由

かっこいい… 迷う 必要なく 無条件に 洗練されている
もちろん すご… く ハンサムだ
すらりとした 姿で 一歩一歩 歩けば
周囲の 空気までも 衝撃で ゆらぐ

彼は よく 笑う
生命体が 発することができる 最も 魅力的な 声で
笑っては話し、話しては また笑う
多くの 人々が 訳も わからないまま ともに 仕合わせに 陥る

彼は よく 泣くすべも 知っている
熱い ハートの 奥深く 隠されていた いくつもの 愛情を 引き出して
世の中の どこであろうと お構いなく
稲妻のごとく 悲しみの傍に 身を投じ ともに 泣かせる

彼は 情が深い とても 情が深い
周囲を 察して 気を配り 思いやる
彼は 冷静だ ほどよく 冷静だ
驕慢や 怠惰 あるいは 勝利に対して あえて ほどよく 冷静だ

彼は 時に 閉じ込めてはいけない 無邪気な 子供だ 抱きしめたい。
ああ。なにより 彼は 魅惑的な男だ… 狂うほどに。
そして、そして、あとは 秘密… 秘密だ。
彼を 愛すると 自然に わかるようになると 確信の持てる 秘密。
by omasa-beu | 2015-06-26 19:06 | 善徳女王(ピダム) | Comments(8)

キム・ナムギル FB 更新 6/25

カバー写真が更新されています。
f0020564_1221397.jpg
<平和な世界に出合う時>というナレーションが聴こえてくるような写真です。横顔に見入ってしまいます。



上にお借りしたYoutubeのナレーションでは、Road Story Audio Track 1 の内、下記の青字の部分は省略されています。映像の中で探してみてください。

Track 1. 길상사 (吉祥寺)

평화로운 세상을 만날 땐, (平和な世界に出会う時)
있는 그대로 걸어보세요. (あるがままに歩いてください)
그래야 설렙니다. (それでこそ、ときめきます)

뜰 옆의 느티나무 (庭の傍らのケヤキの木)
한 뼘 높이의 돌탑 (一指尺の高さの石塔)
물 위에 핀 수련 (水の上に咲いたスイレン)
졸졸 좁은 계곡 (ちょろちょろと流れる狭い渓谷)
기왓장 그늘 숲 (瓦屋根、日陰、森)
눈 높이의 돌담 (目の高さの石垣)
나무그늘 평상 (木陰の縁台)
작은 대나무 숲 (小さな竹の森)
해가 머무는 툇마루 (太陽が留まる縁側)


앉을 곳을 고르는 것 만으로도 (座る場所を選ぶだけでも)
마음에 여유가 생깁니다. (心に余裕が生じます)

맑고 향기로운 길상사,(清く芳しい吉祥寺)
서울 안에 있습니다.(ソウルの中にあります)

http://file.ssenhosting.com/data1/teamgil/g1.mp3
by omasa-beu | 2015-06-26 12:29 | Namgil Facebook | Comments(0)

『月の街 山の街』を読んで

서울의 마지막 달동네, 북정마을의 골목길입니다.
(ソウル最後の貧民街、プッチョンマウルの路地裏です)


Road Story 「路地裏」の一節を聴きながら、『月の街 山の街』という本を思い出しました。

f0020564_1559393.jpg


SMAPの草彅剛さんが翻訳したことで話題になった本です。買ったまま積読本になってるのを探し出して読んでみました。

달동네(貧民街)を文字通り訳すと、月の街(町内)。

산 언덕에다가 그대로 지은 집들이라서 그런지(山の丘陵にそのまま建てられた家々だからか)
골목골목이 마치 뭐라고 그럴까,(路地路地がまるでなんといえばよいのか)
롤러코스터 같은데요.(ジェットコースターのようです)


原作は、『연탄길(ヨンタンギル/練炭道)』。

子どもの頃、「月の街」「山の街」で暮らしていた作者のイ・チョルファン(이철환)さんによると、雪が積もると、練炭の灰を坂道で滑らないようにみんなで敷きつめたそうです。

それは雪よりも白い愛でした。貧しさに沈んでいる「月の街」「山の街」の人たちが、翌朝、胸を張って坂道を下りていけるように。

私が子どもの頃も、練炭は冬の必需品でした。練炭を燃やした火鉢で暖をとったり、カルメラを焼いたり。もっとも、この作品のように、冬と雪が同義語のような環境ではありませんでしたが、韓国にしても、日本にしても、時の流れは止めようがありません。

前の記事のインタビューでナムギルさんが語っています。

その道を歩いていた数多くの人々の物語を忘れないでほしい。
本質的であることだけは変わらないようにしてほしい。
長い間、その場所を守って暮らしている人たちの姿と情は変わらないでほしい。


この本に登場する人々は、まさに、そういう人たちでしょう。私自身の子どもの頃を思い出させる人物に心が痛み、ふと、亡き母のことを考えたり。私を含め、子どもを持たない人は世の中にいても、親のない人はいません。どんな親であろうと、早く別れようと、それだけで、すごく心が温まる真実のように思えます。

読みやすい日本語に翻訳されているので、一気読み。あとがきで、「僕の韓国語の師匠である根本理恵先生にはいろいろとご助言いただき… 」と書いてあるように、根本さんが翻訳監修を務めてられるので、安心して読める気がします(笑)。本のカバーも挿絵も素敵です。
by omasa-beu | 2015-06-25 16:03 | Gil-Story | Comments(2)

城北洞記事のビハインドストーリー(追記あり)

城北洞でのインタビュー記事ビハインドストーリーとして、Gil Story FB が素敵な写真を公開してくださっています。写真に添えられている韓国語の翻訳は後回しにして、写真だけ、先に、お借りいたします。⇒何とか、訳しました。参考程度にご覧くだされば嬉しいです。

f0020564_15431729.jpg
ソウル新聞インタビュービハインドストーリー

f0020564_15452932.png
Q.大将は何故? そんなふうに歩いてるの(笑) (実際、6月20日ソウル新聞11面に掲載された写真) 
右手と右足が同時に出てる。。。

f0020564_1551724.jpg
Q.道を歩く時、何を考えてられますか?

何のために歩いているかによって違うけれど
その道が伝えてくる「感性」の度合いではないかと思う。
「どんな人々がこの道を通して暮らしているのか...」
彼らの人生と生活の物語を
想像しながら歩くことになるみたいだ。

f0020564_15513147.jpg
実はこのように道を降りてくる演出のカットを撮ろうと思っていました。
しかし、区庁長と教授はこんな撮影がどうしても多くはないようですから
不自然でもあったりNGもたくさん出たりしました。
そうやって、石段を数十回上がったり下りたりして、やっとOKカットになったのですが!!!
そのカットが、まさに、大将の右足右手のカット(笑)

f0020564_15515649.jpg
大将はどうして!
しゃがんで座ることになったのか?

f0020564_15521158.jpg
元々、収めようとしたのはこんな雰囲気でしたが
大将の背が高いので、きれいな形で収められなかったんです。
それで、その場から降りてきて、膝を折ってすわる大将。
おかげで、顔の大きさやポーズなどを考えざるを得なかった俳優の気持ちより
代表と共に歩く人たちが先だった姿が盛り込まれたカットになったようです。

f0020564_15522642.jpg
Q.城北洞の道を一言で紹介してください。

「城北洞の道は、生きるペースに背中を押され
傷つき痛む心が
ゆっくりと癒される場所」

詩人チェ・ソンスの「プッチョン、流れる」という
詩の一節だ。
一番好きな一節だ。

f0020564_155305.jpg
Q.一番好きな城北洞の道は?

吉祥寺の道が好きだ。都心の中の憩いの場みたいだ。
その中に入ってみると、世の中の真理を教えてくれるようだった。眼をつぶっても空を見上げる余裕が生まれ慰めになった。
「ゆるさの美学」という価値に吉祥寺の道を歩きながら気づいたと言っても過言ではない。

それから、プッチョンマウルの路地も好きだ。過去がなければ未来もないと思う。
しかし、現在はあまりにも早く進もうとする。プッチョンマウルの路地は、このようなスピード感に慣れた人たちに「実際、ここは、われれの憩いの場であり、われらが暮らす姿だ」と話してくれそうだった。
路地を通り過ぎながら、子どもの頃、遊び回っていた路地も思い出したり、行き来する町内の人たちと眼を合わせながら微笑んだり、挨拶を交わしたりできたのでよかった。
こんなことが、まさに、「人が生きる情」のように思う。

f0020564_15531251.jpg
Q.キム・ナムギルにとって「道」とは?

「道」は、われらの歴史、人生、感性、人、命... このようなものが調和している空間だ。
われらが足で踏んでいる道は人生の記録にも等しいものだ。
この返答がぼくに道が何故重要なのかも話してくれると思う。
歴史、人生、感性、人、命...
どれひとつ、大切でなく、基本的でないものはないだろう。
人は土を踏んで生きねばならないと思うから、
こんな本質的なことを含め、われらが生きながらどんな価値が重要であるかを
考えさせてくれるものが道である。

だから、道は重要なのだ。

(一番下の注)ここからソウル新聞紙面で扱っていないビハインドインタビューの内容です。道について大将の真情を伺い知ることができるよう、一緒に掲載しました。
(ここにアップしました写真の順番はオリジナル通りでないかも知れません。ご了解くださいませ。おまさぼう)

f0020564_15533047.jpg
Q.城北洞はどのように変わらねばならないだろうか?

あえて、変わらねばならないだろうか? 変わらねばならないと考えるなら、何故、そのように考えるのか
かえって、ぼくの方が知りたい。ぼくが変わらなくてもいいと
思っても歳月が流れると世の中は変わることになっているから、どうやっても変わるものだ。

歳月により変わっても
城北洞の道で、これだけは変わらないで
ほしいと思うことがひとつある。
道というものは、歳月の流れによって
仕方なく、変化せざるを得ず
そうすることを強要されることもあるけれど
その道を歩いていた数多くの人々の物語を
忘れないでいてほしい。
本質的であることだけは変わらないようにしてほしい。
長い間、その場所を守って暮らしている
人たちの姿と情は変わらないでいてほしい。

f0020564_15554798.png
ありがとうございます。

このRoad Story のロゴ、軽快で、しかも、温かなイメージがあって、気に入ってます。
by omasa-beu | 2015-06-24 15:57 | Gil-Story | Comments(6)

映画『無頼漢』の邦題決定!

f0020564_1859688.jpg
『無頼漢 渇いた罪』の公式ツイッターをコピーさせていただきました。問題があれば削除いたします。

関連記事: KstyleKoari

シネマート新宿、シネマート心斎橋以外の上映劇場についても早く知りたいものです。
by omasa-beu | 2015-06-23 19:04 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(2)

Road Story ― ソウル城郭

今にも雨が降り出しそうな空模様です。昨夜は明け方まで眼がさえて眠れなくて、お空と同じ、私の頭も重いです。お隣のお母さまが亡くなられたので今夜のお通夜と明日の告別式でお別れしてくるつもりですが、身体がしゃんとしません。おまけに、以前に買った喪服は太ったので着られず、最近は、上下別々、黒の服で何とか間に合わせている始末。困ったもんです。

映画『無頼漢』が第18回上海国際映画で特別芸術貢献賞を受賞とのこと。芸術貢献賞というのは<特別芸術貢献賞上海国際映画祭競争部門である「Golden Goblet Award」に招待された映画の中で芸術的な演出、衣装、編集、 メイクアップなどのカテゴリー別に、最高の芸術的な成果を見せてくれた作品に贈られる賞>だそうです(元記事)。授賞は嬉しいことに違いありませんが、何よりも、たくさんの観客に観てもらうのが一番の賞ですね。日本公開までは動員数に貢献できませんが、ニュースになることで、観る人が増えるといいですね。

Road Story <城北>のキム・ナムギルさんのナレーションの意味をわかって聴きたくて、ひとつずつ、韓国語と日本語を併記しています。

f0020564_14585797.jpg

<キム・ナムギルも魅せられた道、城北洞の人文学(김남길도 반한 길, 성북동 인문학 길)>
今月17日、ナムギルさんがキム·ヨンベ城北区庁長(左)とイ·フン漢陽大観光学部教授(真ん中)と共に語りながら歩いた城北洞。記事は、こちらです。写真もお借りしました。

キム代表(ギルストーリー代表であるナムギルさん)が城北のなかで好きな場所として挙げている<漢陽都城(ハニャンドソン)に沿って伸びるプッチョンマウルの道>にいつか立ってみたいです。ソウル城郭のことを、昔の首都名である漢陽の名前を保持して、漢陽都城とも呼ぶようです。

<現在と過去の真ん中に立っているような感じ>とナムギルさんが表現するソウル城郭のナレーションです。

Track 10. 서울성곽 ソウル城郭

http://down-cocendn.x-cdn.com/data1/teamgil/sssss10.mp3

서울성곽에 오르면 성곽을 사이에 두고(ソウル城郭に登ると城郭を挟んで)
도성 안과 밖의 야경이 확실하게 구분이 됩니다.(都城の内と外の夜景がはっきりと区別されます)

성곽이 시간의 흐름에 선을 그은 듯이,(城郭が時間の流れに線を引いたように)
도성 밖, 성북에는 노란 가로등 빛이 가득하고(都城の外、城北には黄色い街灯の光が満ちていて)
안쪽은 대낮처럼 밝은 도시가 보입니다.(内側は真昼のように明るい都市が見えます)

그런데 이 노란 가로등 조명이(ところが、この黄色の街灯の照明が)
저 도시보다 환하게 느껴지는 건(あの都市より明るく感じられるのは)
우리가 잊고 살았던 이웃사촌의 옛 모습을(われらが忘れて生きてきた隣人の昔の姿を)
성북에서 만났기 때문은 아닐까요?(城北で会ったからではないでしょうか?)

성곽은 사람 사이의 정도 지켜내고 있었나 봅니다.(城郭は人の間の情も守ってきたようです)

心を動かされることが鈍い私でさえも惹かれる城北洞ですから、観光客が増えると同時に、地元の方々の迷惑になるような問題も起こっているのでしょう。そのあたりを、お三方は次のように語っていますが、ナムギルさんの住民を思いやる配慮にはさすがと感心させられます。訪れた際には、大声で喋ったり、笑ったりしないよう、気をつけたいものです。

<城北洞は観光地以外の真摯な生活の空間

しかし、城北洞も観光客が増えて、住民が騒音と喧騒に苦しんでいる場合がある。キム代表は「実際の貧民街では、自分だけの豊かな生活の姿が、むしろ同情を受けるか不安にさせる場合があった」とし「だから城北洞は、観光という表現よりも人生の時間と歴史への散歩と言いたい」と述べた。キム区長は一帯の所有者たちが自分で問題を解決するように助けることが重要であるとした。彼は「ここの博物館、住民、商人たちがそれぞれ協議会を作ったり、進めているところ」とし「彼らが自分たちで決めて、問題を解決することが根本的な対策と見る」と述べた。イ教授は、「最近、静粛観光という言葉まで出ているが、いくつかのエチケットを知らせてあげるだけでも、訪ねてくる人と迎える人との間の葛藤をたくさん減らすことができる」と助言した>

原文
<성북동은 관광지 아닌 진솔한 삶의 공간

하지만 성북동 역시 관광객이 늘면서 주민들이 소음과 번잡함에 힘들어하는 경우가 있다. 김 대표는 “실제 달동네의 경우 자신만의 풍족한 삶의 모습이 오히려 동정을 받을까 불안해하는 경우가 있었다”면서 “그래서 성북동은 관광이라는 표현보다 삶의 시간과 역사로의 산책이라고 말하고 싶다”고 말했다.

김 구청장은 동네의 주인들이 스스로 문제를 해결토록 돕는 것이 중요하다고 했다. 그는 “이곳의 박물관, 주민, 상인들이 각각 협의회를 만들거나 추진 중”이라면서 “이들이 스스로 결정하고 문제를 해결하는 것이 근본책이라고 본다”고 말했다. 이 교수는 “최근 정숙관광이라는 말까지 나오는데 몇 가지 에티켓 정도만 알려주어도 찾아오는 이와 맞는 이 사이의 갈등을 많이 줄일 수 있다”고 조언했다>
by omasa-beu | 2015-06-22 15:02 | Gil-Story | Comments(2)

沙羅双樹の寺

時折小雨降る午後、妙心寺境内の塔頭、東林院にて沙羅双樹の花を見物。普段は非公開。私は初めての訪問です。妙心寺までは片道30分のウォーキング。

いただいた小冊子によると、「沙羅双樹は、お釈迦さまが入定された時、いっせいに花開き、その死を悲しんだといわれ、仏教とゆかりの深い名木」ということです。インドと日本の沙羅双樹は種類が異なり、日本では夏椿と呼ばれる白い花を沙羅双樹と呼んでいるようです。朝方に開き、夕べに散ってしまうという沙羅双樹の儚さは人生にたとえられるものかも知れません。『平家物語』の冒頭でもうたわれていますが、そういう無常を表すたとえだったのですね。おそらく、古語の時間に習ったと思われますが、脳細胞からはすっかり消え失せていました。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす

f0020564_20384039.jpg
f0020564_20393290.jpg
f0020564_203959100.jpg
f0020564_20501883.jpg
咲ききって後、存在を示す沙羅双樹の花びらたち

拝観料の1600円は高いですが、お坊さんのトークが聴けて、お薄に生菓子と干菓子つき。何より、沙羅双樹を管理するための費用と考えればそんなものでしょうか。生菓子の栗餡、とても美味しかったです。ちょっとばかしユーウツなる日々を送っているせいか、普段なら、聞き流してしまいそうなお坊さんのお話にも考えさせられました。

東林院の<沙羅の花を愛でる会>についてはこちら

沙羅双樹/사라쌍수(サラッサンス)/paired sal trees
by omasa-beu | 2015-06-19 20:48 | 日々のこと | Comments(10)

老いていくためだけに生きるのはまだ早いだろう

f0020564_23391747.jpg
3か月に一度、クリーニングのために通っている歯科の受付に飾ってありました。ちょっと気になる詩句。だれかの詩かなと検索してみると、ゆづの曲、REASONの歌詞の一部と知りました。音楽全般に疎いので、今まで聴いたこともない歌でした。

受付のスタッフさんに訊くと、院長さんが掛けられただけで、とくにゆづのファンという訳でも、とくに名のある方の書でもなさそうですが、最後の文章が気に入ったので、写真を撮らせてもらいました。もしかしたら、院長さんが書道でも習っているのかしら。

老いていくためだけに生きるのはまだ早いだろう

若者が受ける意味と、今まさに老いの領域に足を踏み入れている私の世代では、受け取り方は異なるかもしれません。

かつて、サミュエル・ウルマンの「青春」という詩がベストセラーになった時期がありました。新井満さんの自由訳による一節によると―(こちらから引用させていただきました)

年を重ねただけで 人は老いない
夢を失ったとき はじめて老いる

残り時間は少なくなる一方ですが、ずっと夢でも妄想でもいいから抱いていたい。そう思わせられる今日この頃です。

最後は、われらが夢、キム・ナムギルさんの写真です。上は5年前。下は最近のものです。どちらかと言うと、私はひげなし派ですが、これを見ると、ひげもいいなと思えます。
f0020564_0384756.jpg

f0020564_028895.jpg
出処は画像内に記載。
by omasa-beu | 2015-06-18 00:44 | 今日のひとこと | Comments(8)

「ピダム、ピダム、ピダム」

『善徳女王』がBS朝日で放送中のせいか、以前書いたピダムの記事をご覧くださっている方があるようです。過去のものに眼を留めていただけるのは、とても嬉しく光栄なことです。

ピダムに恋した当時の気持ちを思い出し、机の片隅に置きっぱなしの詩集『비담, 당신의향기(ピダム、あなたの香り)』(2010.11)を久しぶりに手に取ってみました。タイトルは、この詩集の中の一篇です。

何よりも言葉を大事にされる詩人の言葉を訳すのは、韓国語万年初心者の私には荷が重いですが、読みたいという一心であること、ご理解いただけると有難いです。

f0020564_20144344.jpg
本の帯に書かれたコピー
시인 박혜옥이 배우 김남길에게 전하는 감동과 기쁨의 詩
詩人パク・ヘオクが 俳優キム・ナムギルに 伝える 感動と喜びの 詩

ピダム、ピダム、ピダム
(2009 MBCドラマ 善徳女王)

戸を 開けて 入ってくる 常に 激しく
入ってきて たたく どん、どん、どん。

久しく こらえてきた 憤怒は 壊され
くたびれて 倒れんばかりに へとへとになった
彼の 悲しみは 暴発する

だれも 知らない、夢
その 切々とした のどの渇きを、
命とも 換えられない 恋慕を 語ろうと
千年を 駆けて
ピダム、彼は われらのもとへ 来る

新羅の人たちの 耳には いや 聞こえていた その声
万頭の 馬が ひと所で 飛び回るように 高まり
牡丹の花が 新たに 咲く 今日の朝 ふと 聞こえてくる

われに もっとも 行く末久しく 残したい ものは
ひとえに 彼女への 愛。

泣き叫ぶ 刀を 折って 岩の下に 置いておき
ただ 空を 眺めていた
悲しくて なおも美しい 魂、ピダム。

비담, 비담, 비담.
(2009 MBC드라마 선덕여왕)

문을 열고 들어온다 늘 세차게
들어와서 두드린다 쾅, 쾅, 쾅.

오래 참아온 분노는 깨어지고
지쳐 쓰러질 듯 기진한
그의 슬픔 폭발한다

누구도 알지 못하는, 꿈
그 절절한 목마름을,
목숨과도 바꾸지 않을 연모를 말하려
천 년을 달려
비담, 그는 우리에게로 온다

신라인들의 귀에는 아니 들리던 그 음성
만 마리의 말이 한데 뛰노는 듯 높아
모란꽃 새로 피는 오늘아침 문득 들려온다

내게 가장 오래도록 남기고 싶은 건
오직 그녀를 향한 사랑.

울부짖는 칼 접어 바위아래 놓아두고
다만 하늘을 바라보던
슬퍼서 더욱 아름다운 영혼, 비담.

出版当時、<教保文庫現代詩部門ベストセラー4位まで記録>したということです。(元記事

関連記事
http://omasabeu.exblog.jp/15244239/
http://omasabeu.exblog.jp/15428514/
http://omasabeu.exblog.jp/17744927/
by omasa-beu | 2015-06-16 20:15 | 善徳女王(ピダム) | Comments(7)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー