おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2014年 06月 29日 ( 1 )

BS11『サメ~愛の黙示録~』 第8話「真相を求めて」

12年前、オキナワの老人宅に少年が置いていったサメのペンダントから、ハン・イスが生きていることを確信するチョ・ヘウ。

イスが生きていてくれて嬉しいと話すヘウに心揺らぐキム・ジュン代表。

イスとヘウ。お互いの姿を求めるかのように、思い出の高校の図書館をそれぞれに訪ねるふたり。

f0020564_23335649.jpg
写真は、KBS『サメ』HPからお借りしました。

イスの存在に平静ではいられないヘウ夫のジュニョン。

チョ会長の指示に従い、ヘウたちを尾行する殺し屋のおやじ。

カヤホテルのロビー。ヘウの前を歩くキム代表。肩をかばいながら足を引きずり気味に歩くその姿に、「肩と脚が不自由そうだった」と語ったオキナワの老人の言葉を思い出し、キム代表と初めて会ってからの出来事や彼の言葉に合点がいくヘウです。

8話でカットされているシーンは次の通りです。

オキナワのホテル。プールサイドでヘウの帰りを案じるジュニョンとチャン秘書との会話。

チャン秘書がヨシムラ会長と初めて会い、かれの支援を受けることになる回想シーン。

オキナワのホテル。夜中に目覚めたジュニョンが、傍にいないヘウに気づく。

オキナワから帰ったヘウが、警察署にビョン刑事を訪ねるショット。

キム・ジュン代表がヘウに電話する前の場面。ヘウと事務長が溜まっている案件についての会話。

カヤホテル。ジュニョンの事務室。オキナワでヘウが話した言葉やチョ社長での父の様子を思い浮かべる。

ビョン刑事宅。いつもより早く帰宅し、妻から、イヒョンの鼻血について知らされる。家族3人の風景。

気づいたのは、上の通りですが、いつものように、カットされてないシーンでも、その中の台詞は少しずつカットされています。

8話について、前に書いた記事はこちらです。よろしければ、どうぞ。
by omasa-beu | 2014-06-29 23:36 | サメ(サンオ) | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開中@シネマート心斎橋・新宿ほか


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー