おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

[記事]『名不虚伝』キム・アジュンさん インタビュー ①

ホ・イムを演じたキム・ナムギルさんのインタビューを待っているのですが、チュソク後すぐに映画『奇妙な家族』の撮影が始まって忙しいのか、先に、キム・アジュンさんのインタビュー記事があがってきました。ナムギルさんについてもいろいろと言及してくださっています。


Ohコーヒー一杯①] 『名不虚伝』キム・アジュン、「韓服よりも、白衣がよい?認定!」


[OSEN]記事入力2017/10/13 18:01


f0020564_14535227.jpg


http://www.koreadaily.com/news/read.asp?page=1&branch=NEWS&source=&category=entertainment&art_id=5682363


[OSEN =パク・ソヨン記者]ドラマはタイトル通りに進行したと言えるか。そういう意味で、tvN 『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』は言葉通りだった。俳優たちの名演技、信じて観る演出、不確かなタイムスリップストーリーの3拍子が等しく合致して視聴者たちの拍手を受け、先月末、放映を終了した。


その中心にキム・アジュンがあった。もちろん『名不虚伝』が朝鮮時代の鍼医ホ・イムのタイムスリップを中心としてストーリーが展開され、これを演じたキム・ナムギルがハードキャリー(注:中心的なキャラクター)ではあったが、彼と並んで中心軸を成し遂げたキム・アジュンのおかげでメディカルジャンル物と独特のロマンスを同時に完成することができた。


キム・アジュンは『名不虚伝』で2017年現代の胸部外科女医チェ・ヨンギョンに扮した。最初は冷徹で冷淡だったが、ホ・イムに出会い、徐々に患者に愛をもって接するようになり、彼とも時空を飛び越える恋人に生まれ変わった。『名不虚伝』を終えて長い秋夕連休も充実させたキム・アジュンに会った。


f0020564_14544828.jpg

- 『名不虚伝』を無事に終えた所感は?


「思ったより多く愛聴してくださってありがとうございました。以前は、メロが全くない作品ばかりをやってきましたが、今回は愉快な面もあればロマンスもあるので、別の視点から愛情をもってご覧くださったのでしょう。有難いです。今後は、もっとふわふわした作品で姿をお見せしようと思いました。ドラマが終わった今でも、まだ現場のことを考えると、胸がじーんとしたりして、ぼおっとしています


- ロコ(注:ロマンチックコメディ)もやったが、「ジャンル物クイーン」という修飾語をまた証明した


「久しぶりのコミックメロだったので照れました。以前は、男性たちとにらみ合い、目を真っ直ぐつり上げてラップ速射砲でセリフを吐くジャンルをやってきましたけど、突然コメディをしてメロメロしようとすると、自分自身、すごく照れました。「ジャンル物をやめてロコしなさい」というコメントを見ると気分が良かったです。でも、『名不虚伝』だって、ジャンル物の性格も強いですよ。「ジャンル物クイーン」という私が初めて聞いた修飾語も気持ちがいいです」


- 『名不虚伝』はどのように選択するようになったのか


「チェ・ヨンギョンのキャラクターに引き付けられたというよりは作品全体が興味深かったのです。私の作品の選定基準は、第一が作品、第二が共演者たち、第三が私のキャラクターなんです。タイムスリップ物なのにメディカルに限定的に見せるのは強みだと思いました。漢方医学と西洋医学のコラボレーションも面白かったんです。主題意識は真面目なのに、どっしりとしながらも愉快に展開していく作家なので、選択したんです」


f0020564_14553017.jpg

- 特に努力した点があれば?


「物語の出発は、ともかく、ホ・イムではないですか。だから、現代​​と西洋医学の話に移ってきたとき、緊張感が薄らぐかと思って俳優として宿題を感じました。それなりに孤軍奮闘しました。医師のキャラクターの勉強はしましたが、朝鮮時代の男性に会うことの勉強ができなくて困りましたけど、キム・ナムギルがホ・イムをうまく描写してくれたのでそれに信じてついて行ったんです」


- 正統時代劇ではないが、韓服を着た感想は?


「『海神』でデビューした時は武士のキャラクターだったので、今回、女性の韓服を初めて着ました。自分で見ても、先のアガシの韓服はだめでした(笑)。ピンクピンクは尚更そうですし。韓服を着てもちょっとシックに着たかったと思います。でも、時代劇は魅力のあるジャンルです。いつかまたやってみたいです。もう少し整っているジャンルなので現代物より自由でない状況で人間を表現するのが目新しいですね」


- 医療ドラマを、また、したいと思うか


初めての医療ドラマなので事前に準備して、たくさん勉強しましたけど、それほど使えなくて物足りなさが大きいです。韓服よりも、医師の白衣がよく似合ったことも認めます(笑)。私たちのドラマが『ロマンチックドクターキムサブ』のように、医学用語がたくさんある作品ではなく、むしろ手術室に入ったり、病院にいる​​時に演技するのが楽でした。緊張しなかったんです」(インタビュー②に続く)


[写真]キングエンターテイメント、tvN

パク・ソヨン記者



Ohコーヒー一杯②] 『名不虚伝』キム・アジュン「キム・ナムギルは多才。茶目っ気+思いやりが多い」


記事入力: 2017-10-14


f0020564_14563153.jpg


http://www.sportalkorea.com/butterfly/view.php?gisa_uniq=201710140040774470&key=&field=§ion_code=C1000&search_key=y


[OSEN=パク・ソヨン記者](インタビュー①から続く)


キム・アジュンは最近放映を終了したtvN『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』で胸部外科女医チェ・ヨンギョンを演じ、もう一度信じてみる女優としての地位を確立した。タイムスリップと医療ドラマを繋ぎ合わせた複合ジャンル物なので、彼女の名前の前に付けられた「ジャンル物クイーン」の修飾語はさらに堅固になった。


しかし、ホ・イムに扮したパートナーのキム・ナムギルとのロマンス「ケミ」が最高だった。愛すべきホ・イムはチェ・ヨンギョンと恋に落ちて「ガムタッチカップル」となり、二人を観る視聴者は時空を超えたロマンスに熱狂した。キム・アジュンにとって、キム・ナムギルはどんなパートナーだったのか?


f0020564_14572356.jpg

- ロマンス演技に対する負担感はなかったか


「実際、最初は憂慮しました。多くの方々は大韓民国の医療ドラマが病院でメロを撮るのかと卑下されるでしょう。私たちも漢方医学と西洋医学の話をしておいてメロを描くことについてどのように受け止められるか悩みました。ところが、好んでくださる方の方が多くて幸いでした。いちゃいちゃしながらもきれいに撮れていて良かったです」


- キム・ナムギルは、どんなパートナーだったのか


「愉快で思いやりがあり才能に恵まれた俳優だと思います。『パイレーツ』の中のキム・ナムギル兄さんは愉快でしたけど、他の作品は、真剣で慎重な演技をしていたではないですか。実際、『善徳女王』は観られなかったのでピダムの演技はわかりませんが、『赤と黒』や『サメ』では真剣で慎重な俳優と見ました。ところが、実際に会ったキム・ナムギルは茶目っ気たっぷりで、スタッフの一人一人に皆気を遣って配慮のできる俳優です。才能にあふれているので「??多才な人」と言ったのです」


- 朝鮮時代の男性を愛する演技とはどうだったか


「ホ・イムをどのように見て感情の変化を描くのか、随分悩みました。対立していた人を結局信じて、結局は愛まで、感情が複雑になるチェ・ヨンギョンを解釈するのが最大の課題でした。ホ・イムは朝鮮時代の人でしょう。チェ・ヨンギョンが彼にとってどのような女性になってなければならかを悩みました。だから、キム・ナムギルが表現するホ・イムをより注意深く見ました。朝鮮に行くと豪気でとぼけていて強いけど、現代では、犬のような赤ちゃんのような彼を見てチェ・ヨンギョンがどのような女性でなければならないか、悩んで表現したと思います」


f0020564_14583843.jpg

- キム・ナムギルとは会話を多く交わしたか


「ドラマ開始前には話を交わしましたけど、実際に撮影するときには互いの演技センスに頼りました。私がこのように行けば、あなたがこのように来てという、そのような感情が積み重なって、言わなくてもすべて分かるセンスを発揮するようになりました。実際に話ができる時間もなく、話して出来るわけではないから、互いの動物的な感覚を信じました。彼が描くホ・イムをより関心を持って見てどのように演じるのか、細かく見ました。私のキャラクターや感情だけを考えるというのではなく、彼にくっつくシーンは心を開いて和をよく合わせようとしました」


- ホ・イム x チェ・ヨンギョンのカップルを応援してくれたファンへ


「ロマンスやメロがある作品は、男女二人のうち一人が嫉妬されがちですが『名不虚伝』は違いました。ホ・イムとチェ・ヨンギョンの二人ともを愛情を持って応援してくださって感謝しています。お似合いだという話、二人のケミが良いという話に感謝して楽しく受け入れながら現場で演技しました。温かく見守ってくださって、ありがとうございます。実際、ホ・イムの方が大きかったのですが、彼がチェ・ヨンギョンを愛してくれたゆえに可能だった公平な愛だと思います。だから、キム・ナムギルに感謝です。彼がチェ・ヨンギョンを適当に好いていたら、そんなケミが出なかったはずなのに、大事に愛してくれたので、私も視聴者の方々に愛されたのだと思います。感謝しています」


[写真]キングエンターテイメント、tvN


by omasa-beu | 2017-10-14 15:00 | 名不虚伝(ミョンブルホジョン) | Comments(2)
Commented at 2017-10-23 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by omasa-beu at 2017-10-24 00:09
鍵コメさま、こんばんは。

いえいえ、アドバイスなんて恐れ多い(笑)。同じ立場でも、私のように妹まかせにしていると、毎日のように、スーパーのお惣菜を食べさせられますので、身体にとってほんとによくないと思います。なんて、自分で作らないくせに、そんなことを言ったら石が飛んできますね。でも、同じものを食べていても、妹は身長150㎝で41キロというガリガリちゃんなので、私の食べる量と食べ方(速い)がよくないんだと思います。次のファンミには、私も3キロやせて、お眼にかかりたいものです。でも、いずれ、上洛された折には、うんと食べて飲みましょうね(笑)

OSTは今日届きましたので、早速、一通り聴きました。ドラマを観ながらも、音楽がいいなあとは思っていましたけど、音楽だけを聴いていると、映像同様、映画みたいと感じる曲もあり、やはり、素晴らしいドラマというのは、すべて揃っているということなんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆ドラマ『名不虚伝(ミョンブルホジョン)』11/17からMNETにて放送開始!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30