おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2017年 10月 01日 ( 3 )

[記事]tvN『名不虚伝』恵民署漢方医院の家族と記念写真

『名不虚伝』別れを決心キム・ナムギル・アジュン、かたく握り合った手「ぐっと


記事入力 2017-10-01 13:04:23


f0020564_16420323.jpg

http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201710010100002880000174&ServiceDate=20171001


[スポーツ朝鮮 チョ・ユンソン記者]いよいよ最終回を控えた朝鮮往復メディカルドラマ『名不虚伝』キム・ナムギルとキム・アジュンが胸の張り裂けそうな切なる別れを交わす場面が捉えられ結末に関心が増幅されている。


tvN土日ドラマ『名不虚伝』(演出ホン・ジョンチャン、脚本キム・ウニ、製作ボンファクトリー)側は、今日(1日、)最終回(16話)の放送を前に、キム・ナムギルとキム・アジュンの胸が痛む別れと恵民署医院家族との最後の瞬間を収めた現場スチールカットを公開し好奇心を刺激している。


前回15話の戦乱の中で苦しむ民を無視することができなかったホ・イム(キム・ナムギル)は朝鮮に残ることを決心した。最後に、チェ・ヨンギョン(キム・アジュン)に会うためにソウルに戻った後、二人はふつうの恋人たちのようにデートを楽しんだ。ホ・イムが自分の決意を伝えるために口を開けると、これを察知したチェ・ヨンギョンが先に決断を下した。チェ・ヨンギョンは「あなたがいるべき場所に帰りなさい」と別れの挨拶を伝えた。最後までともに過ごすだろうと思われていたホ・イムとチェ・ヨンギョンは互いのために別れを決心しながら結末は一寸先も分からない霧の中だ。


最終回を前に公開されたホ・イムとチェ・ヨンギョンの写真は悲痛な二人の感情が切々と表れて、見る人の涙腺を刺激する。チェ・ヨンギョンの手を慎重に握ってじっと見つめるホ・イムの目の中にチェ・ヨンギョンに向けた愛と切なさでおぼろげな感情が複合的に行き交う。ホ・イムを送ることに決めたものの、別れの瞬間、結局、崩れるチェ・ヨンギョンの嗚咽も胸を一杯にさせる。先のホ・イムの朝鮮行きが再会の約束があったからこそ堪えられたとするなら、今度は完全な別れを暗示していることにホ・イムとチェ・ヨンギョンの表情も言うまでもなく切切としている。ソウルで一緒に過ごした恵民署漢方医院の家族と最後の挨拶を交わし写真を撮る姿も捉えた。ホ・イムとチェ・ヨンギョンはいつもと違ってスーツやワンピースで着飾り、目を引く。二人は手をかたく握ったまま明るく笑っているが、その姿すら胸をひりひりさせる。


最終回予告編でも別れを準備するホ・イムとチェ・ヨンギョンの切ない姿が公開された。愛する女人を置いて朝鮮へ行かねばならないホ・イムの離れがたい足取りと務めて涙をこらえてホ・イムを送るチェ・ヨンギョンの姿が描かれた。朝鮮に戻るために、自分の心臓に鍼を突き刺すホ・イムの苦痛をチェ・ヨンギョンもともにするシーンも含まれており、涙腺を刺激する見込み。壬辰倭乱の中で死の危機を越えて民を救うホ・イムの姿と外科医として最善を尽くしながらも、ホ・イムを思って瞬間瞬間涙ぐむチェ・ヨンギョンの姿も交差された。スペクタクルな映像美に切々たる叙事を一瞬に込めた予告編は、歴代級最終回を予告している。


『名不虚伝』の制作陣側は 「最後まで緊張感を放さない展開が吹き荒れること」とし「患者を無視することはできない医員の宿命を受け入れ、それぞれの位置に戻るという選択したホ・イムとチェ・ヨンギョンがどんな結末を迎えることになるのか見守ってほしい」と伝えた。


一方、ホ・イムとチェ・ヨンギョンが別れを決心し結末に対する関心が最高潮に達する待望の『名不虚伝』最終回は今日(1日)夜9tvNで放送される。



こちらは、オーエンエンターテインメントさんのインスタグラムからです。


f0020564_16504412.png

今日が最後のホ・イムデイとは...(涙)

これまで、『名不虚伝』とホ・イム、ホ・ガイム、ホ・デンデン、

ホ・ボンタク等々、#ホ・ラインの皆を愛してくださった皆さま

ありがとうございます💗



仮眠をとりながら台本を読むナムギルさんでしょうか。


by omasa-beu | 2017-10-01 16:57 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(2)

tvN『名不虚伝』15話 関連記事

『名不虚伝』時空間も超越した息詰まる「協診コラボ」


記事入力2017-10-0108:50:47

f0020564_13125025.jpg


http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201710010100001630000034&ServiceDate=20171001


[スポーツ朝鮮 チョ・ユンソン記者]朝鮮往復メディカルドラマ『名不虚伝』キム・ナムギル、キム・アジュンが各自の危機を克服し、再び成長した。


30日放送されたtvN土日ドラマ『名不虚伝』(演出ホン・ジョンチャン、脚本キム・ウニ、製作ボンファクトリー)15話で朝鮮に行ったホ・イム(キム・ナムギル)とソウルに残ったチェ・ヨンギョン(キム・アジュン)が困難の末にヨニ(シン・リナ)とチェ・チョンスル(ユン・ジュサン)を救う姿が描かれて感動をプレゼントした。


この日の放送でホ・イムが朝鮮に戻った時、すでにホ・ジュンは倭軍を避けて居所を移した状態だった。ホ・ジュンが残した手紙に従って赴いた場所で、ホ・イムはようやくヨニに会うことができた。ヨニは気力が弱まっていたが、全力を尽くしてホ・イムを待っていた。ソウルに残ったチェ・ヨンギョンは突然倒れたチェ・チョンスルを病院に緊急搬送したが、チェ・チョンスルが手術を拒否し危機を迎えた。自身の間違いで息子と嫁にまで先立たれたので、手術で人生を続ける面目がないという理由だった。これにチェ・ヨンギョンは「ハラボジまでいなくなったら、ほんとうに一人だ。わたし一人置いて行くのか」と説得した。一人だけの家族を救うためのチェ・ヨンギョンの切なる説得に結局チェ・チョンスルも思い直した。


ヨニの病は心の傷がさらに大きかった。治療に先立ち、ホ・イムはヨニにヨンギョンの話を持ち出し、「そのお姉さんがおじさんをおまえに送ってくれた。おまえとの約条を守って、おまえを必ず助けてくれと。ところが、それは一人だけの力でできることではない。おまえの気持ちでおじさんを助けてくれるか」と説明した。病を超えて患者の心まで治療したホ・イムのおかげで、ヨニは身体と心の傷すべてを治癒することができた。チェ・チョンスルはチェ・ヨンギョンに直接手術をしてくれと頼んだ。悩んだ末、これを受諾したチェ・ヨンギョンは完璧な実力でチェ・チョンスルの心臓を再び走らせた。手術を終えたチェ・チョンスルはチェ・ヨンギョンに「人の心をも救う医者」と心から賞賛した。チェ・チョンスルとチェ・ヨンギョンの真の和解であった。


たとえ時空間の距離があっても、まるで一緒にいるかのように、互いを感じながらヨニとチェ・チョンスルを治療するホ・イムとチェ・ヨンギョンの姿がおぼろげながらもダイナミックに繰り広げられた。ホ・イムは愛していながら自分を朝鮮に送ってくれたチェ・ヨンギョンの気持ちを考え、チェ・ヨンギョンも「多くの命を救った手」と自分を慰めてくれたホ・イムを思い出した。誰よりも互いを応援する気持ちを感じ危機に打ち勝つことができた。


傷と痛みに堪えて真の医師に成長したホ・イムとチェ・ヨンギョンは患者の気持ちまで癒す医師としてさらに一歩アップグレードした。ヨニは、母親が火賊の群れにひどいことをされて自決した場面を目撃し、堪えられない傷を負った患者であった。傷を経験した医員ホ・イムの約束がヨニに生きようとする心を植えつけた。ヨニを癒せる医員はホ・イムしかいなかったわけだ。チェ・ヨンギョンも同じだった。父の死に罪悪感を持っていたチェ・ヨンギョンはチェ・チョンスルの負い目を誰よりもよく理解できた。チェ・ヨンギョンが差し出した手はチェ・チョンスルの心まで癒し、真の和解をすることができた。傷や痛みが原因で黒化したりして、医師であることを放棄しようとしていたホ・イムとチェ・ヨンギョンが患者の心を思う医師に成長した姿に胸を熱くさせられた。


一方、朝鮮に残ることに決心したホ・イムと別れを予感したチェ・ヨンギョンの切ない再会後、本当の別れをする姿が描かれて結末に対する気がかりが最高潮に達した『名不虚伝』最終回は今日(1日)夜9tvNで放送される。




『名不虚伝』キム・ナムギル、シン・リナと再会... 「長い間待たせてすまぬ」


記事入力 2017.09.3022:09:06


f0020564_13154327.jpg


http://star.mk.co.kr/v2/view.php?sc=40900001&year=2017&no=656957




[毎日経済スタートゥデイ キム・イェリン客員記者]


『名不虚伝』キム・ナムギルがシン・リナと再会した。


30日放送されたtvN週末ドラマ『名不虚伝』で死んだと思った凧(新リナ役)と再び会って、彼女を救うホ・イム(キム・ナムギル)の姿が描かれた。


この日、ホ・イムはチェ・ヨンギョン(キム・アジュン)からヨニが生きているという事実を知ることになり、朝鮮時代に行ってヨニを助けようと決心した。続いて鍼で心臓を刺し、朝鮮時代にタイムスリップした。


朝鮮時代に到着した許任は荒涼とした雰囲気に人が一人もいないのを見て不思議に思った。この時、倭人たちが現れ、ホ・イムは身を隠した。ホ・イムは「沙也加(武田宏光)が、以前、「今から半月以内にわれらの軍勢が漢陽に到着するであろう」と言った言葉を思い出して、ようやく倭人たちから身をかわした。


倭人に見られないよう、ホ・イムはチェ・ヨンギョンが「ホ・ジュン(オム・ヒョソプ)先生のお宅です。ヨニという子供はそこにいました」と言った言葉を思い出しながらホ・ジュンの家に向かった。しかし、家は乱闘の場となっており、使用人は倒れて死んでいた。ホ・イムは驚いて部屋の中に入り、チェ・ヨンギョンのバッグを見つけた。彼は「ヨンギョンさんのかばんがが何故」と言いながらカバンを開けると、中には書信があった。ホ・ジュンが残したメッセージであった。


ホ・イムは、ホ・ジュンが対応の「小川の橋を通って来てみたら、見捨てられた民家が一軒見えるだろう」と言及したとおりに足を運んだ。到着した場所には、マッケ(ムン・ガヨン)がいた。マッケはホ・イムに会えて喜び、ホ・イムはマッケとホ・ジュンが元気に生きている姿に安心した。


家で倭人たちによってけがをした患者たちの面倒を見ていたホ・ジュンはホ・イムを見つけ、「来たか。幸いにも手紙を見つけたようだな。入って見なさい。ヨニに会いに来たのではないのか」と語った。部屋の中には、ヨニが父親の介護を受けて横たわっていた。ホ・イムはヨニの手を取った。ヨニは「おじさん」と言って、眼を開けて彼を見上げた。ホ・イムは「遅れて来て、こんなに長く待たせて申し訳ない。そうして、こんなによく堪えてくれて誠に有難い」と言ってヨニの頭を撫でた。彼は「ちょっと待ちなさい。私がすぐにおまえを治療してあがる」と言って、ヨニの脈を取った。ホ・イムの顔色は暗くなった。ホ・イムは「一体、おまえに何が起こったのか」と考えて部屋を出るとホ・ジュンに単純な病気のために患っているようではないようだと語った。ホ・ジュンは「山の中に居を定め、山の獣を取って暮らしていた一家だったと言っていた。ある日、父親が家を出ている間に、近くを通りかかった火賊(盗賊)の群れに襲われ、母親がひどいことをされたよだ」と口を開いた。続いて「母親が首を吊るのを子供が見たのだ。私が子どもに気を使ってみたが、子どもを救えるのはおまえだけだろう。それでもあの子がああして持ちこたえてくれたのを見ると、おまえに約束が子どもに生きようとする心を植え付けたのではなかろうか」とし「方策はあるのか​​」とホ・イムに尋ねた。ホ・イムは「できることはすべてします」との意志を固めた。


この時、倭軍が押し寄せた。まさに、先日、ホ・イムとチェ・ヨンギョンを撃ち殺そうとしていた者であった。倭軍は「おまえだったか、朝鮮人。われらは縁が深いな」と言って剣を抜いた。しかし、この時、朝鮮義兵隊が押しかけ、ホ・イムとホ・ジュンを救った。


ホ・イムは彼らにお礼の挨拶をした後、別れてから直ちにヨニの治療を始めた。


ホ・イムはヨニの気持ちを静めながら治療した。そうして、ヨニは助かり、ヨニの父親は「もう、生き返りました。ヨニ、大変だったな」と涙を流しながらホ・イムに感謝した。




『名不虚伝』キム・ナムギル・アジュン、再会もつかの間別れを選んだ


デジタルメディア本部記者 入力:2017-10-01 [01:02:47] 修正:2017-10-01 [01:02:47]

f0020564_13181750.jpg

▲写真=tvN『名不虚伝』放送画面キャプチャ



http://news20.busan.com/controller/newsController.jsp?newsId=20171001000003


『名不虚伝』キム・ナムギルとキム・アジュンが別れを選んだ。


30日放送されたtvN『ミョンブルホジョン』では、チェ・ヨンギョン(キム・アジュン)が朝鮮から帰ってきたホ・イム(キム・ナムギル)と再会する姿が描かれた。


この日、ホ・イムはチェ・ヨンギョンとの約束を守るため、ソウルに戻ってきた。自分のためにおにぎりを作るホ・イムを目撃したヨンギョンはバックハグにで彼を迎えた。


再会した二人はデートを楽しんだ。デートが終わる頃、ホ・イムはヨンギョンに「言うべきことがある。今でなければ言えそうにないので。すまない」と述べた。


ヨンギョンは予想したかのように 「ありがとう。最後の挨拶をできるようにしてくれて。もう、帰って。あなたがいるべき場所へ。わたしはソウルを守るから、あなたは戻って朝鮮を守ってね。もう、それぞれが進む道を行きましょう」と別れを告げて涙を流した。




「話がある」と言いながら、容易に言葉を出せないキム・ナムギルの表情。涙ながらに笑顔で送り出すキム・アジュン。キムキムカップルの圧巻の演技です。



by omasa-beu | 2017-10-01 13:28 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(2)

tvN『名不虚伝』放送終了に際してキム・ナムギルの所感

昨夜、15話のエンディング。ホ・イムの決意を感じとり、「それぞれが進む道を行きましょう」と応じたチェ・ヨンギョン。二人の選択に涙するしかありませんでした。まだ、一縷の望みを今夜の最終話に託していますが、4か月もの撮影を終えたホ・イム、いえ、キム・ナムギルさんからの感想が事務所を通して明らかにされています。


『名不虚伝』キム・ナムギル、ウイットのある放送終了所感 「愛されて終わり祝着に存ずる」


入力時間| 2017.10.01 10:11 |キム・ユンジ記者


f0020564_12095195.jpg
画像=オーエンエンターテインメント、tvN



http://starin.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=EA31&newsid=01108646616088656&DCD=A10102


[イーデイリースター inキム・ユンジ記者]俳優キム・ナムギルが、ケーブルチャンネルtvN土日ミニシリーズ『名不虚伝』放送終了所感を明らかにした。


キム・ナムギルは、1日​​、所属事務所オーエンエンターテイメントを通じて「イボオ~(もうし)『名不虚伝』がたくさんの愛を受けて終了し、マジで祝着である!」というホ・イムバージョンのウイットのある挨拶をした。彼は「ぼくはホ・イムに笑って泣いて愛して楽しみながら、この4ヶ月を過ごしたように思います」とし「困難で苦しい状況は変わらなくても、自ら生きようとする心、その心一つで、われらが皆、元気を出して生きていければいいと思います。ミョンブルホジョンとホ・イムを愛してくださり、ともに過ごしてくださった視聴者の皆さまに感謝します」と述べた。


キム・ナムギルは、劇中、ホ・イムの状況とそれによる傷、ここから始まった感情の変化を巧みに表現して深みのある演技を披露した。現代に適応するため右往左往するホ・イムのとぼけた姿はドラマの楽しさを倍加させた。


『名不虚伝』最終回は1日午後9時に放送される。


by omasa-beu | 2017-10-01 12:13 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(4)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー