おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:映画 殺人者の記憶法( 1 )

『殺人者の記憶法』原作 読了

f0020564_17142784.jpg


映画を観る前に原作の小説を読んでみたい。しかし、日本語訳が未だ出版されてないので、仕方なく、原作を取り寄せてみたものの、単語力がないので、最初は、辞書を引きながらの読書では遅々として進まず。そこへ、福音というか、ギル友さまが全頁をスキャンしてくださったおかげで、翻訳機を頼りに、ようやく、読み終えることができました。4月下旬に始めてから約4か月余。面白い読書体験でした。

キム・ビョンスという主人公の一人称で語られる小説ですが、この認知症を患う元連続殺人犯の脳の中の世界を旅してきた後に、混沌から平穏に至る不思議な場所にたどり着いたような感覚があります。

主人公はキム・ビョンス。70歳の元獣医。殺人は25年前を最後にやめている。20代の養女、ウニと同居。ある日、ウニが結婚相手として、パク・ジュテという30代の男を家に連れてくる。元連続殺人犯としての直観から、パク・ジュテを最近起こっている連続殺人の犯人と目星をつけたビョンスは、ウニも彼の標的となっていると考え、パク・ジュテ殺害計画を企てる。しかし、終盤、一気に、キム・ビョンスの世界が崩れていくと同時に、読者も翻弄されてしまいます。一体、何が真実か?

映画では、キム・ビョンスをソル・ギョングさん。パク・ジュテをキム・ナムギルさんという配役ですが、小説で描かれているパク・ジュテの外観はナムギルさんとはかなり違うようです。小説の中で彼が出てくるシーンはそんなに多くないので、どのように脚色、映画化されているのか、ますます興味深々。日本での公開が楽しみですが、その前に、まず、韓国で公開していただきませんとね。
by omasa-beu | 2016-09-06 17:15 | 映画 殺人者の記憶法 | Comments(12)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー