おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2006年 03月 25日 ( 1 )

「咽喉頭異常感症」+「胃食道逆流症」だって

病名なんかどうだっていいのだが、症状が改善したこともあり、医師に確認した。私の自己診断「逆流性食道炎」もいい線いってたようだ。

「胃食道逆流症」と「逆流性食道炎」の違いをネットで検索すると「胃酸を多く含む胃の内容物が食道内に逆流して起こる病態を、胃食道逆流症といいます。逆流性食道炎のような症状があるにもかかわらず、内視鏡検査では、食道粘膜にびらんや潰瘍などの異常な病変が見られないものを含め、幅広く総称して胃食道逆流症としています」となっている。

医師からもこのような意味の説明を受けたけれど、何しろ学校時代からメモを取らないかぎり、記憶に残らない。つまり、頭が悪いってことか。タイトルに書いた病名も覚えられず、医師にメモしてもらった。へへへ

セルシン錠という安定剤が驚異的に効いたので、医師に質問した。「この薬は一体どんな働きをしているのですか?」言下に「それはわかりません」ですってさ。
好きやわあ、こういう先生、ずっとご指名したい。(^^;)

今日は天気もいいし、気分も好転してるし、どこかいいひとになれそうな気がしてくる。
(でけへん、でけへん、と首を振ってるそこのあなた、誰か、わかってるよ!)

「顔施」あるいは「和顔施」という言葉があるそうだ。「(わ)がんせ」または「(わ)げんせ」と呼ぶ。瀬戸内寂聴さんのご本(ビジュアル版、寂聴あおぞら説法ー光文社)にも「和顔施」と書かれた色紙を拝見した。ひとさまに差し出せるものが何もなくても、いつでも「あたたかい笑顔」や「やさしい振舞い」は出来るでしょというお釈迦様の教えのようだ。そういうひとの周りには明るく、さわやかな空気が流れる。プーの私にもこれなら出来そうだ。お多福顔(謙遜だよ~ん)も幸いしている。でも、難しいな。

写真は本日午後1時頃、京都市中京区の上空です。雲ひとつなく、薄いベールがかかったようなブルーでした。紙に青色を塗ったわけではありません。
f0020564_144491.jpg

by omasa-beu | 2006-03-25 18:46 | ビョーキ(片頭痛、他) | Comments(2)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』7/29公開


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー