おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

あれから5年!

2002年2月4日、5日の2日間、日韓共同制作ドラマ「friends」がTBSで放送された。その数日前、試写を見た新聞記者による批評がたまたま目に入った。主役を演じた韓国の若手俳優ウォンビン(원빈)について「今の日本では見かけなくなったなつかしさを感じる」という意味のことが書かれていた。

興味を惹かれた私は録画の準備をした。そして、初日の放送が終わる頃にはすっかりウォンビンファンと化していた。北朝鮮のオバチャンアナウンサーの朝鮮語に慣れていた耳にドラマの韓国語は全く別の言語のように心地よく響いた。TBSの掲示板にはウォンビンという未知の韓国俳優に魅了されたファンの書き込みがあふれた。今でも、この掲示板はROMのみ可能だが、ドラマ放送後のファンの興奮が垣間見られる。私の書き込みもどこかに埋もれているはず。ふふ

この掲示板のご縁で知り合ったウォンビンファンがロケ地を訪ねる自前のツアーを計画、実行したときの勢いには目を見張るものがあった。その後、ドラマを超え、韓国に留学するファンすら何人もいたくらいだ。ドラマの放送数ヶ月後に突然のリストラに遭遇した私でさえ、韓国留学を視野にいれたほどだ。もっとも、再就職もままならない状態で留学する勇気も余裕も現実にはなかった。

当時、ウォンビンの他の作品を知りたくて、韓国のインターネットで公開されているドラマを探したものだ。まだダイヤルアップ接続だった。紙芝居状態の映像をイライラしながらも夜遅くまで眺めていた。突然の失業でやる気をなくしていた私の気分転換となったが、今となってみれば、再就職への始動が遅れた感がなくもない。韓国ドラマは当時の私には一時の憂さを忘れさせる存在として大きな位置を占めていた。

今は光ファイバーのお陰で、この週末から始まったユン・ゲサン(윤계상)の兵役除隊後の初ドラマ「愛に狂う(사랑에미친다)」を放送局のHPでリアルタイムに視聴できる時代になった。韓国語も少しは理解でき、字幕のない韓国ドラマを楽しめるなど、以前なら想像もできなかったことだ。

「friends」の1、2年後、日本でヨン様(배용준)ブームを巻き起こした「冬のソナタ(겨울연가」」は当初吹替えで放送された。韓国ものに限らず、外国映画やドラマは、通常吹替えでは見ない。「friends」がなければ、韓国ドラマは私の生活の一部にはなっていなかっただろう。

ウォンビンをはじめ、「friends」で脇役を演じたイ・ドンゴン(이동건)やハン・ヘジン(한혜진)は今や韓国ではトップスターに成長した。放送直後、韓国語会話のテキストなど数冊しかなかった書店の棚には多くの韓国語関連本が並び、レンタルビデオショップには韓流ドラマ・映画のコーナーが充実している。

5年間はそれだけの長さということだ。おろそかには出来ない時間ということだ。この間、私が得たもの、それは、おでこの縦じわだけ、というのは、どうしたものだろう。

by omasa-beu | 2007-02-05 16:09 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』7/29公開


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31