おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで( 61 )

ワンデイ上映後の古家正亨さんトークショー@シネマート新宿(追記あり)

ギル友さまから、古家正亨さんの写真を送っていただきました。


f0020564_22121131.jpg
f0020564_22123452.jpg
f0020564_22133991.jpg

<トークは25分ほど。キム・ナムギルさのお茶目な人柄がわかる裏話やガンスやミソ、ソンファの役名に関する話、韓国の結婚式事情等々>で、みなさま、楽しまれたようです。


古家さんはSNSで拡散してくださいとおっしゃったとのことで、写真をアップさせていただきました。他にもトーク内容についてお知らせいただける方は、追記しますので、よろしくお願いいたします。


ツイッターでもトークショー開催レポをツイートしてくださっています。



f0020564_22433432.png
f0020564_22435367.png
f0020564_00595194.png


ツイッターを転載させていただきました。問題なら、削除いたします。



古家さんが超多忙なのは想像がつきますけど、大阪でも実現してほしいです。



[追記]トーク内容について、ギル友さまたちからお聞きしたことを追記いたします。


「今年のファンミの折、トイレで用足し中、ナムギルさんに遭遇し、挨拶。<背中の演技がよかった>と言ったら、<うそばっかり!>と背中を押されてよろけ、危なかった」と古家さんがその時の様子を再現。


古家夫人は韓国の方なので(注: シンガーソングライターのホミンさん)、ガンスと言う名前のイメージを聞いたところ、奥さまにとっては、「強いけれど、少し古くさい感じ」と。名前に「花」がつくのも古い感じ。


共演者のユン・ジェムンさん(保険金詐欺まがいの男)は『パパは娘』でチョン・ソミンさんと共演。

パク・ヒボンさん(ミソの代理人ホジョン)は伝説のアイドルグループ、MILKの元メンバー。


ロケ地について。アクアリウムはCOEXの人気スポット。


韓国の結婚式事情について。古家さんご自身は、日本で2回、韓国で2回、計4回も挙げられたとのこと。





by omasa-beu | 2017-08-04 22:17 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(0)

映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』感想②(ネタバレあり)

昨日はワンデイ鑑賞のために心斎橋へ。京都から大阪へ向かう電車の中から真夏のスカイブルーに浮かぶ大小様々の真っ白な雲を見上げていると、平日に好きな映画を何度となく観に行けるシアワセに感謝の思いが自然と湧き上がってきました。


そんな思いがあったせいかどうか、4回目の鑑賞は、これまでにも増して映画に没入していた気がします。


f0020564_13394726.jpg
シネマート心斎橋のナムギルロード

f0020564_13404490.jpg
デコレートされたガンスうちわ。スタッフさま、ありがとうございます。


雑感①では、私にとってのベストシーンを挙げていますが、実際、この映画には印象に残るシーンが多く、回数を重ねてくると、あれもこれもベストと思えてくるので困ったものです()


この日、私にとってのベストは、ガンスがうっかり持ち帰った小石を返すために夜の病室を訪れ、ミソに語りかけるシーンかも知れません。少し酩酊状態のうえ、ミソの意識がないと思うからこそ、誰にも言えない胸の裡を吐露できたのだと思いますが、キム・ナムギルの背中で見せるひとり語りにすっかり心を持っていかれました。


ミソ(微笑み)はいい名前だね。誰が名付けたんだい。俺の知り合いにソンファ(ソナァ)という名の子がいるんだけど、漢字で書くと「善花」というのがダサいと言ってね。俺はいいと思うんだけど。


この時のガンスの話をミソが聴いていたことは後の二人の会話でわかります。


話はそれますが、母の末期、面と向かっては話にくいことを語りかけたことがあります。今しかないと思えたからです。そのとき、意識がなく眠ったままにしか見えない母の手が微かに反応してくれたような気がしたものです。


ミソの病室でつい寝込んでしまった翌朝、音を立てないようにそっと部屋を出ながら謝罪の言葉を口にするガンスに彼の人柄がよく表れています。


ちなみに、ガンスのスマホに妻の名前が、「착한 (チャッカンッコ)」(善良な花)と登録されているのが、かつての夫婦仲を思わせて微笑ましく感じられます。


ついでに、チーム長の登録名は、「팀장새끼(ティムジャンセッキ)」、(チーム長の野郎)とでも訳せばいいのでしょうか。字幕は、(クソチーム長)でしたか?チーム長はガンスとはそんなに年齢が離れてない設定なのか、もしくは同期なのか、中間管理職としてうるさいのは仕方のないことですが、会話の終わりにガンスに対し、「사랑한다(サランハンダ)」(愛してるよ)で締めるのが二人の関係性を表している気がします。


そして、妻の弟ヨンウは、ガンスのスマホには「처남(チョナム)」(義弟)と登録。冒頭のシーンでも、会社に訪ねて来たヨンウを「チョナム」と呼びかけているように聞こえます。ドラマを観ていても、みんな、家族間の関係性がわかる呼び方をしますもんね。


ワンデイのそういうディテールも面白いです。

この日、1420の回を観ましたが、40名ばかり入っていたと思います。


ワンデイのあと、『あの人に逢えるまで』と『春の夢』を続けて鑑賞。さすがに、昨夜は疲れて早々に眠りにつきました。


by omasa-beu | 2017-08-04 13:42 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(10)

8月は映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』

f0020564_14161151.jpg
f0020564_14164597.jpg

8月のカレンダーのナムギルさんはいたずらっ子のような表情が彼らしいですね。


シネマートのむら氏のツイッターによると、ワンデイは少なくとも4週目まではまだ上映されているので、出来るだけ通いたいです。ロングランになるといいですが、ということは、地元、京都みなみ会館での上映は9月以降でしょうか。


f0020564_14232101.jpg
のむら様のツイッター画像、お借りしました。


by omasa-beu | 2017-08-01 14:29 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(0)

映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』感想①(ネタバレあり)

この週末、シネマート心斎橋にて3回鑑賞。ロビーがガラス張りになっているので、スタンド花にあたるお日様が強烈で、二日間持ってくれるかどうか、心配していましたが、昨夜も素敵に咲いてくれていました。


今朝、シネマート新宿に3日続けて参戦されたギル友さまから届いた写真では、新宿のお花も健在。映画も、日本全国でロングランになるものと期待させられます。


f0020564_13395665.jpg



ナムギルファンである私にとって、キム・ナムギルの姿を追っているだけでも仕合わせを感じさせる映画ですが、そんな感想ではナムギルさんに嫌われそうですから、いつもと同じように、感じたこと、思ったこと、ガンスの台詞(韓国語)、出演者のことなど、だらだらと書き留めていきたいと思います。


妻の葬儀にも出られないほど、その死を受け入れられず、行き場を見失ったように街中をさまようイ・ガンス。勤務先の保険会社に復帰し、クライアントの交通事故の調査のため、その被害者であるタン・ミソを入院先の病院に訪ねます。


深刻そうな始まりにもかかわらず、映画のトーンは軽快で、時折、くすっと笑わせられます。被害者のミソは意識のないままベッドに横たわっているのに、ミソと名乗る明るい女性に出合ったことからガンスの心にも変化が生まれてきます。


チョン・ウフィさん演じるタン・ミソは、この世では、ガンスにしか見えない存在。彼に頼るしかないこともあって、結構、押せ押せでガンスに迫ってきます。それが嫌味に感じられず、初めて出合った両者にもかかわらず、まるで、昔からの知り合いのような雰囲気をかもしだします。


ガンスがミソに対してパンマル(タメグチ)を使っているのは、出合いを考えると自然の成り行きなので、そのあたりも、両者の関係を自然なものに見せているように思われます。


最初、この映画のタイトルは、『マイ エンジェル』と聞いていましたが、映画を観たあとでは、今更に、その意味に納得している自分がいます。


f0020564_13461534.jpg


写真はフォトブックからキャプチャさせていただきましたが、シナリオのタイトルが마이엔젤(マイエンジェル)となっています。


しかし、楽しいだけでは終わらないのが韓国映画。終盤に入ると、客席のあちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。


海辺で向き合うガンスとミソ。いつしか、ミソが亡き妻ソンファの姿に入れ変わり、薄青色に広がる空を背景に二人が浮かび上がるシーンはまさにファンタスティック、いえ、ファンタジック。


ガンスの心に変化が生まれ、亡き妻の仕事部屋で楽しかった二人の時間を思い出す姿は、BGMの効果もあいまって、とても心に残るシーンとなっています


エンディング、ガンスが横たわるミソの手を取るシーンは、今のところ、私にとってのベストシーン。ガンスのミソを見送る表情、ミソの閉じた眼から落ちる涙、二人の魂が確かに通い合ったことに胸を揺さぶられます。


ガンスが最終的に取った行動については賛否両論があることと思います。しかし、亡き妻の真意を知り、ミソの願いを聞き入れたガンスの行動は、私の胸の裡にすとんと落ちたように感じられたのです。


このあたり、イ・ユンギ監督が、ファンタジー映画の手法を取った理由かも知れないと思わせられました。


みなさまは、どんな感想をお持ちになりましたか。


by omasa-beu | 2017-07-31 13:48 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(4)

映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開日のお花

スタンド花の画像をアップするのが遅くなり、申し訳ありません。ギルペンたちの思いが映画のヒットに繋がれば、ほんとに嬉しいことです。

f0020564_01125605.jpg

シネマート心斎橋

f0020564_23572982.jpg
f0020564_00022512.jpg
f0020564_23580267.jpg

シネマート新宿

f0020564_23591733.jpg
f0020564_00002209.jpg
f0020564_00005540.jpg
f0020564_00521676.jpg
f0020564_00011973.jpg

この映画は大切な人の死をどのように受け入れて生きていけばいいのかという普遍的なテーマを扱っていると思うのですが、それをファンタジーとして、明るく、やさしく、そして、悲しく表現されているイメージをお花に託せればいいなと思いました。

ご参加くださった皆さま、改めまして、ありがとうございました。

上記の写真は、スタンド花企画に参加してくださった何名かの方の撮影によるものです。


by omasa-beu | 2017-07-30 00:19 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(14)

祝『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』本日公開!!

7月29日、待ちに待ったキム・ナムギルさんの新作映画の封切りです。

本日公開されるのは、シネマート心斎橋、シネマート新宿、ディノスシネマズ札幌劇場の3館ですが、順次、皆さまの地元でもご覧になれるよう願っています。

皆さまのギル愛がこもったスタンド花は、すでに、心斎橋と新宿の両館に設置されたとの連絡を受けています。

f0020564_21183528.jpg

上記のお名前ボードをスタンド花の下につけています。設置されるのは、7月29日と30日の両日だけですので、お花の画像は、明日、心斎橋から帰宅後、アップさせていただきます。みなさま、ありがとうございます。


~ONE DAY forever in our heart~




by omasa-beu | 2017-07-29 00:00 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(4)

『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』キム・ナムギル インタビュー


限定公開となっています。早めに行ってご覧になってください。考えながら話す表情がかわいい!!


by omasa-beu | 2017-07-27 20:52 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(2)

『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開記念キャンペーン決定!

シネマート心斎橋さまからのお知らせです。(コピペ)


主演キム・ナムギルのサイン入り韓国版マスコミ用プレス(非売品)他豪華関連グッズを、本作をより多くご鑑賞して頂いたお客様を対象にプレゼントさせて頂きます。また、鑑賞回数が多い方のお名前(ペンネーム)を『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』の公式HP上にて発表させて頂きます。是非、この機会にあなたの熱意を届けてください!


詳細はHPにてご確認ください。


熱意だけはあるのですが、心斎橋まで何度も通うのはちょっと難しいです。同じ日に続けて鑑賞するのも座り続けることになるので、膝関節症にはよくないかもです。でも、心斎橋だけでなく、地元公開の折には、ちょくちょく通いたいです。おそらく、ナムギル映画の中では、これまでの鑑賞回数を自己更新するような気がしています。


グッズも次々と発表されるので、あれもこれもほしいのですが、あれもこれもは買えないので、悩ましいところです。


by omasa-beu | 2017-07-26 23:08 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(2)

祝『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開迫る!!

みなさま、暑中お伺い申し上げます。


いよいよ、今週末(29日)となりました。ワクワクしながら大きなスクリーンの中のナムギルさんに会える日をお待ちのことと想像します。


http://www.finefilms.co.jp/oneday/


映画の公開を祝うスタンド花企画は、今回、計65名もの参加者となり、感謝の思いでいっぱいです。すでに、お花の手配等は完了していますので、29日、30日の両日、シネマート心斎橋と新宿の両館でみなさまをお待ちしていることと存じます。


なお、お花代につきましては、参加者全員のご入金を確認させていただきました。みなさま、早々にご対応いただき、ほんとうに有難うございます。お花代の精算は後日ご連絡申し上げます。


ご参考までに、週末の上映時間は次の通りとなっていますが、シネマートHPで再確認なさってくださいね。



シネマート心斎橋

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/schedule/index.html

f0020564_21591156.jpg



シネマート新宿

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/schedule/index.html


f0020564_22001030.jpg
f0020564_22003060.jpg
(タイムテーブルは、HPからキャプチャさせていただきました)




本日、本編一部映像の第二弾が公開されています↓。ページの下の方に動画があります。





by omasa-beu | 2017-07-24 22:05 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(4)

映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』上映直前スペシャルコメント


上映直前とはいえ、ご両人の服装を見ると、3月30日のマスコミ試写会の折に録画されたものですね。動画はyoutubeから共有させていただきます。

シネマート心斎橋での上映時間は22日に発表される模様ですが、遠方から来られるギルペンのみなさまはとくに早くお知りになりたいところだと思います。

ワンデイグッズも、フォトブック、ポスターからマスキングテープまで多種多用。もちろん、パンフレットはあると思いますから、全部ほしいけど、ちょっと考えてしまいます。シネマート新宿では、古家正亨さんのトークショー付き上映まであるんですもの、これはかなりうらやましいですね。

でも、何より、大きなスクリーンでワンデイのナムギルさんに会えるのが最高のお楽しみです。



by omasa-beu | 2017-07-20 20:41 | 映画 ワン・デイ 悲しみが消えるまで | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開中@シネマート心斎橋・新宿ほか


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31