おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:English( 15 )

In your dreams.

先日、大学時代のサークルのOB会があり、久しぶりに会った後輩の女性たちと思いがけなく英語の話題で盛り上がりました。その中のひとりは英語の先生をしていたのですが、早期退職後、通訳ガイド試験に合格したという努力家。私とは大違いですが、中途半端になっている英語というものに、再度、関心が湧いてきました。もっとも、勉強というものは苦手な体質ゆえ(笑)、私流にドラマから取った英語をぼちぼちとアップしてゆきます。

『サメ~愛の黙示録~』では、イスとヘウにとって鍵となる台詞に「꿈 깨(요).クムケ(ヨ)」という言い回しがありました(こちら)。直訳すると、「夢から覚めな(さい)」という意味ですが、拒絶や否定の意味合いが含まれているようです。

全く同じニュアンスで、”In your dreams.”が使われているアメリカドラマを発見(というほどのものでもない)。

『クリミナルマインド(Criminal Mind)』#2-12(シーズン2、12話)
付き合いたくない昔の知り合いの男に出くわし「また、あとでな」と言われた女性が返した”Yeah, in your dreams”。字幕:夢の中でね。

『メンタリスト(Mentalist)』#2-2
同僚からデートの進展を訊かれた刑事の返事は、”In your dreams”。字幕:お断りだ。

日本語でも、「そんなことある訳ないでしょ」という代わりに「夢でも見てれば」と言ったりするのと同じ発想なのが面白いです。

f0020564_2193358.jpg
すでにご存じかと思いますが、ナムギルさんが名誉広報大使を務めている釜山のヘウンデグランドホテル創立20周年の祝辞ビデオからキャプ。ちなみに、名誉総支配人はチャン・ドンゴンさん。宇宙最強の俳優たちです。ギルペンの宿泊者がどっと増えそうですね。こちらでご覧になれます。
f0020564_21322762.jpg


“See you soon, Nam-gil ssi”
“In your dreams, Masa”

"또 만나요, 남길 씨"
"꿈 깨, 마사"

な~んて言われたら、生きてゆけない(爆)。でも、夢でもいいや。
by omasa-beu | 2016-06-25 21:22 | English | Comments(8)

Number ones and number twos

文字通り、1番と2番と訳す以外の意味があることを最近知った。

つまり、トイレの小と大のことである。

大学の留学生寮。シャワーやトイレの使用後は汚れっぱなし、床には髪の毛が散乱していても平気というのがルームメートになったりすると、きれい好きにとっては我慢できない。直接話し合っても改善しないため、留学生担当の外国人スタッフが問題の男子学生に送ったメールにタイトルの文句が使われていた。

number ones であろうとnumber twosであろうと、すわってやる習慣をつけたらどおというもの。

語彙やイディオムをこつこつ覚えるのは苦手だけれど、こういうのは簡単に忘れないものだ。
by omasa-beu | 2010-09-30 01:13 | English | Comments(0)

頭と心

本は買っても積読ばかり。好きな韓国ドラマも録画が溜まる一方。頭の中は慣れない仕事でいっぱい。私の頭も心も、その容量はほんとに小さい。

頭と心で思い出したのが英語の次の表現。なんか無理やりな展開!?

My mind was yelling how angry I was, but my heart...my heart...and just like that.

"Sex and the City"で聴いた台詞。別れたカレシをmindは拒否しているのに、heartは受け入れてしまうCarrie。

愛用の<英辞郎on the web>でチェックすると:

mind: 〔自分でコントロールできる〕心(の働き)
heart: (自分でコントロールできない感情的な)心

なるほどねえ。頭と心と言う場合の頭はむしろmindと訳した方がいいのかも。地道に勉強をしていないせいか、こういう意味の違いを知るとうれしくなる。
by omasa-beu | 2009-02-17 00:57 | English | Comments(2)

“Believe in yourself”

The night is dark and lonelier than it seems,
but don’t lose hold of your dreams.
It’s not outrageous,
If you are courageous, you can, yes, you can make it.
And if you fail again today, try again tomorrow,
It will make you stronger.
If you believe in yourself, you’ll find the answer.
Keep your faith ‘til your dreams come true.


夜は暗く 思ったよりも寂しい
でもあなたの夢を手放さないで
無謀なことではない
勇気を出せばきっとできる あなたならできるから
今日も失敗だったとしても 明日もう一度やってみて
あなた自身が強くなれる
自分を信じることで 答えが見つかる
信じる気持ちを失わないで 夢が叶うまで

<NHKテレビ『リトル・チャロ~カラダにしみこむ英会話』BGM>

なかなかココロにしみこむ歌詞です。
おまさぼう、今の自分、信じてる? どんな夢? 
う~~NNN
by omasa-beu | 2008-09-13 01:38 | English | Comments(0)

英語は趣味!

f0020564_0224895.jpg毎年4月号だけは必ず買ってしまうNHKの語学講座テキスト。とくに英語は中学1年生から習いはじめてもう何年、いや、何十年になるのだろう。とっくにペラペラになっていてもいい年月なのに、そうはならないのは、英語に没頭したことがないからだ。ひとつのことを成し遂げるためにはその他のことは犠牲にするくらいの覚悟が必要。私にとっての英語は、おそらく、勉強ではなく趣味なのだと思う。
by omasa-beu | 2008-03-28 00:31 | English | Comments(0)

♪I just called to say I love you♪

♪I just called to say I love you♪
♪I just called to say how much I care♪

Stevie Wonderの名曲。音楽に疎い私も大好きな歌。NHKの語学講座『ジュークボックス英会話』で久しぶりに聴く。<お正月でもないし、クリスマスでもない、ちっとも特別な日じゃないけど、I love youを言いたくて電話したんだ> いいじゃん、いいじゃん!

毎日は要らないけど、時々、こうやって電話をしてくれる人がいれば最高だろうな。StevieのCDを引っ張り出す。この曲を聴いているだけで、私は今、仕合せ。
by omasa-beu | 2007-12-11 00:25 | English | Comments(0)

大いなる誤解

職を失い、履歴書を書く必要が生じた5年前、数十年振りにTOEICの試験を受けた。895点だった。問題集を買ってきて、実際の時間通りの模試を自宅でやってから受験したので、結果は当時の実力だったと思う。

満点が990点であることを考えると、この微妙な点数は決して嬉しい結果ではないし、正直、英語が堪能と自慢できる数字でもない。だが、英語に縁のない人や英語を苦手とする人たちには素晴らしい成績に映るらしい。一度など、「こんな高得点の人に会ったことがないから」とパートの面接で言われたことがあった。端から採用する気がないにもかかわらず、人を呼びつけたのだ。あとで、すごく腹が立った。

今回のパートには英日と日英の翻訳業務がふくまれている。初日、私の経歴はすでに知られていた。<個人情報>など関係のない職場である。今回産休を取る女性は新米の私よりはるかに達意の英語を書いているのに、そういう人ですら、私の895点に反応していることは驚くばかりだった。900点を取得していても、流暢に話せない人はいくらでもいる。

もうひとつの誤解は英語が少し出来れば翻訳ができると思われていることである。私が働いていたいくつかの外資系では英語を英語のままで理解していた。その方が余程簡単で、翻訳は英語ができたうえで、なおかつ別の能力を必要とされる技術である。

だが、もっとも大きな誤解はパート先の募集要項に書かれていた「日常会話程度の英語力」についての私の解釈にあった。その程度の時給、ということがようやく理解できた。
by omasa-beu | 2007-08-20 21:00 | English | Comments(2)

政治家はどいつもこいつも

ラジオでビジネス英会話を聴いていたら、ソ連時代の故フルシチョフ首相の言葉が引用されていた。

“Politicians are the same all over. They promise to build a bridge even when there is no river.”
(政治家はどこでも同じだ。たとえ川がなくても橋をかける約束をする。)

「見る眼」がないことにかけては自他共に認める私。参院選を前に誰を選ぶか迷ってしまう。でも、投票だけは行かないとね。
by omasa-beu | 2007-07-21 14:03 | English | Comments(0)

“Time is everything.”

毎週録画をしているNHK「英語でしゃべらナイト」を数週間遅れで見る。この日のメインゲストは俳優の神山繁さん。第二次世界大戦末期に海軍経理学校で英語を学び、その後、進駐軍で働きながら培った神山さんの英語はまさに活きた英語である。神山さんは好きな言葉として、イギリス海軍のネルソン提督が戦死する直前の言葉を挙げた。

“I have done my duty.”

現在の日本の社会を考えると、確かに意味深い言葉である。ネルソン提督の名文句集をネット検索してみると、私が鑑とすべき文句に出会った。

“Time is everything; five minutes make the difference between victory and defeat.”

「たったの5分が勝敗を分かつ」とは、戦いのなかで、日々決断を迫られたネルソン提督ならではの言葉であろう。

5分どころか、売るほどある時間を私はなんと無為に過ごしていることか。今年も早や前半が終わろうとしている。
by omasa-beu | 2007-06-30 14:39 | English | Comments(0)

Honesty is the best policy.

今年はじめて聞いたラジオ英会話の一句である。英語が好きかと訊かれれば、さあ?と答えるしかない。かじって5年ばかりの韓国語とどちらが好きかもわからない。ただ、捨てられないのだ。「飯の種」にもならない英語が未だに気にかかるのはなぜだろう。「英語」を「わが人生」に置き換えてもいいかもしれない。書いていて、ふと、そう思った。
by omasa-beu | 2007-01-14 12:52 | English | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30