おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:映画 無頼漢 渇いた罪( 61 )

『無頼漢(무뢰한)』韓国版DVD

『花、香る歌』の京都みなみ会館での上映は27日が最終日でした。入場者は20数名。『パイレーツ』の上映時に較べると、京都に限っては、『花、香る歌』に軍配が上がるような気がします。大院君と会えなくなるのは寂しいですが、出かける少し前に、『無頼漢』韓国版DVDが韓国から到着。なんというGood timingでしょうか。大院君の不在をチョン・ジェゴンが再び癒してくれそうです。

とるものもとりあえず、パナソニック(DIGA)のBlu-ray/DVDプレイヤーで再生できるか否かのチェック。問題なし。(追記:ソニーのポータブルDVDプレイヤーでも再生できました。このDVD、もしかしたら、実質、リージョンALLかもですね)
仮に再生できなくても、韓国版DVDはパソコンで観られますが、やはり、テレビの方が観やすいですからね。特典映像をざっと確認。帰宅してからのお楽しみです。

DVDを観る前に、広島平和公園を訪問したオバマ大統領を中継で観ながら、被爆者のみなさんの悲願が叶えられたことを嬉しく思いました。そして、ニュースでは誰も言及していないことですが、大統領に感服したことがあります。ふつう、通訳を介す場合、つい、通訳にも視線を移してしまいがちですが、大統領は、話しかける被爆者の方の顔だけをじっと見つめていたことです。私が被爆者の方の立場なら、一気にオバマさんのファンになったことでしょう。

さて、いよいよ、『無頼漢』との再会です。コメンタリー以外の特典映像は下記のようになっています。本編では観られなかったチョン・ジェゴンがいます。ハードボイルドにこだわったオ・スンウク監督がカットしたのはそのせいかしらとふと思わせられました。

탕생, <무뢰한> 誕生、<無頼漢> 16:28(16分28秒)
 メイキング

잇혀진 현장 忘れられた現場(カットシーン)11:31
음성해설 켜기/끄기 音声解説 入/切
 潜伏
 警察と情報屋
 『怨恨の街に雪が降る』のオマージュ
 チョン・ジェゴンの妻 1
 チョン・ジェゴンの妻 2
 パク・チョンホの存在
 もうひとつのエンディング

스틸 갤러리 スチールギャラリー 3:25

외출 外出 4:44
 ヘギョンとジェゴンのポスター撮影

이런 게 영화다 こういうのが映画だ 2:17
 韓国の映画監督たちの『無頼漢』評
 
Why? 広報用制作記映像 3:53
 『無頼漢』は、なぜ、ハードボイルドメロなのか?
 チョン・ジェゴンは、なぜ、キム・ナムギルなのか?
 キム・ヘギョンは、なぜ、チョン・ドヨンなのか?
 なぜ、われら皆が無頼漢なのか?

포토 예고편 フォト予告編 1:26

예고편 予告編 1:21

本編は韓国語か英語の字幕を選べますが、コメンタリー等にはついていないので断片的にしか理解できないのが残念です。日本版DVDは購入してないんですが、特典映像は同じでしょうか。

by omasa-beu | 2016-05-28 00:34 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(16)

無頼漢の韓国語③

キム・ナムギルさんが次回作に映画『マイ・エンジェル(마이엔젤)』への出演を決定、3月末にクランクインという情報には嬉しくもあり、寂しくもあり。嬉しいのは、次回作が決まったこと。寂しいのは、今度こそ、ドラマを切望していたからです。

イベントまで30歩。歌のお稽古と並行して映画の準備もしなくちゃいけないし、ナムギルさんにとっては多忙な3月になりそうです。

3月2日には、『無頼漢 渇いた罪』日本版DVDが発売されますが、私は、コメンタリーが入っている韓国版をしつこく待っているところです。ほんとうに発売されるのかしら。
f0020564_1819494.jpg


昨年、その『無頼漢 渇いた罪』を何度も観ながら、気にかかっていた韓国語があります。残念ながら、チョン・ジェゴンではなく、キム・ヘギョンの台詞です。急に思い出して確認してみました。

ヘギョンのアパート。床に寝転がっているふたり。

ヘギョン 「3千万要るって!」

ジェゴン 「ジュンギルはその金で何をするって?」

ヘギョン 「몰라요.(モラヨ)」

ジェゴン 「ヘギョンさんはどうするつもり?」

ヘギョン 「모르겠어요.(モルゲッソヨ)」

どちらの韓国語も「知らない」や「わからない」に訳せる言葉なのに、なぜ、異なる表現を使っているのか、ずっと疑問でした。

原形は<모르다.>(モルダ)という動詞が変形した用法で、<몰라요.>が言いきってしまう形に対して、<모르겠어요.>は意思や推量が含まれていること。あるいは、<모르겠어요.>の方が丁寧な言い方でもあるようです。

そういう意味合いを考えながら上の台詞を聞くと、先のモラヨ。は、「ほんとに知らない」であり、後のモルゲッソヨ。は「どうすればいいかわからない」というヘギョンの胸の裡が見えてくる気がします。だからこそ、その後のジェゴンの台詞「그 돈 내가 줄까?」(その金、おれが出そうか)につながるのかなと思います。

聞きのがしてしまいそうな短い台詞ですが、外国映画は字幕だけでは理解できない言葉のニュアンスが大事と改めて感じさせられます。
by omasa-beu | 2016-02-26 18:22 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(4)

無頼漢の韓国語②

つい先ほど入ってきたニュースによると、韓国のパク大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴されていた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に無罪の判決が下りたとのこと。ほっとしました。これが有罪になっていたら、すごく暗い気持ちになったと思います。参照記事。

さて、先日の上映会で初めてお会いしたギルペンさまは、すでにヘギョンのピアスと同じものを持っていらしたので、映画を観て、すぐにスワロフスキーとお分かりになったそうです。この日も着けてらしたので、記念に、写真を撮らせていただきました。次の写真は、言うまでもなく、ヘギョンです。

f0020564_17245727.jpg


ヘギョンが質入れしたピアスを購入するジェゴン。
f0020564_17264625.jpg


이거 계산해 주세요.
イゴ ケサネジュセヨ。
これ お勘定してください。
I’ll take them.(韓国語を直訳すると、Check, please.ですが、この場合、不自然ですね)

映画を何度も観ているうちに、やっと上記のように聴き取れましたが、間違っている場合は、ご指摘くださいませ。

一夜を共にした後、枕元にピアスをそっと置いてゆくジェゴン。

영준 씨, 귀걸이 고마워요.
ヨンジュンッシ、キゴリ コマウォヨ。
ヨンジュンさん、ピアス ありがとう。
Thanks for the earrings, Yongjun.

ジュンギルがジェゴンによって射殺された後、ジェゴンの足元に落ちていた片方のピアス。無残な愛の終焉?!

写真は動画をキャプチャさせていただきました。
by omasa-beu | 2015-12-17 17:31 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(2)

『無頼漢 渇いた罪』雑感⑥(ネタバレあり)<追記あり>

韓国で公開されたばかりの『桃李花歌』ですが、IPTVサービスによる視聴が早や始まるみたいです。IPTVというのは、テレビをネットにつないで好きな作品を観るということらしいですが、それなりの準備が必要ですし、日本で未公開の作品を観られるかどうかはわかりません。何らかの方法で早く観られれば幸いです。


さて、『無頼漢 渇いた罪』のシネマート心斎橋、京都みなみ会館での上映は終了しましたが、12月19日(土)からは大阪十三(じゅうそう)のシアターセブンという小さな劇場での公開が始まります。日程等はこちら


全部で13回ばかり鑑賞し、今思うのは、チョン・ジェゴンという人物をもっと際立たせてほしかったということ。

ジェゴンがジェイ投資会社のミン・ヨンギ常務と初めて出会うシーン。自分の車で挟み撃ちしたままの常務に投げた一瞬の何気ない視線にはっとさせられる。 

キム・ナムギルの魅力のひとつである色気をもっと前面に押し出してもよかったのではないかと思えたシーン。

パク・ジュンギルを逮捕するためにキム・ヘギョンに近づいたジェゴンだが、彼は、むしろ一歩引いた形で彼女を見つめている。それよりも、もっとナップンナムジャ(悪い男)として、ヘギョンに近づいた方が、ファンとしては、ナムギルの魅力をもっと満喫できたような気がしている。

もっとも、ルームミラーに映るジェゴンの眼差し、拳銃に銃を込めながら辺りを見る横顔など、キム・ナムギルの魅力的な表情は随所に観られるが、ヘギョンの前では、それがあまり感じられないのだ。

その点、ヘギョンは正直な女性だ。ジェゴンがギャンブルで大金を手にしたと知ると、彼が口をつけた煙草をもらったり、車のバックシートではなく、助手席にすわったり、女としての武器でジェゴンに接するようになる。

「ヨンジュンさん、わたしと親しくなったとでも思っているの?」

押したり引いたり、ジェゴンを翻弄するヘギョン。

キム・ヘギョンの存在が大きすぎて、ジェゴンの印象が押され気味なのは、無頼漢であっても、男としての魅力をもっと発散するように描かれていなかったせいではないかと監督に文句をつけたくなるが、それは、ファンとしての欲目かも知れない。しかし、井戸端会議のように、あれこれ無頼漢を語り合いながら映画を観る楽しさを感じさせてもらった。

f0020564_16251334.jpg
写真の出処は画像内に記載。

ちなみに、以前、皆さまにお聞きしたお気に入りシーン。大体、次のシーンが多かったようです。順不同。

☆冒頭シーン。
☆ラストシーン。
☆ヘギョンのアパートにムン刑事たちと踏み込むシーンで、ドアフォンを手で塞ぐジェゴン。
☆駐車場。初めて二人で飲んだ後、「あなたの言ってることは嘘ばっかり」とヘギョンに指摘され、苦笑いするシーン。
☆床の上に横になり、ヘギョンがジェゴンの傷跡をなぞるシーン。
☆男たちが雑魚寝する部屋へ向かうシーン。押し入るシーン。
☆ヘギョンがジェゴンを刺した直後の二人のツーショット。
☆湖畔のシーン。
☆チャプチェシーン。
☆ジェゴンがヘギョンにお金を渡す車内のシーン。
☆ジュンギルを撃つジェゴンの横顔。
☆暴行されたソン・ミンジに自分の皮ジャンをかけてやるジェゴン。
☆ミン常務とのシーン。(脅かしたり、小ばかにしたり)
☆ジュンギルとヘギョンの寝込みを襲うシーン。すっぽんぽんのまま立ち上がって服を着ようとするジュンギルと構えるジェゴンの息がぴたっと合った一瞬。

シーンとしてではなく、一つ、面白く感じたのは、ヘギョンの言葉遣い。ジュンギルにもヨンジュンにも丁寧な言い回しをしているヘギョンだが、ジュンギルとのベッドシーンではパンマル。

他にもたくさんあると思いますが、まさに、それぞれの観客にそれぞれの印象を残しているジェゴン。上に記したような希望はそれとして、出ずっぱりのキム・ナムギルを堪能した『無頼漢 渇いた罪』でした。

いつまで続くねん!という雑感ですが、気が向けば、また勝手なことを書かせていただきます。その折その折に頭に浮かんだことを書きつらねた独り言をお読みくださった皆さま、お付き合いをありがとうございます。
by omasa-beu | 2015-12-06 16:28 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(12)

無頼漢の韓国語①

京都の町を歩いていると、何気ない通りにすら、お寺や神社の祠があるのに気づかされます。

この前、二条城の近くを通りかかると、質素な神社にたくさんの人が出入りしているので、つい、つられて参拝。名前は御金神社。「おかねじんじゃ」ではなく、「みかねじんじゃ」と読みます。
f0020564_1971421.jpg

生活の中で用いられる一切の金属類を祀る神さまから始まり、今では、お金や不動産などの資産を護る神さまになっているようです。ということは、宝くじやロトが当たるようにお願いする神さまではなさそうです。老後、せめて、お金に困ることがありませんようにとお願いしてきましたが、すでに持たない者には関係ないのかも知れません(笑)。神さまも信者を選ぶ世の中です。

お金に関連した韓国語は『無頼漢 渇いた罪』でも結構使われていますが、チョン・ジェゴンの台詞の中からピックアップしました。どこで使われていたかは、映画をご覧になった方はおわかりと思います。キム・ヘギョンがパク・ジュンギルから用立ててくれと頼まれた3千万ウォンをイ・ヨンジュンこと、ジェゴンが「その金、おれがあげようか?」と言うこのシーンです。
f0020564_1952494.jpg
映画のワンシーンではなく、スチールですね、これは。

3千万ウォンという大金を作るためには、ジェゴンが今まで大事にしてきた刑事としての本分を曲げることになります。ジュンギルを逮捕するための名目よりは、ヘギョンへの憐憫というか、想いの方が勝っているように感じられます。大体、本気で逮捕する気があるなら、寝込みを襲うとき、仲間の援護を要請するはずでしょう。

그 돈 내가 줄까?
クドン ネガ ジュッカ?
その金、おれが 出そうか?
I can give you that money.

短い台詞ですが、間違っているようでしたら、ご指摘ください。
by omasa-beu | 2015-11-25 19:10 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(2)

『無頼漢 渇いた罪』雑感⑤(ネタバレあり)

11月3日からは京都みなみ会館での公開が始まり、早速、出かけてきました。ジェゴンとは半月ぶりの逢瀬。久方ぶりの恋人に会うがごとく、とてもワクワクするものがありました。

レトロ感漂う京都みなみ会館。
f0020564_15303747.jpg

階段を上がった2階が映画館。踊り場にはギルペンから贈られたお祝いのスタンド花。
f0020564_15321040.jpg

シアターの入り口。
f0020564_15331215.jpg



さて、しつこく、雑感を続けます。感じたままに書いていますので、ご不満の向きはコメントにてお聞かせください。


難しい本でも100回読めば少しはわかるようになると言われたことがある。この『無頼漢』も、観るたびに、ジェゴンやヘギョンの想いに寄り添っていくような気がしている。

初めてヘギョンの部屋に上がり、焼酎を酌み交わすふたり。ジェゴンの身体の傷をひとつひとつ手でなぞるヘギョン。

「傷のことは全部覚えているの?」

「思い出すのもいやだ」と微かに間を置き、拒絶するように応えるジェゴン。

「傷のうえにまた傷。汚い記憶のうえにまた汚い記憶」と涙するヘギョン。

このとき、二人の間には魂のふれあいが感じられた。それが愛であったかどうかはわからない。ジェゴンにはヘギョンに憐憫の情に似たものが芽生えていたと思えるし、「可哀想たあ、惚れったってことよ」と考えれば、それは、やはり、愛だったのかも知れない。

「思い出すのもいや」と厳しい表情で応えたジェゴンの身体に刻まれている幾つもの傷は、刑事としての任務で得たものだけではなかったのではないか。ジェゴンという人間を形成している傷の数々。

このあと、ふたりが結ばれたのは自然な行為に思われるし、説明は難しいが、のちのおしっこシーンにつながるものを感じてしまった。

ところで、『無頼漢』お気に入りシーンは、観るたびに変わるけれど、今回、トップ3を挙げると―

1.ジェゴンがヘギョンに刺された瞬間、ふたりが抱き合っているかのように見えるシーン。
カメラがふたりを引きでとらえる映像。そこに流れる音楽(OST中、湖畔の女人)。何度観ても、心臓がぎゅっとつかまれる。相手の想いを確認すると同時に別れの瞬間。

2.上にあげたシーン。

3.ジェゴンとヘギョンの初対面の日。居酒屋を出た後、ヘギョンから「あなた、ほんとのことは何ひとつ言ってない」と言われ、背を向けて、「鋭いね(字幕はさすがだね)」とニヒルな笑みを浮かべて立ち去るシーン。私にとっては、とても魅力的な笑顔。

もちろん、ラストシーンも捨てがたいし、ジェゴンが男たちの雑魚寝している部屋へ向かうシーンも映像的に音楽も含めて心に残る。最終的に、このトップ3がどう変わるか、もう何度か観てみたいと思う。さて、みなさまのトップ3はどのシーンでしょうか。
by omasa-beu | 2015-11-04 15:40 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(15)

『無頼漢 渇いた罪』“直筆サイン入り韓国版プレス”追加プレゼント

キム・ナムギルさんの公式ファンクラブから更新特典のビニールポーチとメッセージカードが届きました。直筆メッセージは嬉しいけど、写真は、今年のカレンダー撮影時の一枚。せめて、ファンクラブ会員のためだけに近影を撮っていただければ、どんなに仕合わせな一日になったことでしょう。スタッフさん撮影のスナップ写真で十分なんですけどねえ。ほんとに、ファンの想いに際限はないのです。

さて、明日の土曜日、シネマートでは、先週に引き続き、『無頼漢 渇いた罪』の直筆サイン入り韓国版プレスが抽選でプレゼントされます。先週は、われらがギル友のMさまが当選され、皆、わがことのように仕合わせな気分にさせてもらえました。明日、幸運の女神に選ばれるのはどなたでしょうか。私? 明日は外出できない(涙)。シネマートからのツイートです。
f0020564_132365.png
f0020564_132533.png


幸運を祈ります。
행운을 빕니다.
ヘンウヌル ピミダ。
Wish you the best of luck!
by omasa-beu | 2015-10-23 13:14 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(2)

『無頼漢 渇いた罪』雑感④(ネタバレあり)

10月3日の公開日から6回ばかりの心斎橋通い妻で、少し疲れが出て来ています。ギル友たちとの再会や初めてお会いするギルペンさまとの出会いは楽しみですが、さすがに、ちょっとしんどい(笑)。でも、シネマートでの上映はまだまだ続きますし、11月3日から、わが町、京都での公開も始まります。

その公開を祝って、ギル友、ちえんふうさまが“京都みなみ会館さんにお花企画”(←クリック、あるいは、タップしてくださいませ)を立ち上げてくださいまた。ローカルな劇場ですが、「一緒に盛り上げたい。御祝いに一口乗った!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ちえんふうさまのブログ<ナムギルとふなっしーとet cetra>のコメント欄にて参加表明していただけましたら嬉しいです。映画『無頼漢 渇いた罪』のお楽しみはこれからです。


お楽しみはこれからだ。(*)
You ain't heard nothin' yet!
최고의 순간은 아직 오지 않았다.
チェゴエ スンガヌン アジッコジ アナッタ。
最高の 時は まだ 来ていない。

(*)映画『ジョルスン物語』の台詞、「あんたはまだ何も聴いちゃいない」を「お楽しみはこれからだ」と訳した高瀬鎮夫さんによる名訳です。もっとも、この映画は観たことないですが、映画『カサブランカ』のハンフリー・ボガートの台詞 “Here's looking at you, kid.”に「きみの瞳に乾杯!」という洒落た訳をつけたことでも有名です。)


それにしても、昨日リリースされた『桃李花歌』の予告編とポスターにはがっくりこっくりです。どこにいるのよ、興宣大院君さまは?と皆さま、さぞ、お探しになったことでしょう。公開日までお預けということは、さすがにないと信じたいです。


さて、お願いやらグチやら、前置きが長くなりました。『無頼漢 渇いた罪』雑感の続きです。


脳内をチョン・ジェゴンがぐるぐる回っている。一体、彼は、どんな半生を送ってきたのか。なぜ、警察官になり、違法な捜査をする一匹狼の刑事になったのか。

何度か観ているうち、お金についてのジェゴンのこだわりに注意を引かれた。

ジェゴンが元上司に語ったように、彼は、刑事として最も怖いことは「犯罪者との区別がなくなること」と考えている人間だ。恩義ある先輩からの依頼であっても、容疑者に一発くらわせる謝礼としてお金を授受することに逡巡を示している。

捜査のやり方は違法であっても、その一線だけは譲れないと考えているようだ。

タコ部屋で雑魚寝中の男を探しだし、パク・ジュンギルの情報を得た後、男と食事し、支払いを済ませるジェゴン。店を出る際、「コマッスミダ」と食堂の主人に挨拶した男に彼は意外な質問を投げる。

「やー。おまえ、だれに悪いと思ってるんだ? おれか? 店のおやじか?」

お金に細かい上司がたまにおごってくれた時には恩に着せられるかも知れないが、ふつう、そんなことを言うやつはいない。

また、がりがりと音を立てて氷を噛みくだきながらやけ酒を呑んでいるヘギョンに気遣いを見せるジェゴン。元妻からの電話に聞き耳を立てるヘギョン。

「別れた嫁に逢った時はHするの?」

「たまには生活費をわたしてね」と冗談めかし、マジで応えるジェゴン。

離婚理由は説明されていないが、元上司が元妻の銀行口座まで把握していることから推測すると、お金の問題がその理由の一端だったと考えられなくもない。

そのジェゴンが、ヘギョンのために用立てると約束した3000万ウォン(約300万円)。元上司に金の工面のために電話する時の彼の苦しげな表情には胸が痛む。

逮捕するという名目はあるにしても、刑事として大事にしてきた一線を超えてまで理事長の要求に応じる彼の胸の奥にあったものは、ヘギョンを少しでも苦境から救ってやりたいという一事だったような気がする。

すでに5億ウォンの借金を抱えるヘギョンに大金を無心するジュンギルへの怒り。ヘギョンをジュンギルから解放してやりたいという想い。殺害する必要などない相手の胸をねらった銃口は刑事の本分を超えている。もっとも、この行為には、理事長という輩の要求に応じたのではないという彼なりの意地もあったかも知れない。

だからと言って、ヘギョンと生きる道を考えていたとも思えない。

彼の生い立ちにお金というものが大きな影を落としているように思える。子どもの頃、親が友人の保証人になったり、だまされたりしたことで借金を背負わされ、一家散り散りになったかも知れない。自分のような犠牲者が出ないよう、刑事という仕事を選んではみたものの、だからと言って、他人は信じないし、友達なんて要らない。結婚生活も結局は続かなかった。孤独なアウトロー、ジェゴン。

刑事ドラマの観すぎで安っぽい想像をしてしまった。キム・ナムギルは、ジェゴンの半生をどのように設定して演じたのだろうか。ちょっと訊いてみたい。

by omasa-beu | 2015-10-21 11:52 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(6)

『無頼漢 渇いた罪』雑感③(ネタバレあり)

昨日のレディースディ、シネマート心斎橋の午後の回は半分ほどの入りでした。映画館の回し者ではないですが、ロビーが賑わいを見せているのは嬉しいものです。

この2度ばかり、ジェゴン中心に観ました。だからと言って、ジェゴンの心の裡がわかる訳ではありませんが、彼がヘギョンに惹かれた理由の一端、いや、きっかけがわかるような気がしました。


ジェゴンとヘギョンの初対面。彼は上から目線のパンマル(ため口)で彼女に接する。関西の言葉で言うと、最初が大事とばかりに、ちょっとかましてやるという態度。そんなやつに媚びることをしないヘギョン。

居酒屋でひとり呑むヘギョンに近づき、ジュンギルとのいきさつを語るジェゴン。

「うそ!」というヘギョンに思わず「えっ?」と彼らしくない反応を見せるジェゴン。

おそらく、彼は、酒場の女で殺人容疑者の愛人という外面に彼なりの固定観念をもっていたはずだ。だが、ヘギョンは、今まで、事件を通して、あるいは、私生活で、彼が見てきた女達とは違っていたのだろう。

このシーン。ジェゴンがジュンギルから受けたという傷跡を誇示すべく、背広を脱いだ時に現れる半袖姿に、観るたびに違和感を覚えてしまう。私のイメージでは、彼に長袖を着ていてほしいという気がするのだ。どうも、ジェゴンらしくない。もっとも、潜入捜査のためと考えれば、このシャツに納得はできる。

居酒屋から出たふたり。
f0020564_12493969.jpg
写真の出処は画像内に記載。

「今日、初めて会ったけど、あんた、ほんとのことは何ひとつ話してないわね」とヘギョン。

「鋭いですね」と彼女に背を向け、やられたと言わんばかりの笑みを見せながら立ち去るジェゴン。

この時の笑顔がとても魅力的。彼のなかで彼女への敬意が生まれた瞬間。あるいは、無意識のうちに、容疑者の女という以上の関心が芽生えた瞬間のように私には思える。

初対面でパンマルだった彼が、以降は、丁寧に話している。言葉の問題だけではないが、ヘギョンが、専務の部下のミン某などと違い、ジェゴンの奥底にある一握りの真実に心を開いたのは当然と言える。

それだけに、ジェゴンがついた一番大きな嘘は彼女を打ちのめしたはずだが、騙し騙されには眼をつむっても、追い打ちをかけるように言い訳をするジェゴンは許せなかった。

私は、ここに、愛という曖昧な感情は介在させたくないと思ってしまう。なぜかな。

韓国語についてひとつ。

ヘギョンが韓服を身につけて「マカオ」の前の食堂で販促グッズを渡しながら、一番最初に口にする挨拶。

「안녕들하세요.(アンニョンドゥルハセヨ)」となっているのを面白く聴きました。「アンニョン(安寧)」が複数になっていますが、話す相手が複数の場合に使われるようです。私は、この映画で初めて聴きました。

最後に、『無頼漢 渇いた罪』大ヒット記念で上映されたインタビュー映像が公式ファンサイトでも公開されています。ファンクラブ会員でなくてもご覧になれます。こちら
by omasa-beu | 2015-10-15 12:51 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(8)

『無頼漢 渇いた罪』雑感②(ネタバレあり)

シネマート新宿と心斎橋では、本日から3日間、大ヒット御礼の特別映像が本編の前に上映されている。それに釣られて、たった2分の映像のために、明日も、ジェゴンに会いに行く羽目になってしまった。

昨日の午後、『無頼漢 渇いた罪』を心斎橋で3回目の鑑賞。お客の入りは25,6人か。5日(月)午後に観た時は半分ほど。こういうのって、ほんとに水物。

映画の後、京都に戻り、一緒に観た友人と韓国料理店で食事。オ監督とキム・ナムギルは、映画の後、観客がコンビニ弁当を食べたくなってくれるといいねと話していたそうだが、私たちは、もちろん、チャプチェ(笑)。
f0020564_161362.jpg


ヘギョンが作ったチャプチェは、上の写真とは異なり、白くてもっと太かった。いろんな春雨の種類があるのだろう。実際にチョン・ドヨンさんの手作りによるものらしい。ジェゴンはテーブルの上に落としたチャプチェもちゃんと食べる。かつて、『頑張れ!クムスン』でも、クムスンとチョンワン両家の顔合わせの席で、やはり、お箸からこぼれ落ちた食べ物をそのままにしないで食べていたナムギル。

チャプチェを二口ほど口にしただけで出て行くジェゴン。気持ちを揺さぶられ、噴き上げてくる想いを呑みこむかのように、一度にたくさんのチャプチェを口に入れるヘギョン。

友人によると、『無頼漢』は「語らせる映画」。そして、「無頼漢」はヘギョンではないかと。ジェゴンを刺すことですべてを断ち切ったから。

ジョンギルが殺された後、ヘギョンは借金返済のため、麻薬常習者の世話をさせられている。この間、ジェゴンを刑事と知ったとはいえ、だまされたという感情しか残ってなかったとは思えない。ジョンギルを撃ち殺した行為の裏に、自身への愛を感じる瞬間はなかったのだろうか。そこに、一縷の救いはなかったのか。

だからこそ、「裏切ったわけじゃない」とダメ押しするジェゴンを刺す行動に出た。彼女にとって、ジェゴンは、最後まで、イ・ヨンジュンだったのだ。

主役以外の俳優さんでは、ジェゴンの上司、ムン刑事役、クァク・ドウォンさんの台詞の間が好き。ジェゴンとのやりとり、ホテルでヘギョンから訊かれ、「刑事」と答えるタイミングが最高。

友人はギルペンではないですが、無頼漢トーク、すごく面白かったです。明日は字幕にたよらず、ジェゴン、いえ、キム・ナムギルだけを見つめてきます。
by omasa-beu | 2015-10-10 16:18 | 映画 無頼漢 渇いた罪 | Comments(16)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー