おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2006年 03月 02日 ( 2 )

韓国語ボキャブラリー <깜짝이야! (あっ、びっくりした)>

最近お気に入りの韓国語です。ドラマでよく眼に(耳に)つきます。実際に使う日は来るのでしょうか。

今回は今月からスカパーに参入した韓国のKBS Worldで放送されている「人生よ、ありがとう(인생이여 고마워요)」で耳にしました。女主人公がどうもお決まりの病気らしい。そして、主治医が昔の訳あり男。これって、同じKBSドラマの「ローズマリー」によく似てるじゃない。しかもヒロインは同じ女優さん。「ローズマリー」の不治の病とちがい、病気を克服してゆくストーリーみたいだけど、紛らわしいなあ。
by omasa-beu | 2006-03-02 21:33 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(0)

不幸中の不幸(^^!)

昨夜、食後急に呼吸が苦しくなる。のどの異物を気にしすぎているせいかも知れない。やっぱ、明日はお医者に行こうと決め、久しぶりに早起きする。M病院は母が癌をはじめ数々の治療で入退院をくり返していたおなじみの病院だが、出入りするのは6年ぶり。前もってネットでチェックしていったとはいえ、すっかりシステムも内装も変わっていた。問診表に記入後、消化器外来の前で待つよう言われる。10分待つか待たないくらいで早や問診。その間、自分で血圧を測るだけで、尿を取ることもない。内診もなければ、大口を開けてのあーもなかった。

今朝は一応食事を控えて野菜ジュースしか摂っていなかったので、医師はすぐに胃カメラ検査をしましょうと言う。予想していたとはいえ、こんなにすぐに胃カメラを呑まされるとは思わなかった。場所を移り、局部麻酔のため、肩に注射。口のなかには粘っこい液体を注射器で注入され、上向きで3分待つ。

前回の胃カメラ検査は15年ほど前に同じ病院だった。あのときは、貧血の原因を探る目的があった。同じように局部麻酔の注射を受けたが、口元が麻痺して喋れなかったような記憶があるのに、今日はそれほどでもなかった。ひょっとして今回は効き目が悪かったってこと?
こわっ!!

胃の入り口が炎症を起こしていたほか、とくに問題はなかった。20年ほど前に指摘を受けたポリープも健在。これも問題なし。とはいえ、のどのひっかかりは今も消えない。とりあえず、炎症を抑える薬と胃酸の分泌を抑える薬を7日分処方される。

医師との問診も簡単なものだったけど、受付に昔の診察券を出してから会計まで約1時間。受診までの時間を延々と待たされた以前とちがい、患者としては疲労度が少なくなったことはよかった。

扁桃腺とちがい、飲食は問題なくできるから、体重の減少はない。喜んでいいのかどうか。
by omasa-beu | 2006-03-02 21:25 | ビョーキ(片頭痛、他) | Comments(2)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』7/29公開


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー