おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

チョ・ソンモ Japan tour (조성모)

10日大阪フェスティバルホール。公式的には日本で始めてのコンサート。ほぼ満員。一般予約日にネットでチケット購入。朝10時の開始で10時10分くらいには予約完了できたにもかかわらず、座席は2階の後ろから2列目だった。ファンクラブとか先行予約でないと1階の前の席とかは難しいようね。

歌舞伎公演など、開始時刻が遅れることなんて皆無なんだけど、コンサートというのは時間通りには始まらないものなの?この日も10分ほど遅れていた。ソンモくんはまだ現れないのに、舞台奥中央の大スクリーンにM/Vが映写されるだけで歓声があがる。ソ・ジソブ(소지섭)出演のM/Vに変わるとひときわ高い歓声。そして、スクリーンの前にシルエットで浮かび上がったきたチョ・ソンモ。細くて、立ち姿が美しい。1曲目から4曲目まではデビューしてから3年目までの曲ということで、私には聞き覚えがない。グレーのパンツ、白いシャツにそれより短くデザインされた黒のジャケット。襟なしの胸元に白と黒のリボンネクタイ。

あと2度の衣装がえ。ジーンズに赤いチェックのシャツ。最後が黒のパンツに白のおしゃれシャツ。からだの線がきれいなので、何を着ても似合っている。

曲と曲の合間には通訳さんをはさんでのトークだが、できるだけ、覚えた日本語とジェスチャーで話そうとするソンモくんがとてもかわいい。客席とのコミュニケーションに神経を使っているのがわかる。私が好きな歌手のやしきたかじんさんはかつて「歌は心で歌うものです」と語っていたが、ソンモくんは「歌は心で聴いてください」と言う。私にとって二人の共通点は歌の上手さとこちらの胸を打つ情感。

ソンモくんは韓国ではバラードのプリンスと呼ばれているが、この日はアップテンポの曲が多い。踊りながら歌い上げる。始めての公式コンサートなので、会場の盛り上がりを考慮したうえでの選曲かしら?歌の上手さ、声のよさ、かわいい容姿。ファンには人懐っこい笑顔がたまらない。ドラマのラブストーリを演じても成功しそうに思える。

ドラマ「パリの恋人(파리의 연인)」でソンモくんのファンになったひとたちが多いらしく、テーマ曲の「君のそばに(너의 곁으로)」が始まると熱気がちがう。歌い終えたソンモくんが「みんな、この歌を聴きに来たの?そしたらもう帰っちゃうの?」みたいなことを(私はかれの言葉の3分の1くらいしか理解できないので、そういう感じのことを)言っていたくらい。

お客は思い思いのペンライトを持ち、1階前方では最初からスタンディングで応援しているのが見える。私も最後の曲と聞いたときには迷わず立ってしまった(^^)がやっぱりこの方が舞台との一体感を持てるような気がした。

アンコールで3曲。その最後に歌ってくれたのが私の大好きな「君だけだから(그대 뿐이어서)」。チョ・ソンモ作詞、Yoshiki作曲のこの曲はNHKの開局40周年だか50周年番組で発表された。そのときは一部日本語でHiroとのデュエットだったが、ソンモくんの歌声に胸を射抜かれた。かれの第5集アルバム「歌人(가인)」には韓国語だけで収録されているが、あのNHKで歌ってくれたものとはまた別物。ほんとに歌や舞台はなまもの(live)と実感する。このNHKの番組を録画したビデオが見つからない。(!!)

私は6曲目くらいまでしか数えていなかったが、この日歌った曲は全部で27曲、とファンサイトでは書いてあった。生の歌声を聴けただけで十分なんだけど、次回はもっとバラードを、そして、やっぱり近くで見たい。でも、もうすぐ兵役に就くようなので、2,3年後になるのかな。f0020564_21363062.jpgf0020564_21364763.jpg
by omasa-beu | 2006-02-11 21:37 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31