おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Gil-Story 改装中

f0020564_20215791.jpg

「ギルストーリーが 3月中に
新しい姿で 再び お目見得します。
期待してください。」

もうすぐだよ。
by omasa-beu | 2013-02-27 20:22 | Gil-Story | Comments(23)

撮影現場で見たキム・ナムギルの魅力(ピダム)

「桜の下のオフ会」に参加してくださるナムペンさまに次のような質問をしました。

<キム・ナムギルが演じた役のなかで、一番好きなキャラクターは何ですか。>

ピダム 8票、ゴヌク 8票、カンム 1票という結果でした。私自身もそうですが、ピダムかゴヌクが決めにくいという方もいらっしゃいました。その時の気分でも変わったりします。

この前のコンサートでは、ピダムの映像に歓声が上がったことを思い出します。ゴヌクは愛しいけど、ピダムも魅力いっぱい。ゴヌクの合い間に会いたくなるピダム。あるいは、その反対だったりします。

キム・ナムギルの最新ニュースを探していて、ピダム時代のいい記事を見つけました。すでに見たことのある写真ばかりですが、ちょっとお借りしてきました。最近ナムペンになられた方には興味深いかと思います。日本語訳は、基本的に翻訳機によるものです。元記事は、スポーツソウル。 2009.9.30付、<イ・ジュサン記者のeファインダー>という連載記事で取り上げられています。


撮影現場で見たキム・ナムギルの魅力

男の魅力を語るとき、よく、美男、快男、フンナム、ホナムと称する。MBC月火ドラマ『善徳女王』で彗星のような存在のキム・ナムギル(28)は、どんな男だろうか。現場で見た彼の姿は、すべて該当していた。彫刻のような顔で美男。さっぱりした性格で快男。他人を気配りする姿にフンナム。すぐに相手を信頼させる姿にホナムを感じた。撮影現場の雰囲気も彼が主導した。演技に対する真摯な姿勢とともに。苦労しながら撮影する同僚の演技者やスタッフたちのそばに常にあった。暇な時は楽しい冗談と愉快ないたずらで雰囲気を盛り上げたり、撮影に真剣になるときは、誰よりも演技に没頭して撮影現場を導いた。

視聴率40%を越え、尚もその高視聴率を維持し続ける"善徳女王"も徐々に重心がトンマンとユシンからキム・ナムギルが演技するピダムに移っていく形だ。特に自分を敬遠していた師匠ムンノの死に接し、あれほど渇望していた「三韓地勢」よりも師匠を背負って走る姿に改めて人間的な様相が浮き彫りにされ視聴者の心を揺さぶった。本格的な花郎となった彼がトンマン王女とミシルのどちら側に立つことになるのかにも関心が増している。

「善徳女王の秘密兵器」として一気に主役に背伸びしたキム・ナムギルは「人気が急騰した分、調べてみる人が多くなった」と声を掛けると、 「ちょっと調べてみてくださればうれしいです。(笑)撮影現場だけにいると、外の世界の雰囲気がよく分からなくて...」といたずらっぽく応じた。間違いなく「いたずらっ子、ピダム」の姿だ。そうするうちにも、すぐに「野心家ピダム」に帰ったように「したくてする仕事に人気は重要ではないです。私に合う役をするようになってあまりにも嬉しいだけです。これまで手に負えなかった日々が今回のドラマを通してある程度解消されて何より嬉しいだけです。一生演技者として、俳優として生きたいです」とプロの顔つきを見せた。
インタビューのためにちょっと休んだキム・ナムギルは再びピダムに戻るために大きな刀を傍に立ち上がった。真剣ながらもコミカルさを同時に見せて演技にまい進した。

「カット」の声がかかるとすぐに無邪気な笑顔の青年キム・ナムギルに戻り、ひどく疲れているスタッフや仲間に愛嬌をふりまきながら 「撮影現場の可愛い奴」に急変した。監督の呼び出しが開始されると、いつかそうしたようにほこりをはたいて撮影現場へ走って行った。

「大変です。一日に2時間しか寝られないです。早く倒したらいいですね。そしたらちょっと休ませてくれるでしょうか?ハハハ。ピダムを愛してくださる方にとても感謝します。今後の活躍をより一層期待して下さるよう願います。秋夕の休日を楽しんでください!私は秋夕にも撮影現場で懸命にピダムとして暮らします!」

1.「ピダム」キム・ナムギルは「花より(きれいな)男」だ。彼は完璧な目鼻立ちを備え、さっぱりとした陽気な性格で人気が高い。
f0020564_0284121.jpg


2.「私の足を苦しめるものは何だろう?」キム・ナムギルが撮影中の休み時間に長靴の中の石を探すのに没頭している。
f0020564_0291013.jpg


3.「これでも聞こえない!」撮影現場でマイクがしばらく動作をしていなかったため、キム・ナムギルが口を大きく開けて叫んでいる。このような突拍子もない姿は撮影現場の雰囲気を盛り上げる。
f0020564_0294126.jpg


4.キム・ナムギルがキム・セホン撮影監督(右)と一緒に自分の演技内容をモニターで見ている。
f0020564_03476.jpg


5.「上手に描かないとね~」メイクを担当したスタッフがキャンバスに絵を描くようにキム・ナムギルの顔に扮装をほどこしている。
f0020564_0343520.jpg


6.キム・ナムギルが女性の演出助手(左)と話を交わしている。すべてのスタッフに、彼は友達のような存在として親切にふるまう。
f0020564_035041.jpg


7.「写真一枚お願い〜」キム・ナムギルは最近急騰した人気のおかげで、『善徳女王』のスタッフからのサインと写真撮影の依頼で大わらわである。
f0020564_0354793.jpg


8.「オッと、頭が〜」185㎝のキム・ナムギルが照明装置を見ずに歩き、頭をぶつけて痛がっている。
f0020564_0361420.jpg


9.「ピダム」の眼差しはいつも涙が溜まり言葉になりそうでならない。キム・ナムギルの繊細な演技は10年の間磨きあげた演技力のおかげで可能なのだ。
f0020564_0365443.jpg


「大きな刀に手を置き...」
キム・ナムギルは自分の撮影分がなくても現場を離れない。他人の演技を見て、常に学ぶ姿勢で臨む。刀をその間に置き、撮影現場を見守る姿が全く真剣だ。
f0020564_0373563.jpg


「ヒョン! 大丈夫?」
風月主を選ぶピジェを撮影するために疲れたオム・テウンに近付いて冗談を言って慰めるキム・ナムギル。
f0020564_0383621.jpg


撮影がないときなら、キム・ナムギルはスタッフと気さくに交わる。一人のスタッフが手品のトランプゲームを見せてくれると感心して笑うキム・ナムギル。
f0020564_0392674.jpg


パク・ホンギュンPDの「キュー」サインを真剣に見るキム・ナムギル。演技においては常に真摯な姿を見せてくれる彼の姿はプロにふさわしい。
f0020564_040697.jpg

by omasa-beu | 2013-02-24 00:41 | 善徳女王(ピダム) | Comments(44)

キム・ナムギルがDomaniで連載開始

キム・ナムギルが3月1日発売の女性誌「Domani」(小学館発行)で連載を始めるようです。

「月刊: キム・ナムギル」として、3月1日発売の4月号から登場。

先日の極秘来日の目的のひとつでもあったわけですね。
by omasa-beu | 2013-02-22 20:15 | キム・ナムギル(2012.7~2014) | Comments(17)

プチオフ会

キム・ナムギルのジャパンツアー以来となったナムペンさまたちとの再会です。

場所は、1月7日、大阪公演の前夜、ナムギルさん一行が訪れたという、大阪谷六のお好み焼き屋、冨紗家さん。

ナム愛が感動するくらい一途なペンさまの呼びかけで集うことになりました。ナムギルさんが座ったであろう席にすわり、ナムギルさんも食したであろう同じ料理をいただきながら、ナムペンさまそれぞれのナム愛を聞く喜びは格別です。

f0020564_14571585.jpg
7種類+デザートもついていた料理の一部

ご一緒してくださった4人のナムペンさま、お陰さまで、とても楽しい日曜の午後でした。ありがとうございます。

今回、急な集まりとなったため、声をかけられなかったナムペンさま、ごめんなさい。
by omasa-beu | 2013-02-18 15:05 | キム・ナムギル(2012.7~2014) | Comments(35)

韓国映画『王になった男』

f0020564_2104296.jpg

イ・ビョンホンさん主演の時代劇。ビョンさまは、朝鮮王朝15代目の王、光海(クァンヘ)とその王様の影武者となる道化師ハソンの二役を演じています。上の写真は、光海の方だと思いますが、しかし、微妙です。さすがに、ビョンさまは、ウリナムギルさんですら嫉妬を覚えたという演技力で、顔形はウリ二つでも完全に別人格として演じ分けています。

ビョンさまの二役が同時に観られるのは少しだけで、ほとんどが偽の王様としてのハソンを楽しめます。

本物の王よりも偽者のほうが聖君という逆説。偽物だからこそ、本来こうあるべきという王様を演じるハソンの人間性に周囲の人間たちも心動かされます。

ビョンさまの他、魅力的なキャスティングです。

偽物の王様の参謀ともいうべきオ・ギュンにリュ・スンリョンさん。初めて観たのは、『別巡検』という時代ものの推理ドラマでした。寡黙な捜査官を演じていたのが印象に残っています。強烈なセックスアピールを感じる俳優さんです。ドラマ『風の絵師』では悪役でしたが、魅力ありました。

びっくりしたのは、映画『トガ二』で、卑劣な養護学校の校長役だったチャン・グァンさんが、チョ内官としてビョンさまといい雰囲気をかもしだしています。

王を護衛するト部将役のキム・イングォンさんもおいしい役どころです。

ハン・ヒョジュさんは、苦悩する王妃として、ドラマのトンイとはうってかわった抑えた演技で見せます。

そして、『赤と黒』のウニョンが、15歳の女官役で出演しています。シム・ウンギョンさんは、ウニョンの時からみると、大分、大人っぽく感じられます。もう、アメリカ留学は終えたのでしょうか。

昨秋訪れたソウルの景福宮などで撮影されており、そういう意味でも、面白く見せてもらいました。

エンディングがいいですね。ちょっと、涙。。。☆

韓国版タイトルは、"광해, 왕이 된 남자". 「クァンヘ、王になった男」。
字幕は、ナムギルさんのツアー通訳を務めた根本理恵さんです。
by omasa-beu | 2013-02-16 21:51 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(27)

『Kim Nam Gil 1st Japan Tour With 「赤と黒」』DVD&BluRay

f0020564_2374570.jpg
みなさま、すでにご存じかと思いますが、『Kim Nam Gil 1st Japan Tour With 「赤と黒」』のDVD&Blu-rayのジャケット写真が公開されました。この前のメインヴィジュアル写真とは微妙に違うのですね。

また、収録曲は下記の通り、発表されています。詳細は、発売元のWarner Music Japanにてご確認くださいね。




OPENING
This is the moment
E-MAIL
本能的に
1994ある遅い夜
ナレーションパフォーマンス part1
ときどきひとりで泣いてます
ナレーションパフォーマンス part2
「赤と黒」リーディング <with チョン・ソミン>
好きだから <Performance ラムジ>
トークコーナーpart1 <with チョン・ソミン>
トークコーナーpart2
何も言えなくて
ロマン
愛してはいけないの
ENDING

別れている途中です


『野王』OSTに入っている「きみは知らない」のタイトルは「何も言えなくて」という邦題に変えられています。また、名古屋だけのアンコール曲「愛って奴」は入っていませんね。

バックステージのオフショットも収録されていますし、早く観たいという気持ちに拍車がかかります。ツアーでの名執事、いえ、MCの古家正亨さんによるコメントもファンの心をくすぐります。まだご存知ないかたはこちらで読めますよ
by omasa-beu | 2013-02-13 23:29 | KNG 1st Japan Tour | Comments(40)

『ゴヌクの韓国語』 番外 (3話)ゴヌクとテラ

f0020564_12474991.jpg


ベルギー産のPatrascheというビールをいただきながら、ふと、ゴヌクとテラのこのシーン(3話)を思い出しました。

안녕하세요? 이번이 네 번째인가?
アンニョンハセヨ? イボニ ネボンッチェインガ?
どうも。これで 4回目になるのかな? (*)

앉으세요.
アンズセヨ。 
おかけになって。

차는?
チャヌン?
お茶は?

됐어요.
テッソヨ。
結構です。

모네 일이에요.
モネ イリエヨ。
モネのことなの。

모네라..(휴대전화 벨 소리)
モネラ.. (ヒュデチョナァ ベル ソリ)
モネね.. (携帯電話の着信音)

저기, 잠깐만요.
チョギ、チャムカンマニョ。
ちょっと、待って。

여보세요? 소담이니? 어.뭐? 프란다스의 개에 나오는 그 개 이름?
ヨボセヨ? ソダミニ? オ、ムウォ? プランダスエ ケエ ナオヌン ク ケ イルム?
もしもし? ソダムなの? えっ? フランダースの犬に出てくるあの犬の名前?

파트라슈요.
パトゥラッシュヨ。
パトラッシュ。

파트라슈?
パトゥラッシュ? 
パトラッシュ? 

그래, 엄마 지금 밖이거든. 집에 들어가서 얘기하자.
クレ、オンマ チグム パッキゴドゥン? チベ トゥロガソ イェギハジャ。
うん、ママ、今 外だから。家に帰ってから 話そう。

소담이가 파트라슈를 좋아하나 봐요. 네로에게는 둘도 없는 친구인데.
ソダミガ パトゥラッシュルル チョアハナバヨ。  ネロエゲヌン トゥルド オンヌン チングィンデ。
ソダムが パトラッシュを 好きみたいですね。 ネロにとっては 無二の 親友だから。


この時、雨のなかをゴヌクと共にホン家から追い出された幼き日の友、トルドル(돌돌)のことがゴヌクの脳裡をよぎっていたかどうか。観るほどに、いろんなことを考えさせてくれる『赤と黒』です。

(*)ゴヌクとテラの出会い
①ヨットの上 ②チェジュのホテル屋上 ③モネの稽古場
by omasa-beu | 2013-02-11 12:51 | 赤と黒(ゴヌクの韓国語) | Comments(43)

市川猿之助@松竹座初春大歌舞伎

f0020564_18591761.jpg
福山雅治さんが撮影した襲名興行の写真

忘れないうちに記録しておかなくてはと思いながら、2月も早や10日。

三代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車の襲名興行。1月25日夜の部観劇。

演目は
『操り三番叟(あやつりさんばそう)』
『小栗栖の長兵衛(おぐるすのちょうべい)』
『口上』
『義経千本桜 川連法眼館の場(よしつねせんぼんざくら かわつらほうげんやかたのば)』

この日は、猿翁さんは体調不良のため、休演。もっとも、夜の部は、口上のみの出演につき、さしたる影響はないが、ご贔屓はがっくりしていたと思う。

私のお目当ては、市川亀治郎改め四代目猿之助。えんのすけさんと呼ぶより、やはり、かめちゃんと呼んでしまう。ご本人も、亀治郎さんと呼ばれると違和感があるが、かめちゃんならいいと言っているので、よしとしよう。

亀ちゃんが出演するのは、『義経千本桜 川連法眼館の場』というお芝居。演じるのは、源義経の家来、佐藤忠信と忠信に化けた狐の二役。忠信の凛凛しさも素敵だが、やはり、見応えがあるのが、狐に扮した亀ちゃん。静御前がもつ初音の鼓(の皮)を親と慕い、忠信に化けて静御前の供をしてきたという、歌舞伎らしい筋書き。

正体を現した狐忠信が舞台のあちらこちらから姿を現し、現しては消えて行く楽しさ。真っ白のヒラヒラがいっばいついた狐の衣装が映える身のこなしの美しさ。舞台を縦横に駆け抜ける身体能力の高さに感嘆する。舞台正面の前すれすれに身体を乗り出して静止した際は、1階4列目中央にすわっていた私と眼があう位置。明らかに人間ではない、妖しげな空気をまとっている亀ちゃん。

義経から親と慕う初音の鼓を与えられた狐忠信が狂喜する姿には大きな共感を覚えて、私まで嬉しくなってしまった。私にしてはめずらしい経験。亀ちゃんの演技力、おそるべし!

激しい立ち回りのあとの宙乗り。松竹座の座席の上、3階の高さの位置で乱舞する亀ちゃんに観客は大喜び。3階奥へと消えた後、カーテンコールでは、下手側の幕をちょっとだけ開けて現れた亀ちゃんに劇場は大盛り上がり。思わず立ち上がり、「おもだかや(澤瀉屋)~」と何回も叫んでしまった。

市川中車を襲名した香川照之さん主演の『小栗栖の長兵衛』は単純に楽しめるお芝居。ただ、中車さんが声を張りすぎているのか、結構、無理をしているように感じられてしまった。大阪公演とあって、息子さんの市川団子くんを観られなかったのが残念。

『操り三番叟』では、中村翫雀さん演じる人形の後見役、坂東薪車さんの操る糸が、実際にはないのに、そこにあるように見えて感嘆。

『口上』は、猿翁さんのお弟子さんずが下手にずらっと並んでいたのが目新しいというか。お弟子さんといっても、みなさん、魅力的な役者さんたち。

襲名興行とはいえ、1等席2万円は高すぎるけれど、亀ちゃんこと、市川猿之助さんに胸踊らせてもらった夜だった。

ちなみに、前回観た市川亀治郎時代のお芝居はこちら。次が観たくなる役者さんですね。
by omasa-beu | 2013-02-10 19:07 | かぶき・演劇 | Comments(20)

隠密行動のキム・ナムギル

9日夕方、金浦空港に現れたキム・ナムギルの写真がツイッターにアップされています。
写真についているキャプションが面白いので、写真とともにお借りしてご紹介します。
スポーツソウルドットコムの写真チームによる撮影。

f0020564_1313660.jpg
김남길, 공항에서 깜짝 포착 '카리스마 살아있네~
キム・ナムギル、空港でびっくりキャッチ「カリスマ 生きてるね~」

f0020564_1361267.jpg
'꼭꼭 숨어라~ 수염 보일라'
「ちゃんと隠れろ~ ひげが見えちゃうよ」

f0020564_13121450.jpg
김남길, 깜짝 공항 등장에 '시선집중'
キム・ナムギル、びっくり空港到着に「視線集中」

f0020564_13133458.jpg
가려도 숨어도 '김남길'
隠しても隠れても「キム・ナムギル」

f0020564_13153896.jpg
김남길, 공항 압도하는 존재감
キム・ナムギル、空港を圧倒する存在感

韓国は寒いのに、相変わらずの薄着ですね。風邪を引かないようにね☆

日本から帰国したと報じられています。日本にいるのではという噂はあったようですね。1,2か月後には、来日の目的が判明するはずです。楽しみに待つとしましょう。
by omasa-beu | 2013-02-10 13:20 | キム・ナムギル(2012.7~2014) | Comments(44)

コメントの入れ方

みなさま、日頃、ご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

パソコンが苦手とか、やったことないとか、いろんな理由から、コメントを入れたくても入れられない方がいらっしゃるようですので、やり方をご説明いたします。

この記事の一番下の行、その一番右に[comments]という欄があります。ここをクリックしていただくと、次のような表示が出ます。

f0020564_16442328.jpg


名前: ここにお名前(ハンドルネーム)を入力

URL: ご自分のブログ等をお持ちの方は、そのアドレスを入れていただけますが、空欄のままで大丈夫です。

その次の欄にコメントをご自由にお書きください。

□ 非公開コメント: 個人情報や管理人以外には読まれたくない場合、□にチェックを入れます。
             
次に、削除用パスワードを入れる欄がありますので、ここには、8文字程度のアルファベットか数字を入れてください。たとえばですが、namgillove、haruichiban、ohanami110など、何でもいいです。書いた後で削除したい場合、このパスワードを入れておかないと、自分では削除できなくなります。万一、入れ忘れた場合、入れたパスワードを忘れた場合、管理人にお知らせくだされば削除することはできます。

最後に送信ボタンを押して(クリックして)完了です。ご自分が書かれたコメントが表示されています。

以上、一度やってみれば簡単ですので、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。お待ち申し上げております☆
by omasa-beu | 2013-02-09 16:57 | 日々のこと | Comments(18)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー