おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2014 KNG Stage( 31 )

キム・ナムギル スペシャルステージ 特別映像上映会(記録)

f0020564_0474677.jpg
シネマート心斎橋のディスプレイ

昨年のSpecial Stage Osakaの昼と夜の公演を編集した映像の上映会がファンクラブのクリスマスイベントとして企画されました。

昨年のイベントは昼夜ともに参加しましたが、昼は2階席だったので、よく見えなかったコーナーをアップで見られて感激。歌うナムギル、喋るナムギル、おそらく、上映時間の90%は彼の顔のアップという、ファンにとっては、垂涎の上映会でした。

最初に、本上映会に寄せるナムギルさんのメッセージがありました。ジャケットの下は白シャツに丸首セーターという学者風な装い。ジャケットもセーターも紺黒系だったと思いますが、すでに記憶の彼方なので、ちょっと違うかも知れません。

季節の挨拶に始まり、口先だけでなく、皆さんに楽しんでもらえるイベントを考えているという意味のメッセージ。

本公演同様、サンドアートで始まりましたが、このコーナーはもう少し端折ってもらってもよかった。そして、Way Back to the Road からの朗読。MCのYumiさん、通訳の根本理恵さんとのトークコーナーは、ナムギルさん誕生の写真から開始。

小学生の時のテコンドーの写真から実演してくれたコーナーが入っていて最高でした。パンツがぴちぴちらしく、破れてもいいやとウォームアップしながら後ろ向きで長い脚を蹴り上げてくれました。昨年、昼公演では2階席だったので、この辺がよく見えなかったのです。

Gilveotで募集したアンケート結果の発表コーナーやGilstoryの活動についてなど。

ナムギルさんは、可愛くて、セクシー。時にクールな魅力を全開。彼が笑うと私も笑うという仕合わせな2時間。この魅力を『無頼漢』でも引き出してほしかった。オ・スンウク監督、次にナムギルさん主演作のシナリオをお書きになるときは、そこんとこ、よろしくお願いいたします。

歌は、昼夜公演それぞれから4曲ずつ。それから、アンコール曲。フルでない歌も。曲名は覚えていますが、シネマート新宿での上映が今週末なので、その後に書く加える予定。(追記しました)

<昼公演から>
I love you.
Roman(途中まで)
待ちながら(기다리다)
時々ひとりで泣いてます(가끔은 혼자 웁니다)
<夜公演から>
きみが好きだ(난 너를 사랑해)
きみは知らない(너는 모른다)
愛してはだめなの(사랑하면 안되니)
1994年ある遅い夜(1994년 어느 늦은 밤)
<アンコール>服装からすると昼公演から。
言葉にできない

Frauさま、Gilveotさま、ナムギルさま、関係者皆々さま、神さま、仏さま
どうかどうか、この映像をDVD化してください。それこそ、クリスマスプレゼントですよ。


14、15日ともに、上映会の前後にご一緒してくださったギル友の皆さま、楽しい時間をありがとうございました。シネマート心斎橋のロビーは、あたかも、来年3月のイベントの前哨戦のごとく、でした。

f0020564_181239.jpg
上映会についてきたギル友さまちのギルちゃんずたち。

(追記)ギルちゃんずに関連し、10月に来阪されたギル友さまちのナムギルズはこちらです。
http://ameblo.jp/omasa-beu/entry-12086361283.html
by omasa-beu | 2015-12-20 16:08 | 2014 KNG Stage | Comments(10)

「キダリダ(待つ)」

キム・ナムギルが昨年のヨコハマ・オオサカ公演でささやくように歌ってくれた曲「キダリダ(기다리다)」は、今、ご当人の登場を待つわれらギルペンの心情にも似ています。

この曲、ググってみると、Panic(패닉)というグループが1995年に発表した第一集アルバム『かたつむり』に収録されています。作詞作曲は、メンバーのイ・ジョク(이적)さん。ナムギルさんは、80年~90年代の曲が好きとおっしゃっていましたもんね。

ドラマ『ドリームハイ』の劇中でも歌われている映像がYoutubeにありました。歌っているのは、キム・スヒョンくんとスジさん。ドラマは楽しみに観ていたのに、シーンはなんとなく覚えていても、歌については全然記憶に残っていません。今聴くと、二人のハーモニーが素敵です。こちらでどうぞ。

次の歌詞は、上記の映像内で歌われているパートのみです。

널 기다리다
ノル キダリダ
きみを 待って

혼자 생각했어
ホンジャ セッガッケッソ
ひとり 思った

떠나간 넌 지금
トナガン ノン チグム
立ち去った きみは いま

너무 아파
ノム アッパ
あまりに 苦しくて

다시 내게로 돌아올
タシ ネゲロ トラオル
再び ぼくの元へ 戻ってくる
 
길 위에 울고 있다고
キル ウエ ウルゴ イッタゴ
道の 上で 泣いていると

널 바라보다
ノル パラボダ
きみを ながめて

문득 생각했어
ムンドゥク センガケッソ
ふと 思った

어느날 하늘이
オヌナル ハヌリ
ある日 空が

밝아지면
パルカジミョン
明るくなると

마치 떠났던 날처럼
マチ トナットン ナルチョロム
まるで 去って行った 日のように

가만히
カマニ
そっと

너는 내게 오겠지
ノヌン ネゲ オゲッチ
きみは ぼくの元に 来るだろう

내 앞에 있는 너
ネ アッペ インヌン ノ
ぼくの 前に いる きみ

니가 다시 나를
ニガ タシ ナルル
きみが 再び ぼくを

볼 순 없을까
ボル スノプスルッカ
見ることは ないだろうか

너의 두 눈속에
ノエ トゥ ヌンソゲ
きみの ふたつの 眼のなかに

나는 없고
ナヌノプコ
ぼくは いなくて

익숙해진 손짓과
イッソゲジン ソンジッグァ
なじんだ 手つきと

앙금같은 미소만
アンクムガットゥン ミソマン
ざんしのような 微笑みだけが

희미하게 남아서
フィミハゲ ナマソ
かすかに 残り

나를 울게 하지만
ナルル ウルゲ ハジマン
ぼくを 泣かせるだけ

너는 다시 내게
ノヌン タシ ネゲ
きみは 再び ぼくの元に

돌아올거야
トラオルコヤ
帰ってくるだろう

너의 맘이 다시
ノエ マミ タシ
きみの 心が 再び

날 부르면
ナル プルミョン
ぼくを 呼べば

주저말고 돌아와
ジュジョマルゴ トラワ
ためらわずに 戻っておいで

니 눈앞의 내 안으로
ニ ヌナッペ ネ アヌゥロ
きみの 目の前の ぼくの なかへ

(예전처럼)
(イェジョンチョロム)
(昔のように)

널 안아줄테니
ノル アナジュルッテニ
きみを 抱いてあげるから

以上、日本語訳の間違いはご容赦くださいませ。

最後に、<Gil Story 2月の贈りもの>からナムギルさんのおいっこ(笑)、ハルくんです。撮影者の名前も入っていないし、ナムギルさん本人に確認が取れてないのかなといろいろと想像しています。
f0020564_1542194.jpg

by omasa-beu | 2015-02-04 15:43 | 2014 KNG Stage | Comments(6)

イ・ウンミ「悲しい縁」

3月25日ヨコハマ、Special Stage - The Show での一曲、「悲しい縁(슬픈 인연)」は、ナムギルさんが紹介してくれたように、元歌は橋幸夫さんの「絆」。わざわざ、ファンのみなさんの年代に合わせて選曲した(苦笑)と前置きして歌ってくれた曲です。公演では、聞き流していましたが(本人を眼の前にすると、胸がいっぱいになるので)、聴けば聴くほど、昔の恋を思い出したり、胸がちょっと痛くなったりする、今の季節にぴったりの曲です。会報第3号にカラオケの18番と書いていた「ノクターン」と合わせ、イ・ウンミ(이은미)さんのアルバムで聴いています。ウンミさんの歌には聴く者を引き込むパワーと情感がありますが、ギルペンとしては、ナムギルさんの歌で聴きたい、そんな、素晴らしい曲です。ヨコハマとオオサカ公演のDVDあるいはCDをしつこく切望しています。

슬픈 인연
スルプン イニョン
悲しい縁

작(作)-Uzaki(宇崎竜童) 사(詩)-박건호(パク・ゴノ) 

멀어져 가는 저 뒷모습을 바라보면서
モロジョ カヌン チョ ティモスブル パラボミョンソ
遠ざかって 行く その 後ろ姿を 眺めながら

난 아직도 이 순간을 이별이라 하지 않겠네
ナン アジクト イ スンガヌル イビョリラ ハジ アンケンネ
ぼくは 今でも この 瞬間を 別れとは 考えて ないよ

달콤했었지 그 수많았던 추억속에서
タルコムヘッソッチ ク スマナットン チュオクソゲソ
甘かったよね あの 数えきれない 思い出のなかの

흠뻑 젖은 두 마음을 우린 어떻게 잊을까
フムベック チョジュン トゥ マウムル ウリノットッケ イズルカ
びしょ濡れの ふたつの 心を ぼくらは なんで 忘れられるだろう

아 다시 올거야 너는 외로움을 견딜 수 없어
アー タシ オルコヤ ノヌン ウェロウムル キョンディル ス オプソ
ああ 戻って 来るだろうか きみは 寂しさに 堪えられなくて

아 나의 곁으로 다시 돌아 올거야
アー ナエ ギョトゥロ タシ トラ オルコヤ
ああ ぼくの そばに また 帰って 来るだろうか

그러나 그 시절에 너를 또 만나서 사랑할 수 있을까
クロナ ク シチョレ ノル ット マンナソ サランハル ス イッスルカ
しかし その 時代 きみに また 会えて 愛することが できるだろうか

흐르는 그 세월에 너는 또 얼마나 많은 눈물을 흘리려나
フルヌン ク セウォレ ノヌン ット オルマナ マヌン ヌンムルル フルリリョナ
流れる その 年月 きみは また どれだけ 多くの 涙を 流すのだろう

달콤했었지 그 수많았던 추억속에서
タルコムヘッソッチ ク スマナットン チュオクソゲソ
甘かったよね あの 数いきれない 思い出のなかの

흠뻑 젖은 우리 두 마음을 우린 어떻게 잊을까
フムベック チョジュン ウリ トゥ マウムル ウリノットッケ イズルカ
びしょ濡れの ふたつの 心を ぼくらは どうして 忘れられるだろう

아 다시 올거야 너는 외로움을 견딜 수 없어
アー タシ オルコヤ ノヌン ウェロウムル キョンディル ス オプソ
ああ 戻って 来るだろうか きみは 寂しさに 堪えられなくて

아 나의 곁으로 다시 다시 돌아 돌아 올거야
アー ナエ ギョトゥロ タシ タシ トラ トラ オルコヤ
ああ ぼくの そばに 再び また 帰って 帰って 来るのか

그러나 그 시절에 너를 또 만나서 사랑할 수 있을까
クロナ ク シチョレ ノル ット マンナソ サランハル ス イッスルカ
しかし その 時代 きみに また 会えて 愛することが できるだろうか

흐르는 그 세월에 너는 또 얼마나 많은 눈물을 흘리려나
フルヌン ク セウォレ ノヌン ット オルマナ マヌン ヌンムルル フルリリョナ
流れる その 年月 きみは また どれだけ 多くの 涙を 流すだろう

그러나 그 시절에 너를 또 만나서 사랑할 수 사랑할 수 있을까
クロナ ク シチョレ ノル ット マンナソ サランハル ス サランハル ス イッスルカ
しかし その 時代 きみに また 会って 愛することが 愛することが できるだろうか

흐르는 그 세월에 너는 또 얼마나 많은 눈물을 흘리려나
フルヌン ク セウォレ ノヌン ット オルマナ マヌン ヌンムルル フルリリョナ
流れる その 年月 きみは また どれだけ 多くの 涙を 流すのだろう

日本語訳の間違いはご容赦くださいませ。

イ・ウンミさんが歌うYouTube「悲しい縁」を共有させていただきます。問題があるようでしたら、ご指摘ください。削除いたします。

by omasa-beu | 2014-11-01 12:58 | 2014 KNG Stage | Comments(10)

キム・ナムギル Special Stage Memorial Photobook

2014年5月24日、NHKホール大阪で行われた昼と夜の二公演が凝縮されたフォトブックとDVDです。フォトブックの写真は、リラックスした自然体のキム・ナムギルがたくさん切り取られているので、表紙を入れて28ページという薄さにもかかわらず、満足度は大きいです。

そして、待ちに待ったDVD。フォトブックの特典なので15分という物足りなさはさておき、二冊目写真集『Way Back to the Road』の中から抜粋しての朗読からスタートです。ナムギルさんが公益期間を終え、俳優キム・ナムギルに戻るまでの心の軌跡とも言えるものです。

いつか 彼は 来た道を 恋しく思うだろう。

写真集では、「彼は」ではなく、「ぼくは(난)」となっています。ぼくではなく、彼のこととして、客観的に振り返っているのは、「ぼく」が迷いの時を乗り越えたということでしょうか。

だからと言って、道の上に 留まるわけにいかないことは わかっている。
さあ また 新しい道に向かって 進む時間だ。


彼の日記が私の心を揺さぶるのは、ここに書かれているのが、俳優キム・ナムギルに特有な悩みではなく、自分自身にも振り返って考えさせられる普遍的な意味合いを持っているからです。「最上のものは、過去ではなく、将来にある」と語ったNHK『花子とアン』のブラックバーン校長の言葉のように。

何かを ひたすら得ようとするのではなく 要らないものを 思い切って捨ててしまう。
本当に ほしいものが 聞こえてくる 見えてくる。


そして、たどり着いたのは、

演技がしたい。演技で 世の中の人々と 分かちあいたい。

現在、韓国で公開中の映画『海賊:海へ行った山賊』の大ヒットは、ナムギルさんの演技が多くの国民に受け入れられたことを示すものです。今後、俳優としての人生を歩むうえで大きな自信になったことと信じたいです。

DVDでは、プロローグで「愛してはいけない」の前奏、そして、日本の歌が4曲、ピックアップされています。「I love you.」(韓国語バージョン)、「言葉に出来ない」、「Roman」「Forever」。さわりだけだったり、フルバージョンではないですが、トークの場面も歌の続きをBGMで流してくれるという編集が効いています。

メッセージボードに書かれた「Oppa」という文字を見ながら、「오빠? 누구야? <オッパ?(これ)誰や?」とタメグチでつぶやくナムギルさんが好き。2013年1月の1stツアーの頃から時を経て、日本のギルペンに親近感を持ってくれているのがわかります。

「言葉に出来ない」(昼公演)では、余裕の表情とは裏腹に、ほんとうに緊張しているのか、「장난이 아니다.(冗談ちゃうで。→ ほんまやから。)と笑いながら両手をほぐす仕草。しかし、すっと歌の世界に引き入れてくれるのはさすがです。

夜公演では、前から3列目にすわっていながら見逃がしたパンツの色もばっちりと確認。ギルトモ、Hさまのナムギル人形の出番もありという、たった15分ながら、充実した内容です。

一番好きなシーンは、最後、集合写真の撮影からパッと切り替わり、夜公演で白シャツをズボンの外に出して歌う「Forever」です。あの日の感動と興奮、そして、ちょっぴり寂しさが蘇ってきます。

公演のハイライトが上手く編集されたDVDですが、やはり、短すぎます。昼夜合わせ、5時間以上の公演をたった15分に収めるのは、眠っていた子供を起こすようなもの。挑戦的だった歌の数々を聞かせてくれた今年3月のヨコハマ公演も含め、DVDの発売を心から希望するものです。

演技がしたい。演技で 世の中の人々と 分かちあいたい。
연기를 하고 싶다. 연기를 세상 사람들과 함께 나누고 싶다.
ヨンギルル ハゴシプタ。ヨンギルル セサン サラムドゥルグゥア ハムケ ナヌゴシプタ。
I want to act. With my performance I want to share my life with people from all over the world.

ヨコハマとオオサカ公演のDVD発売を期待しています。
I expect the live DVD of Yokohama and Osaka stages will be released.
요코하마와 오사카 공연 DVD 발매를 기대하고 있습니다.
ヨコハマウァ オサカ コンヨン ディヴィディ パルメルル キデハゴ イッスミダ。
by omasa-beu | 2014-09-05 15:00 | 2014 KNG Stage | Comments(22)

オオサカ公演 Memorial Photobook 発売

f0020564_12471570.jpg


28頁の小冊子なので、ヨコハマ公演Photobook の半分ほどの内容です。今回は、特典として、DVDがついているようです。ということは、全公演をカバーしたDVDは発売されないということでしょうか。

めでたさも 中くらいなり おらが春 (一茶)

ともかく、早速、Koari.net から申し込んできました(笑)

同時に、映画『「海賊:海に行った山賊』の公開が8月6日に決定したというニュースもあがっています。ナムギルさんもほっとしていることでしょう。
by omasa-beu | 2014-06-18 12:57 | 2014 KNG Stage | Comments(28)

イ・ウンミ「ノクターン」

キム・ナムギルさんが、会報に、「カラオケの18番」と答えていたイ・ウンミさんの「ノクターン」を興味深く聴いてみました。

胸が締め付けられるメロディと歌詞。情景が浮かんできます。
1st Japan Tour のアンコール曲「別れていく途中です」もウンミさんのヒット曲でした。彼女の歌が好きなのかな、ウリナムギル。次の公演で歌ってくれたら嬉しいです。泣いてしまうかも。
f0020564_20364114.jpg

녹턴(Nocturn)

작곡 윤일상      
작사 이은미, 최선영

作曲 ユン・イルサン
作詞 イ・ウンミ、チェ・ソニョン

그 동안 잘 지냈나요 먼저와 기다렸어요
꼭 다문 그대 입술이 왠지 오늘 더 슬퍼 보여
その後 元気だったかい 先に来て 待っていたよ
固く結んだ きみの唇が なぜか 今日は さらに悲しげだ

무슨 일 있었나 봐요 초조해 숨이 막혀요
떨리는 그대 눈빛에 자꾸 눈물이 흘러 내려요
何か あったようだね いらだって 息が詰まってる
震える きみの眼から しきりに 涙が 流れ落ちる
 
이미 나는 알고 있어요 어떤 말을 하려 하는지
もう ぼくは わかっているさ どんな言葉を 言おうとしているのか

미안해하지 말아요 그대가 잘못한 게 아녜요
사랑 하나로 그 모든 비난을 이길 순 없겠죠 안 되겠죠
ごめんなんて言うなよ きみは 間違っていないから
愛ひとつで その非難すべてに 打ち勝つことはできない そうだろ

꿈은 여기까지죠 그 동안 행복했어요
꽃잎이 흩날리네요 헤어지기엔 아름답죠 그렇죠
夢は ここまでだね これまで 仕合わせだったよ
花びらが 舞い散っている 別れには きれいだね そうだろ

이미 나는 알고 있어요 어떤 말을 하려 하는지
もう ぼくは わかっているさ どんな言葉を 言おうとしているのか

미안해하지 말아요 그대가 잘못한 게 아녜요
사랑 하나로 그 모든 비난을 이길 순 없겠죠 안 되겠죠
ごめんなんて言うなよ きみは 間違っていないから
愛ひとつで その非難すべてに 打ち勝つことはできない そうだろ

괜찮아 울지 말아요 우리가 잘못한 게 아녜요
대답 해봐요 그럴 자격이 없는 사람들의 말 따윈 믿지 마요
大丈夫 泣くんじゃないよ ぼくたちが 間違っていたのじゃないさ
返事をしてよ そんな 資格のない 人たちの 言葉なんか 信じないで

꿈은 오늘까지죠 운명에 우릴 맡겨요
꽃잎이 흩날리네요 내 사랑 그대 이제 나를 떠나가요
夢は 今日までだね 運命に ぼくたちを 委ねよう
花びらが 舞い散っている ぼくの愛するきみ もう ぼくから 去って行くんだね

日本語訳の間違いはご容赦ください。

ウンミさんの歌は、こちらで聴けます。

녹턴
ノットン
Nocturne
夜想曲
by omasa-beu | 2014-06-10 20:27 | 2014 KNG Stage | Comments(21)

Kim Nam Gil Special Stage 雑感 ⑥ おわり

影のようにナムギルさんに付き添ってこられたキム・ミンソクさんがフェイスブックを更新。

남길사마 팬미팅 대성공!!
노래 너무 늘었어~
하산하시죠..ㅎ

ナムギルさま ファンミーティング 大成功!!
歌が とても 上達したね~
もう、学ぶべきものはないですね(*)..ふふ

(*)ネット検索してみたところ、直訳は、「山から降りましょう」ですが、寺のあった山から降りましょう。つまり、もう、寺で十分学びましたという意味かと思われます。ミンソク先生のジョークですね。

昨年1月の1st Japan tour DVDは毎日のように聴いていますが、今年、ヨコハマ、オオサカで聴かせてもらった歌の数々は、音痴の私が聴いても、その上達ぶりを感じました。でも、歩みをとめることなく、歌についても精進を続けるでしょう、ウリナムギルは!!

また、この日のMCを務められたYumiさんは、ツイッターで次のようにつぶやいています。

昨日のキム・ナムギルさん大阪ファンミ…盛り上がりましたー。皆様熱かったです。ナムギルさん、クルクル伸び伸びと色々な表情を見せてくれました。私も久々に大阪に帰ってMCすると伸び伸びつっこめるねん。

公演が成功するのは、主役のナムギルさんだけでなく、スタッフや共演者、主催者などのチームワークがあってこそですが、なかでも、今回の大阪が成功裡に終わった影の功労者がMCのYumi(李由美)さんと通訳の根本理恵さんであることに異論はないと思われます。

会場の空気を読み、当意即妙な対応ができるYumiさんとナムギルさんの言葉をもらさずに言葉のニュアンスも含めて伝えてくれる根本さんの通訳のおかげで、ナムギルさんが余計な気遣いを済んだことが何よりでした。

昼の部では、めずらしく、韓国からのファンに呼びかけていました。たしか、昨年1月のツアー以来のことです。「나가(ナガ)」とパンマル(ためぐち)で言ったように聞こえました。「出て行きなよ。ここは日本人のファンミだよ」なんて、とてもきつい言葉のように聞こえますが、それだけに、韓国のファンとの絆や信頼が感じられるものでした。

集合写真の撮影で客席に降り、子供の傍を通ると声をかけずにはいられないようです。自分のことを指す「サムチュン(おじちゃん)」にいつも温かい響きを感じます。日本のファンに対するナムギルさんの思いが、単なる外国人ファンというだけではなく、今や、いつも見守っている家族になっているようです。

夜の部では、Gil Storyに関連し、その活動に対する思いを、普段の早口ではなく、かみしめるように語るナムギルさんが印象的でした。

みなさんは、ぼくの演じたキャラクターや作品が好きでここに来てくださってると思う。いや、ぼくのことも好いてるんだろうけど。。。俳優はそこを勘違いしがちなんだ。

『頑張れ!クムスン』で人気が出たのに忘れられ、その後、『恋人』で注目されたのに忘れられた(テレビバラエティ「膝うち道士」で話していたと記憶していますが)過去の経験からか、スターになった今も自分自身を俯瞰できる眼や周囲のおかげという感謝の念を持っているのが感じられます。

国の違い、国境に関係なく、こころは通じると思うし、ぼくひとりではできない活動を助けていただくみなさんにお返しできるのは、ボランティアではなく、演技だと思う。

演技をしないでボランティアに打ち込むナムギルさんには、私も興味はないです。なにより、俳優キム・ナムギルが好きですから。もちろん、公演で歌い喋るナムギルさんは大好き。

ナムギルさんのお出迎えとお見送りに行かれたギルペンさまたちによると、従来と違い、とてもにこやかなナムギルさんに出会えたようです。

ご本人によると、日本の航空会社に勤めるいとこから、「オッパ、ファンのみなさんが待ってるよ」と聞いたので、普段は、こういう感じで(おすましで歩くポーズ)出てくるんだけど、知ってたから、こんなになっちゃったよとエヘラエヘラのポーズ。

いつもいつも同じことを書いているので、皆様からの突っ込みがありそうですが、やっぱ好きやと再再再~認識した大阪公演でした。今が一番好き!

ナムギルさん、映画のクランクイン前の準備で忙しい時期にオオサカへ来てくださってありがとう! これで公演のDVDが出れば、しばらくは、それを頼りに生きてゆけます。

2014年5月24日、NHK大阪ホールにて。

PS. Koari さんのサイトで公演後のナムギルさんの映像が公開されています。会員限定。ポイントが必要です。

PS2. ミンソク先生、Yumi さんの投稿は、ともに、無断でコピペさせていただきました。ご了承ください。
by omasa-beu | 2014-05-28 14:53 | 2014 KNG Stage | Comments(18)

Kim Nam Gil Special Stage 雑感 ⑤ 

昼の部と夜の部の違いは、選曲と昼のアンケート結果の代わりに、夜は質問コーナーが設けられていたことです。それから、とても大事なことが抜け落ちていました。

昼の部では、冒頭、素敵な朗読をしてくれました。自作の詩でしょうか。何度も書いているように、2階からでは、スクリーンの字幕が読みにくくて、内容が心に残っていないのです。公演にくるたび、韓国語の勉強しなくちゃと思う、ああ、口だけ女の性です。

スタートは昼と同じ。サンドアートパフォーマンスでKim Nam Gil Special Stageに誘われます。

夜は舞台中央奥からの登場だったと思います。衣装は、黒のスーツ。ジャケットの襟は、タキシード風。百聞は一見にしかず。Seeing is believing. 韓国語では、백문이 불여일견(ペンムニ プリョイルギョン)と言うようです。次のKoariさまの写真をご覧くださいませ。

f0020564_1484211.jpg


最初の曲。「난 너를 사랑해(ぼくは きみが 好きだ)」。

早速、MCのYumiさんと通訳の根本さんを呼び入れます。

そして、Yumiさんの進行で、ヒューマンKim Nam GilとアクターKim Nam Gilの世界を展開。

Yumiさんからの質問。家族ネタが続きました。

お母さまは、ナムギルさんがお腹にいるときに夢をご覧になったという話はなかったですか? つまり、태몽(テムン)というもので、夢の内容で、生まれてくる子の将来を占うというもの。

ナムギルさんの返答は覚えてないので、とくになかったように思います。

両親が、よくケンカをするということはなかったけれど、たまにそういう時、オンマ、なんで結婚したんだと訊くと、(アボジは)昔はこうじゃなかったという返事。また、オンマは、アボジの後ろ姿に惚れて結婚したと聞いた。

写真集「Into the Wild」には、後ろ姿という日記があります。父子で、後ろ姿が自慢だったりして!

また、大阪には日本の航空会社(アルファベット最初の文字がつく会社)に勤める妹がいると話していました。高校の頃から日本に留学していて、この夜も会場に来ていると。ファンは、彼に妹はいないことは知っていますが、韓国の方は、いとこでも妹や弟と呼びますから、さすがの根本さんも通訳しにくそうでした。

根本さんはナムギルさんの上手側で通訳してられましたが、通訳中なのに構おうとするナムギルさん。一度は、ストロー入りの水のペットボトルを呑んでと言わんばかりに差し出していました。一瞬、たじろいだ感の根本さん。ナムギルさんが自分の呑んでるペットを出してると思ったのは私だけではなかったようです。結局、新しいペットのお水でしたが、まさかの間接キスか!と思わせるナップンナムジャ。もちろん、彼の気遣いなんですが、通訳中も静かに待ってられず、メモをのぞいたり、何か言いたげに根本さんの二の腕をさわったり(笑)。長男のくせに、落ち着きがない。映画『後悔なんてしない』の舞台挨拶で初来日の時も同じでした(映画のDVDより)。変わらない男。

映画『海賊』の写真は、昼は、ネットなどで見たものばかりでしたが、夜は、お初の写真を何枚か見せてくれました。いよいよかと期待がふくらみます。ギル友さまによると、写真を替えたのは、ナムギルさんからファンへの心配りではないかと。そういう人なんです。

退場前に歌うは、「Roman」。

退場。その間、スクリーンでは、昼の部と同じサンドアートの世界に「今、愛していますか」の語りと歌。

再登場。衣装は、格子柄というのか、ブラウン系統のジャケットに襟は紺色っぽかった。白シャツに黒パンツ。再度、Koariさまからお借りしました。

f0020564_14132147.jpg


曲は、ドラマ『野王』OSTに入っている「너는 모른다(きみは知らない)」。バンドのアレンジ。ナムギルさんは独特の間で歌います。
続いて、やはり、バンドのアレンジによる「사랑하면 안되니(愛してはいけないの)」。
歌い終わり、オリジナルよりいいやと喜んでいました。

そして、昨年1月の1st Japan tourでも歌った曲、「1994년 어느 늦은 밤(1994年ある遅い夜)

ここで、昼にはなかった質問コーナーです。真ん中のテーブルの上に大きなカメラが置かれています。ナムギルさんが自ら、客席を映し出しながら、質問者を選びます。そのなかに「민석(ミンソク)」と書かれたボードを持っている人を発見。即、舞台袖に引っ込むポーズ。すぐに拗ねるナムギルさんなのです。

舞台中央に戻り、カメラを再び客席に向けます。最初に指名されたのは、1階中央におられたカップルらしき男女。男性がマイクを持ち、質問に立ちます。

「今夜は、どこで食べますか?」

逆にナムギルさんからどこがいいか聞かれて、一緒に行きましょうと。お二人ともがファンとおっしゃっていました。

続いて、1階後方で赤い布を振っている方を指名。当ブログにもご訪問くださっている方で、公演前にお会いしたのに、その時はわかりませんでした。スタッフからマイクを渡されて質問。

「ナムギルさんのパンツの色を教えてください」(爆笑)

ズボンの中のパンツの色を確かめるナムギルさんです。Yumiさんは過激にならないよう抑えようとしてられました。ナムギルさん、後ろ向きでこそこそしてると思ったら、一瞬だけパンツを引っ張り出して見せてくれました。あとで、他の方に聞くと、紺色だったようです。

韓国の男性は、パンツのことをパンティと呼びますね。『赤と黒』でも、監督の部屋をゴヌクの家と間違って掃除、洗濯したジェインをゴヌクがからかうシーンがあります。

「なんで、他人のパンティに触ってるんだい?」

また、監督へのゴヌクの台詞として、

「(掃除をした彼女は)監督のパンティが好きだったみたいだよ」

ぼくが痩せてるので、ファンの方は、パンツも小さいサイズをプレゼントしてくれるけど、実は、<思ったより大きい>んですよ。

ここで大爆笑。うろたえるナムギルさん。

なに~、お尻だよ。엉덩이(オンドンイ)、お尻という単語を何度も口にします。痩せていてもお尻は大きいんだよ。

私は知っていましたよ。痩せていても、二の腕はたくましいし、お尻は結構大きいことを。

そして、最後の質問者です。

「パンツの形は何ですか。ブランドとか?」(再度、爆笑)

ダメ押しの質問。ここ、線が見えてるでしょうとばかりに、股の部分より10センチほど下を示すナムギルさんです。そういうぴっちりしたパンツがお好みのようです。

まとめに入るYumiさん。頭の回転が速い女性です。「質問は、今夜どこへ行くか。パンツの色、パンツの形の三つでしたね。ナムギルさんの感想は?」

さっきの言葉を聞いて、どうして皆さんが同じように受け止めたのか。みなさんの人生がわかります(笑)

いよいよ終盤。昼間同様、集合写真を撮影。すでに、Gil VoetのBlogにアップされています。主役のナムギルさんはオーラを消してますが(笑)、幸か不幸か、前から3列目にいる私はばっちり。

2週間後に新しい映画『무뢰한(ムレハン)』の撮影が始まります。(根本さんは、「ならず者」と訳していました。「無頼漢」よりもよさそうな響きです。)カンヌ国際映画祭で審査員を務めているチョン・ドヨンさんとの共演です。しばらくは来れなくなりますが、また、戻ってきます。

ドヨンさんとの共演は、ナムギルさんにとって大きいと思います。ご両人ともに美男美女であり、しかも演技派。脱ぐこともいとわないですし、美人図以来の濡れ場も期待できるかも知れないですね。

最後の曲の時間となりました。舞台中央に置かれたピアノに腰かけるナムギルさん。曲は、もちろん、「言葉にできない」。(先ほどの写真)

夜のアンコールは、「Forever」。超リラックスしたのか、先ほどのジャケットを脱ぎ、その下の白シャツをズボンの外に出してきました。

5時間余りをナムギルさんと共有できた夢の時間は終わりです。すでに、寂しい~~~。

アンコールが終われば、ミッションサプライズの決行。両隣りのお二人には、前もって、「해적(海賊)Fight!」と書かれた用紙をお渡しし、それをナムギルさんに見せながら、「ヘジョク、ファイティン」と声をあげていただくよう、ご協力をお願いしていました。ところが、そのタイミングが計れないので、曲が終わったあたりでナムギルさんに向かってその紙をアピールしました。去りゆきながら、ちらっと見てくれたように思えましたが、どうだったでしょうか。お二人さま、ありがとうございました。

舞台のスクリーンには、昼と同じエンドクレジットが流れています。BGMは、同じく、「愛してはいけないの」。ひとつ、気がついたことは、この映像の一番最後のクレジットがFrauStar J Entertainmentの連名になっていたことです。私の記憶では、昼は、Frauの名前だけでした。何か、意味があるのか、DVDに関係しているのか、あるいは、私の見間違いか。

いつもですが、長いだけで、ナムギルさんの言葉を拾えてないレポでごめんなさい。おそらく、人の話が耳に残らない体質のようです(言い訳)。

昼の公演前、ペンライトの点灯方法がわからずにあせる私のペンライトを点けてくださった隣の隣の席の方、ありがとうございました。

次の記事では、書き洩らしたエピソードや感想を書きたいと考えています。
by omasa-beu | 2014-05-27 14:35 | 2014 KNG Stage | Comments(14)

Kim Nam Gil Special Stage 雑感 ④

スクリーンには、再び、砂アートで男女の出会いから結婚までが描かれてゆきます。BGMで流れているのが、RomanのCDに収録されている「今、あなたは愛していますか」。

この曲、ナムギルさんのナレーションと歌から構成されている癒しの曲です。歌詞が少ししか聞きとれないうえ、日本語訳もついていないので、今回、字幕がうれしかったです。2階からは全く読めませんでしたが、1階の神席からはばっちり。でも、悲しいことにもう忘れてしまってます。

再登場。衣装はお召し替え。ブラウン系ジャケットに黒のインナー。破れブルージーンズ。

曲は、「기다리다(待つ)」。ヨコハマでも歌ってくれた曲ですが、今回の方が心に沁みました。やっと3曲目。

ヨコハマでは、よくやっていた「アリガト ゴザイマース」や「ひとつ」「いつか」と発音練習をちょっとだけやったり。

そして、バンドのメンバー紹介。ヨコハマ公演と同じです。舞台上手(右手)から、ベース、ドラム、キーボード、ギター。

ベース、キム・ジハンさんは、元ロックバンドのヴォーカル。Foreverでコーラス。
ドラム、カン・ミンソクさんは、ボイトレのミンソク先生と同じ名前の苗字違い。
キーボード、イム・ヨンジョさんは、レスリー・チャン似。ちょっと太ったかと。
ギター、イ・ソンホさんは、なんと、AKB48の「After Rain」やSKE48の「賛成かわいい」の作曲者とのこと。でも、会場の反応が薄いので、みんな、知らないのかとうれしそうなナムギル。

たしかに、After Rainや賛成カワイイの作曲者はSunghoとなっています。本当だったのね。

ちなみに、AKB48の今回の切りつけ事件、大事にならなくて幸いでした。こんなことがあれば、握手会などできなくなってしまいます。

4曲目の「ときどき一人で泣いてます」。この日は、アコースティックバージョンです。

ここで、Gil Voetが公演前に募集したアンケートの結果発表。いずれ、サイトで発表されると聞いています。

質問は省略しますが、1位の結果だけ、書留めます。

赤と黒
ピダム
死なない役
チンピラ・やくざ

タキシード
ひげなし 49%、ひげあり 51%
オオカミ
バックハグ
自分の名前

やってほしい役として、「死なない役」で盛り上がりました。ナムギルさんは意外な表情。ご本人は、感情の激しい役であれば、死に向かって収束していけるのでやりやすいような意味の話をしていました。

ひげがあった方が好きか否かでは、会場でも拍手で判定。ひげあり派が多少多かったようです。ちなみに、私は、最近のひげなしに一票です。

ギルペンの多数が眼とひげが好きと知り、口元を手で隠し、眼を目いっぱいに見開くナムギル。涙が出そうなほど、必死でやっていました。

バックハグよりも前からの方がいいだろというナムギルさんに、バックハグしてから、くるっと前に回すんですよとYumiさん。反応はもひとつだったかな。

そして、昼公演の前にファンが書き込んだメッセージボードが舞台に運ばれます。私、この時、メッセージカードを預けていないことに気づきました。まして、メッセージボードの存在にも気がつかなかった(涙)。同時に、手渡されたメッセージカードを収めたアルバムに見入るナムギルさん。もう、時間がないとYumiさんに急かされていました(笑)

夜は、このメッセージボードの1枚に印刷されたナムギル人形に注目するナムギルさん。会場から、ヨギ、ヨギの声に、ナムギル人形を持つHさまがスクリーンに映し出されます。このナム人形は二代目。人形作家であるHさまの作品です。写真をアップしておきますね。

f0020564_165589.jpg
f0020564_165637.jpg
この髪型、ナムギルさんにそっくりです。

他の方のメッセージでは、息子がヒルトン大阪で働いているので、次は泊まってほしいと。みんなでホテルを移動しようとバックステージに声をかけるナムギルさん。

次の作品に準備に入るので、今度会えるまでは時間がかかりそうだから、記憶に残ることをやりたい。みんなで集合写真を撮りましょう。ぼくがみなさんのところに降りてゆくので、席を立たないと約束してくれますか。

ここで上手の方から客席に降り立ち、F席とC席の間に立つナムギルさん。途中、子供を見ると、話しかけずにはいられない人です。必ず、サムチュン(おじちゃん)のことが好きかい?と訊きますね。でも、返事はこわいから聞かないで行ってしまう(笑)

夜は、近くの席の方と握手してました。写真もいいけど、全員と握手はどうですか、ナムギルさん。次回の提案です。

ステージに戻り、夜も来る方はいますかと質問。2階から見た感じでは、7~8割の方が昼夜組と見ました。

じゃあ、みなさんは食事。ぼく、トイレ。

最後の挨拶です。
みなさんに会ってパワーをもらったので、韓国に帰ったら、よい作品、よい演技で応えたい。今日の昼はここまで。

5曲目の「Forever」。みなさん、スタンディングでノリノリ。

アンコールでは、もちろん、「言葉にできない」の弾き語りです。衣装は、ジャケットを脱ぎ、裾と袖口だけが黒になってる白シャツ。よく似合ってました。この歌、シングルリリースしてくださいとメッセージカードでリクエストしました。

夜があるせいか、あっさりと舞台を後にしたナムギルさんです。

スクリーンには、エンドクレジットと共に歌の練習風景の映像が流れています。一部はすでにGil Voetで公開されたものです。BGMは『愛してはいけないの』

席を立つ人はありません。

続く。次回は、夜の部だけのイベントを取り上げたいと思います。
by omasa-beu | 2014-05-26 17:07 | 2014 KNG Stage | Comments(6)

Kim Nam Gil Special Stage 雑感 ③

アクター Kim Nam Gilの軌跡

ナムギルさんの以前の名前を知っていますかとYumiさん。客席からは、イ・ハン~という声が一斉にあがります。

ナムギルさんは、子供の頃は、本名のナムギルという名前が嫌だったそうです。他の子のように現代風ではなく、ちょっとダサい名前に思えたから。

イ・ハンからキム・ナムギルに改名した経緯を訊かれたのは、夜の部でしたね。

韓国には、同じ名前の俳優さんがいるので、芸名のイ・ハンを使っていた。ここで、ナムギルさんがカン・ナムギルさんの名前を出さなかったためか、通訳の根本さんが、イ・ハンという名前の俳優がすでにおられたとめずらしく勘違い通訳をしていたようです。

そして、現場では、イ・ハンやハンと呼ばれても、自分自身だと気がつかなかったし(笑)、『カン・チョルジュン 公共の敵』の監督からは、ナムギルの方が俳優として似合ってると言われ、本名に戻した。

スクリーンには、2004年~2007年まで、つまり、MBC放送の公開採用タレントとして主席で採用されてからの作品の写真が流れます。

英雄時代
あんぱん
愛が咲く家
私の人生のナビゲーター
頑張れ!クムスン
第5共和国
私の名前はキム・サムスン
グッバイソロ
Don’t Look Back
後悔なんてしない
恋人
花咲く春には
私たちを幸せにするいくつかの質問

『後悔なんてしない』や『恋人』などでは、客席にも反応がありましたが、まだまだ下積みの時代です。私は、幸いなことに、『英雄時代』以外の演技はすべて観ていますが、クムスンの最初の夫を演じた頃から、ハンサム度は眼を引いていたと思います。

(昼の部)ずっと舞台をやっていたので、テレビは、カメラがどこから撮ってるかもわからなかったし、自分の演技もオーバー気味でよく怒られたという意味の話をしながら、Yumiさんを相手役に実演するナムギルさん。でも、情熱をもって一生懸命にやった。

(夜の部)Yumiさんから、MBC公採を主席で合格と説明あり。

主席で採用されたと言っても、演技ができたからではない。演技ができるイケメン俳優は大勢来ていたが、審査員たちは、候補者の同じような演技に疲れているように見えたので、ギャグ演技をした。そしたら、お笑いの審査はあっちだと言われた。この話は、一度だけ、テレビの「膝うち道士」で話した。

兵役につく前日に出演したバラエティ番組をご覧になった方はご存知の<암내개그(アムネゲグ)>と呼んでいた<わきがギャグ>というものです。実演までの説明が長かったので、テレビの方が面白かったように思えました。

続いて、2008年~2013年までの出演作品の写真や映像がスクリーンに映し出されます。

カン・チョルジュン公共の敵
モダンボーイ
美人図
The Phone
善徳女王
暴風前夜(愛の運命)
赤と黒
サメ

善徳女王のピダム登場の場面がスクリーンに流れた時の客席の反応はさすがに熱かったですね。あそこでナムギル堕ちしたギルペンさまがいかに多いことか。私は違うシーンでしたけど。

映画には続けて3本出演したが三作品ともに別人に見えるので注目されなかった。そして、ピダムを演じる際、監督は好きにやらしてくれた。鼻をほじるような演技をしても何も言われなった。ピダムとゴヌクでは、ピダムの方が演じていてよかったと話していました。

『赤と黒』では、服装を突っ込まれるナムギルさん。ジャケットが赤と黒。偶然かどうか、Yumiさんが赤のドレス、根本さんが黒のパンツスーツ。

f0020564_15464832.jpg
この方はナムギルさんではありませんが、これと同じジャケットをお召しでした。

演技で一番大事なことは、「誠意」だと。それは、観る人にわかるものだ。

『サメ』は、思うような演技ができなかった。力が入りすぎていた。その思いは、共演者のイェジンさん共々、本来の演技ができるよう、『海賊』での演技に込めた。

『海賊』の撮影では、数回ケガをしたが、もう大丈夫。
脱水、落馬、腰痛などで救急車に乗った。道路では救急車は優先されるのがツボだった。大丈夫ですか?と訊かれると、大丈夫ですと答えながら、もっとゆっくり行ってくださいと答えた。なぜなら、そのときはゆっくりと休めるから。撮影の関係者は来てませんよね(笑)

そして、ここだけの話、『海賊』の公開は、8月初めと、数日前に決まった。まだ公表されてないので、外ではしないでほしい。(みなさま、お願いいたします、笑)

退場。

続く。
by omasa-beu | 2014-05-26 15:47 | 2014 KNG Stage | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30