おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2014年 07月 07日 ( 2 )

BS11『サメ~愛の黙示録~』 第10話「信じたくない真実」

チョ・ヘウに呼び出され、公園に出向いてきたハン・イス。缶ビールを用意し、キム代表の本心を引き出そうとしますが、それは容易ではありません。しかし、「どんな顔をしていても、わたしにはわかると思ったのに・・・わからない」というヘウの述懐に反し、彼女の心は、すでに、眼の前のキム・ジュンがハン・イスであることを知っているようです。

その翌朝も、キム代表のマンションのドアの前で躊躇するヘウ。まるで、ストーカーみたいですが、イスの方も、赤い糸で引っぱられるように、ヘウを感じます。

公園でヘウを見つめるキム・ナムギルの表情が圧巻です。眼の動き、顔の筋肉からのど仏に至るまで、息をつめ、できるだけ平静を装おうとする微妙な演技に引き込まれます。

f0020564_20214583.jpg
写真は、KBS『サメ』HPから拝借しました。

ヘウと別れたイスにチングからの電話。放心状態で「オー」と答えるシーンがカットされているのは残念です。チングの話を聞いたイスの眼にまたたく間に力が戻ってくるのがわかります。

イスは、その後、イヒョンの働くカフェへ出向きますが、妹が、義父やスヒョンと楽しげに談笑するのを窓の外から眺めるシーンがカットされています。

また、その足で、元気なく戻ってきたマンションの入り口で、ジュースを手にしたチャン秘書に遭遇し、一緒のエレベーターに乗るシーンもカット。ここ、イスの素のやさしさが感じられる表情がいいんですけどね。

f0020564_20263070.jpg
写真は、テレビ画面をキャプチャしたものです。

考えてみるに、イスの会話を盗聴しているチャン秘書ですから、公園でヘウと会っている時からずっと尾行していたかも知れないですね。

エレベーターのシーンはこちらに書いています。

翌朝、早朝に出かけたヘウを書斎に探しにきたジュニョンが、ガラスのボードに書かれた文字を見るシーンがカット。

チョン・マンチョルの家で一枚の写真を見つけたオ刑事は、その写真の主を図書館で探そうとします。そして、オ刑事が見える席にすわるイス。オ刑事から眼を離した隙に姿を見失います。ボールペンのカチカチ音で危険を察知した時はすでにオ刑事は姿を消したあとでした。

キム・ナムギルのフロント部分だけがピンク色の白シャツにジーンズの立ち姿のなんと眼を引くこと。こういう何気ないファッションのナムギルさんとデートしたい...失礼しました。

創立記念日の朝。ジュニョンのネクタイを選び、締めてあげるヘウ。辞表を夫に預けるシーンがカット。

そして、カヤホテル創立44周年記念パーティの席上。グランブルーホテルが買収される先がカヤではなく、キム・ジュン代表のジャイアントホテルと知らされたチョ社長がイスに詰め寄るシーン。チョ社長をもてあそんでいるかのようなナムギルさんの悪い顔が魅力的です。関連記事は、こちらにもあります。

チョ会長にオ刑事を拉致され、その反撃として、ハン・イスが放った報復の矢は、ヘウの手を通して、自らの父の罪を暴く結果をもたらすのです。

ドラマの筋とは関係ないですが、ひとつ気にかかったことがあります。
韓国でも飲酒運転が摘発される様子は、他のドラマで描かれていますし、日本以上に代行運転も一般的なようですが、このドラマでは、缶ビールを呑んだヘウが直後に運転していたり、5話の別荘でのランチの後、ワインを呑んでいたイスが運転をしているシーンがあります。日本でも、何年か前に罰則が強化されるまではそういう傾向もあったように思いますが、ドラマとはいえ、こういうシーンはどうかなとふと思わせられました。

10話についての記事は、こちらにも書いています。よろしければ、どうぞ。
by omasa-beu | 2014-07-07 20:32 | サメ(サンオ) | Comments(6)

韓国語ボキャブラリー <トライ>

映画やドラマの台詞にしても、インタビューにしても、知らない単語は聴き取れないものです。「ハン・イスの韓国語」の場合は、知らない単語でも、字幕があったり、全体としての意味がわかったりするので、それを頼りに、単語を推測することは可能ですが、できるなら、単語力を増やした方がいいに決まっています。

オオサカ公演のSpecial Stageで、キム・ナムギルさんが「トライ」という単語に反応したことがありました。MCのYumiさんは、「ナムギルさんが今後トライしたい役は?」と、英語の「TRY」の意味で質問したのですが、ナムギルさんは、それを「いかれている人」という意味の「トライ」の発音かなと一瞬思ったようです。

ナムギルさんのおかげで、「トライ」と発音される韓国語の単語、「또라이」または「똘아이」があり、STUPIDやCRAZYを意味する単語(俗語)と覚えることができました。

面白いもので、その後、ドラマを観ていると、この単語が意味を持った言葉として耳に入ってきます。

『相続者たち』20話。主役のイ・ミンホさんが両親や友達に黙って入隊する先輩へ「おかしくなったな(이 또라이야)!」という台詞や、『ずる賢いバツイチ女』1話では、イ・ミンジョンさんがケンカ相手から「このおばちゃんはマジでこんなにぶっ壊れている(이 아주마가 이렇게 또라이에요)」と言われるのを聞くと、ドラマの楽しみが増えてきます。

たったひとつの単語ですが、こうして、ひとつずつ増やしてゆきたいものです。
by omasa-beu | 2014-07-07 00:35 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(2)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開中@シネマート心斎橋・新宿ほか


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31