おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:やしきたかじん( 20 )

やしきたかじん 最後の2年 (追記あり)

『やっぱ好きやねん』や『大阪恋物語』を聴くと、今でも、涙がにじんでくる。「やしきたかじん」の歌、そして、その人は、私の30代後半から逝去の報に接したその時まで、空気のように存在していた。

2年間の闘病の末、今年1月3日にこの世を去ったじんちゃん。その後、週刊誌で騒がれた一連の報道に嫌気がさした私は、3月3日、「偲ぶ会」に参列し、密かにお別れしたつもりでいた。

あれから半年。10月21日付の京都新聞に載った記事に触発され、久しぶりに、<やしきたかじん>で検索。

古川嘉一郎著『たかじん波瀾万丈』(たる出版)が4月に出版されていたのを知る。古川先生は、放送作家として、たかじんさんの初期のラジオ番組から『たかじんnoばぁ~』に至るまで、その企画構成者として身近で本人を見てきたひと。私自身、欠かさず観たり聴いたりしてきた番組の舞台裏をその頃の自分と重ね合わせながら懐かしく読ませてもらった。なぜ、先生かと言うと、もう20年以上も前になるが、ある教室で、エッセーの講座を受講していた時の講師が古川嘉一郎さんだったからだ。最近の私の文章、赤ペンで真っ赤になりそうです。

そして、アマゾンでは在庫がなく、重版されるのを待って読んだのが、9月に出版された角岡伸彦著『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(小学館)。『ゆめいらんかね』とは、たかじんさんのデビューシングルのタイトル。出自から「偲ぶ会」に至るまでが丹念に描かれているが、闘病中の2年間についてはあまり触れられていない。あとがきによると、生前の本人への取材依頼は、闘病中ということもあってか、返事はなかったようだ。また、夫人への幾たびかの取材依頼にも返事はなく、身近な人たちからも、<緘口令がしかれているかのよう>にほとんどの取材依頼を断られたと記している。長年のファンとしては、そうかなと疑問に感じる記述もあるが、それは、著者が取材を通して得られたたかじん観だから仕方がないだろう。

そんな時、やしきたかじんについてのテレビ番組があることを知る。TBS『中居正弘の金曜日のスマたちへ』の次週予告で取り上げられたようだ。ギル友さまが知らせてくださり、今頃なんでと不思議に思いながら録画予約を済ませた。そして、金スマ放送日の11月7日(金)の前日、今度は妹から、テレビ朝日『モーニングバード』の週刊人物大辞典というコーナーで「明日、たかじんさんをやるみたいよ」と教えてもらう。

朝は起きられない私が、『モーニングバード』をリアルタイムで視聴。文字通り、眼が覚めるほど、驚かされた。なんと、作家の百田尚樹さんがたかじんさんの最後の2年間について書いたというのだ。しかも、ベールに包まれていた夫人のさくらさんとのツーショット写真まで公開されていた。

この日、店頭に出た百田尚樹著『殉愛』(幻冬舎)をすぐに読了。小説のような、まるで、こちらが夢を見させられたような不思議な物語。

昨年12月26日、車椅子に乗ったまま、病院内の教会で二人だけの結婚式。
「家鋪隆仁はイタリアの神様からもらったさくらを、妻として愛し続けます」
それから10日も経たないうちに、この世を去ることになる。

金スマでは、やはり、百田さんを迎え、『殉愛』が再現ドラマで描かれていた。出会いがガンを発症した時期というタイミングもあるかも知れないが、こういうことって現実にあるんやなというのが正直な感想である。実際、何が真実かはわからないけれども、先のやしきたかじん伝と合わせて読むと面白い。

この一連の流れに、どこか、乗せられたような気もするが、謎に包まれていた最後の2年間に寄り添えたようで、やっと、やしきたかじんさんを見送れそうな気がする。

じんちゃん、よかったね。妻のさくらさんは、人生の最後の最後に、家鋪隆仁さんの元に舞い降りてきた、まさに、天使()でした。嫉妬深い私が素直にそう言える女性に巡りあえたじんちゃん。いい人生でしたね。

↑ 以上、『殉愛』を読んで感じたことですが、あくまでも、本を読んでの感想です。それが、真実であったかどうかはわからないというのが今の心境です。小説ではないですから、ひとつ、嘘があると、すべてが信じられなくなります。というか、私自身に、視る眼や判断する力がなかったということです。せめて、じんちゃんの最期の日々が安らかなものであったことを願います。

あらためて、やしきたかじんさんのご冥福をお祈りいたします。


♪大阪恋物語~
今幕を閉じてゆくけど
あんた この世で ただひとりだけ
魂で 愛せたひと
生まれ変わって また逢えたなら
今度は 離れないからね

『大阪恋物語』より (作詞・作曲 鹿紋太郎)
by omasa-beu | 2014-11-12 20:08 | やしきたかじん | Comments(8)

「たかじんさん 30歳の素顔」(京都新聞)

先ほど届いた京都新聞夕刊を見た妹が教えてくれました。なんと、一面の中央にやしきたかじんさんの記事が掲載されているのです。

f0020564_17521279.jpg

18歳で家を追い出され、それからは京都で青春を過ごしたじんちゃん。こうして地元の新聞に掲載されるのを喜んでくれていることでしょう。見ると寂しくなるので、DVDのHDDに残っていた映像も消去してしまいましたが、こうして名前を見ると、やはり、なんだか生きかえってくれたようで、胸が熱くなります。

私もまだ出会っていなかった30歳の頃のライブCDがすごく楽しみ!!

I miss you.
당신을 만나고 싶다.
タンシヌル マンナゴ シプタ。
会いたいなあ。

京都新聞web版は、こちらです。
by omasa-beu | 2014-10-21 17:59 | やしきたかじん | Comments(6)

「やしきたかじん 偲ぶ会」 あなたを忘れない!

20代で逝った大学のサークルの後輩Mくん、40代でお別れした同じサークルの同期Mちゃん、そして、50代で相次いで亡くなった友人たち、Uさん、Eさん。

不思議なもので、失恋して、その後何年も立ち直れない程の心の痛みをもたらした男たちを思い出すことはないのに、現在の私よりも遥かに若くして他界した彼らのことは折にふれて蘇ってきます。

そして、今日、あの方とのお別れがありました。

何度も整列して献花の順番を待たねばならないほど大勢のファンが詰めかけたリーガロイヤルホテルの会場は、天国を思わせるような柔らかな照明で彩られ、中央のモニターには歌うやしきたかじんの映像が流れていました。

大好きな『大阪恋物語』に誘われるように止めどなく流れる涙をハンカチで押さえながら、入り口で受け取った胡蝶蘭の花びらを祭壇に献花。

「あの世で、また、コンサートに行きますね」

男性のファンが多かったのもじんちゃんならではでしょう。連れのHさんによると、「ありがとう」と大きな声で告げる男性もいたようです。

亡くなったことが半信半疑でいたこの2ヵ月。いよいよお別れです。でも、忘れません、これからも。

いっぱい、いっぱい、ありがとう。人生の道ずれだったじんちゃん。

f0020564_2356277.jpg
会場でいただいたメッセージカードの表紙と裏表紙。中には、じんちゃん語録。


I will never forget you.

당신을 잊지 않습니다.
タンシヌル イッチ アンスミダ。
by omasa-beu | 2014-03-03 23:54 | やしきたかじん | Comments(6)

やっぱり寂しいです。

キム・ナムギルさんのイベントが発表され、急にあわただしくなってきました。Gil Storyの希望募金の募金者リストには、今朝、Kim Nam Gil の名前が加わり、目標額をはるかに超える募金が集まっています。

気分うきうき、うれしいはずなのに、ともすれば、なんか寂しい。やしきたかじんという存在は、友達のような、身内のような存在だったと改めて感じさせられます。歳をとるということは、そういう寂しさと共存しながら生きていくことかもしれません。

スーパーで渚あられを見つけ、じんちゃんが、テレビで、これ、美味しいと話していたことを思い出しました。久しぶりに食べました。寂しくても、お腹は減るのです。
f0020564_2352821.jpg


いつも立ち寄る書店のCD売り場。書店で写真はご法度ですが、本や雑誌の内容を盗撮しているのではないのでお許しいただけるかと。。。ありがとうございます。
f0020564_2353353.jpg


寂しいです。

외로워요.
ウェロウォヨ。

英語は、エルヴィス・プレスリーの”Are you lonesome tonight?”の歌詞が私の心境にぴったりのようです。

Are you lonesome tonight,
Do you miss me tonight?
Are you sorry we drifted apart?
by omasa-beu | 2014-01-20 23:54 | やしきたかじん | Comments(2)

じんちゃん、さよなら。

でも、ほんとうは言いたくないです、さよならは。

いつか、この日が来ると思ってはいましたが、こんなに早くにやってくるとは‥。今日の昼間、大阪へ向かう電車の窓から外を眺めながら、その景色は明らかに違って見えました。

30代前半、自分自身を見失っていた日々に光を与えてくれたのは、やしきたかじんの歌であり、テレビやラジオから知る彼の人柄でした。

一見、粗っぽいように見えながら、その実、とてもシャイだったひと。歌のステージの前にはいつもお腹をこわしていたひと。

身内のような、信頼できる友達のような存在‥少なくとも、この30年、私の人生にはいつもじんちゃんがいました。

まだ、あちらの世界には到着されてないかな。いずれにしろ、10年、20年後には私もそちらに参ります。

その折には、久しぶりの歌声とトークを聞かせてくださいね。

今は、こんなことしか書けません。ありがとうございました。

じんちゃん、またね。

See you around, Takajin!

타카진 씨, 또 만나요.

じんちゃんへ追伸:

一斉に一面で自身の訃報を知らせるスポーツ新聞各紙の前にさし棒を持って現れそうな気がしています。ほんとうに逝ってしまわれたのでしょうか?
by omasa-beu | 2014-01-08 21:25 | やしきたかじん | Comments(8)

やしきたかじん 32歳差再再婚、ですって!

病気療養中のたかじんさん、再再婚ですって。そんな気がしていました。たしか、2回目の結婚の時も、体調を壊していたときだったような記憶があります。もしものときのためにも(そんなこと、今はまだ、とんでもないことですが)、自分が辛いときに面倒を見てもらった女性に仁義を通しておきたい気持ちはよくわかります。でも、長年のファンとしては、最後まで、男ひとり暮らしを貫いてほしかったなと料簡の狭いわたくしです。

相手の方は32歳。あら、ナムギルさんと同い年だわ。それはともかく、たかじんの娘さんよりも年下ということですね。いいなあ、男性は(ため息)。。。

今秋、キム・ナムギルの公式ファンクラブの会員登録を更新されなかった方がちらほらといらっしゃるようですが、やしきたかじんの公式ウェブサイトなど、ほとんど更新されることもなく、何のお知らせもありません。それでも、会費を払い続けている私って、ほんま、健気やなあと感心を通り越してアホかも知れないと思う今日この頃です。

じんちゃん、3度目のご結婚、おめでとうございます。

長生きしてとは申しません。せめて、新妻のために、そして、ファンのために、もう一度、テレビ復帰を実現し、コンサートもしてほしい。正直な私の願いです☆

関連記事はこちらです。
by omasa-beu | 2013-12-06 23:15 | やしきたかじん | Comments(6)

たかじんさん、心配です。

f0020564_19465063.jpgやしきたかじんの公式ファンサイトによると、2日(木)の関西テレビの番組収録後に不調を訴えたため、3日(金)よみうりテレビ、4日(土)テレビ大阪の番組収録は休むとのこと。

復帰から2ヵ月、単なる疲れであればいいのですが、ちょっと胸騒ぎがします。どうか、大事なきよう、祈っています。
by omasa-beu | 2013-05-03 19:47 | やしきたかじん | Comments(2)

じんちゃん、復活おめでとう!!

f0020564_2318414.jpg
われらがじんちゃんこと、やしきたかじんが帰ってきました。食道ガンのため休養に入ってから、実に1年2ヵ月ぶりです。変わらぬ姿に嬉し涙が。。。変わらぬとは言え、休養前よりも10キロ以上も体重が減り、「モデル仕様」になっての復帰。しかし、復帰番組「たかじん胸いっぱい」でのトークは快調でブランクを感じさせません。

正直、勘三郎さんの逝去では、同じ病気だけに、そして、復帰までの時間が意外に長かったため、ほんとうに心配させられました。

切除した食道の代わりに胃を引っ張り上げているため、当初、食べることそのものが大変なときも、身体を甘やかしたらあかんということで、食べるようにしたとか。入院中の初めての外出では、マクドナルドのフィレオフィッシュを食べていたと主治医の証言。そんな患者は初めてだったそうです(笑)

口から食べ物を摂ることであごを動かすことが大事だそうです。歌もすでにハワイの自宅カラオケでお試し済。なんと20曲も歌ったと語っていました。コンサートでも12曲しか歌わないにのという本人の言。それはほんとうです。コンサートの半分は喋ってますからね。今秋には、復活コンサートを期待したいですが、まずは、体力をつけてもらうことが第一歩です。

じんちゃん、おめでとう! 
by omasa-beu | 2013-03-23 23:42 | やしきたかじん | Comments(14)

やしきたかじんから三宅久之さんへ

「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりTV)の本日の放送は先般亡くなられた三宅久之さんの追悼特集。

お馴染みのメンバーからのお悔みメッセージの締めくくりは、われらがじんちゃん、やしきたかじんさんからの文書によるお別れとお礼の言葉でした。

思えば、じんちゃんの肉声を聴く(読む)のは、今年2月5日の放送以来。無事でよかった。三宅さんへの追悼とは別にそのように感じさせられた放送でした。じんちゃん、待ってます。

三宅先生へ

先生、無念です。
こんなに思い掛けず、
早く逝ってしまわれるなんて。

先生の体調が優れず
全てのテレビ、講演の仕事を
辞められる事を決めて居られたのにも関わらず、
僕が癌で入院した時に
「委員会」のみ出演を延長していただいたと聴き、
感謝の気持でいっぱいでした。

その上、僕が復帰する時にはスタジオに行くから
必ず復帰するようにとメッセージを頂き、
随分心の励みにもなりました。

この番組を始めてから約10年、
三宅先生の卓越した博識と気持のいい弁舌で
圧倒的な視聴率を獲得する事も出来ました。

実質、
たかじんのそこまで言って委員会と云うより
三宅久之のそこまで言って委員会でした。

この番組を先生と共に去る決意をしていましたが、
生前の先生がスタッフに
僕の病気が回復したら番組を続ける様にと
何度も告げられていた事を聞き、
その言葉を
先生からの僕にたいしての遺言と受け取り、
現場復帰に向けて頑張ります。

先生、ほんとうにありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

やしきたかじん

by omasa-beu | 2012-12-02 17:32 | やしきたかじん | Comments(0)

やしきたかじんさん、待ってます♡

やしきたかじんオフィシャルウェブサイトの発表によると、たかじんさんが初期の食道ガンのため、レギュラー番組をしばらく休業するとのこと。

先週土曜日の『増刊!たかじんのそこまで言って委員会』では、久しぶりに人間ドックを受けると語っていたが、そこで発見されたということかもしれない。

たかじんの歌に惚れ、そして、その人間性をも好ましく思って追いかけてきた25年。じんちゃんがかつて夜中の番組で入籍を発表したときほどのショックはないとはいえ(すみません)、やはり胸が騒いで眠れない。

♪♪やっぱ好きやねん♪♪

お帰りを待ってます。
by omasa-beu | 2012-02-01 02:06 | やしきたかじん | Comments(2)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30