おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2017 ROAD SHOW The Way 雑談③

Gilveotの公式サイトでは、大阪公演後に収録されたナムギルさんのメッセージがアップされています。「감사합니다(カムサハミダ)」の後の付録のようなメッセージがファンミの時のナムギルさんを思い出させます。とてもチャーミング。


お久しぶり

会いたかったの

俺も


何度聞いても笑ってしまいます。最近覚えた日本語でしたね。教えてくれたのは、ボーカルトレーナーのキム・ミンソクさん。通称、ミンちゃん。ついでに、「OKバブリー!」も言ってほしかったな。


ミンちゃんは、SNSをしないナムギルさんに代わって、今回、インスタグラムで何気に来日時のご自分の到着便を教えてくれたり、打ち上げ場所のレストラン情報を伝えてくれたり、それとなくナムギルさんをバックアップしている素敵な先生です。大阪で突然ステージに呼ばれたミンちゃんは短パン姿でファン差し入れのチュッパチャプスを口にくわえたままというリラックスしたスタイル。大宮では登場する機会がなかったのが残念です。


f0020564_03153115.jpg


私は、基本的には、ステージの上のナムギルさんを見つめていればシアワセなんですが、そこにいるナムギルさんを見れば、ちょっと喋ってほしいと思うだろうし、トークを聴くと、今度は歌ってほしいと願います。それがファン心理というものでしょう。まして、高いチケット代を考えると、それに見合う感動を得たいと望むのは当然のことです。


今回の大阪は、あまりにトークが長すぎて、ちょっと眠くなったという声も公演後にはちらほら聞こえる有様でした。大好きなナムギルさんがそこにいるのに眠気を催すなど、あってはならないことです。なにより、モッタイナイ。


スタートは、♪Forever~。えっ、最初からやるのという驚きは別にして、みんな、大いに乗っていたと思います。ナムギルさんの顔だって、輝いていましたもん。それなのに、トークが始まると、以前とは違うと拗ねて見せるのはもうなしにしませんか。決して、本心からそう思っていないのはわかってはいますけどね。


ナムギルさんが撮ったという好きな海の風景写真は、彼の短文を加えてGILSTORYに掲載してこそ、相応しいように感じられました。いくら、本人による撮影と言っても、ナムギルさん自身の匂いをそこに感じられない限り、ただ、退屈なものです。ずっと風景写真ばかりが続くので、古家さんですら、これ、大丈夫ですか?なんて言っていましたもん。


続いて、彼がこれまでに演じたキャラクターの中ではどの人と旅に行きたいですかというコーナー。歴代の人気キャラクターのワンシーンが流れます。ゴヌクが入ってなかったのが疑問ですけど、ピダム人気がすごかったですね。映像が出たあと、すごく感謝していると語っていました。でも、あれは2009年の作品ですから、以来、幾つもの作品に出演している彼にしてみると、複雑な思いもよぎったのではないかと察します。私もピダム堕ちですが、この質問についてはイスを選びました。理由は、ナムギルさんと同じ。おかねもちだから。こういう一致はファンとして嬉しいものです(笑)


第一部が終了し、ステージではGILSTORYの映像が流れています。ナムギルさんだけでなく、ファンにとってもトイレタイム。トイレから戻った隣の男性が警備の方などの配置を見て、「来るみたいですよ」と教えてくれました。その後、聞いたところによると、何人かの方もトイレから帰ってきて客席に登場したナムギルさんに遭遇するというサプライズな経験をされています。


古家さんの声でナムギルさんが客席を周る際のいくつかの注意事項がアナウンスされます。でも、出てくると、やはり、みなさん、立ってしまいます。一人が立つと、見えないから、つい、みんな、立ってしまうという悪循環。ナムギルさんには全ての通路を歩いてもらう代わりに、ファンは絶対に立たないという決め事ができれば理想ですけど、難しいですね。それでも、アナウンスの効果あってか、今回は、大した混乱もなく、ステージに上がり、歌っていた「会いたい」の二番をきちんと歌い終えました。


ナムギルさんによると、もみくちゃになって歌えないと思っていたから、あまり練習しなかったと。ちょっと物足りなさそう。ほんまに、ファンはどうすればいいんでしょうか(笑)


「会いたい」という曲をナムギルさんが日本のステージで歌うのは初めてです。でも、ドラマ『恋人』の撮影で中国の海南島に滞在していた時には、ホテルのラウンジで歌っていたという話をスカパー!KNTVの会報誌で読んだ記憶がありますから、おそらく、彼のカラオケの定番の一つではないかと想像します。歌いこんでいるはず。それだけに、もっと、きちんと聴きたかったのですが、大宮ではその願いが叶いました。DVDが出たら、聴きまくること確実です。



by omasa-beu | 2017-04-29 03:20 | 2017 KNG Stage | Comments(4)
Commented by きじねこキム at 2017-04-29 08:11 x
おまさぼうさま、おはようございます☀

大阪公演しか参加できなかったので、大宮公演に行かれた方の話をきいていると羨ましい限りでした。
自分が大宮に参加できなかったことが悔やまれてしかたがありません。

けれど不思議なもので、ナムギルさんが可愛い服装?(よく似合ってステキでした)で無事出国していかれるのを見ると、寂しい反面、なにかホッとした気持ちです。
帰国してからのナムギルさんの心が少しでも和らぐといいですね♪♪

今となっては、遠い昔の春の夢のような感じです。
Commented by omasa-beu at 2017-04-29 13:01
きじねこキムさま、あんにょん!

コメントをありがとうございます。
私自身、ファンミの告示があった頃は、まだ、脚の不安が大きかったので、埼玉まで赴く自信はなかったのですが、ともかく、チケットだけは確保しておいてよかったです。無事にナムギルさんに会えたし、ギル友さまたちとの再会もあって、心に残る公演、ファンミとなりました。

一般人のジャージ姿は、時によっては薄汚いだけですが、ほんとに可愛かったですね。惚れた欲目でしょうか(笑)。今は、ただ、ただ、彼の健康と次のファンミを期待しています。
Commented by kurikuri at 2017-04-29 20:12 x
おまさぼうさま こんばんは
連日の記事ありがとうございます。大阪と大宮の記憶が曖昧になってきた頃、前回からの記事で記憶がよみがえってきました。自分のお気に入りの所しか覚えていないので、こうやって記事にあげていただくとモザイク模様の記憶が繋がってきます。昨年は舞浜だけだったので、大阪については残念な気がしました。でもDVDで十分楽しめました。「お久しぶり~」の3点セットは大阪組にとってお宝かな。「俺も」の重低音は素敵でしたから。DVDに大阪もダイジェストで入れてくれないかな。

誰と一緒に旅行?イスとジェゴン迷いましたが、ジェゴンにしました。お金はなさそうですが、壺をもっていざというとき用心棒になってくれそうだから(笑)

実際ナムギルさんの体調もそうですが、なんだか怪しくなってきた世間、こうやってファンミを楽しめるのも平和あってのことだと思うのですが・・・
Commented by omasa-beu at 2017-04-30 00:54
kurikuriさま、こんばんは。

こちらこそ、コメントを嬉しく拝見しています。
私の記憶力こそハチャメチャなので、もう、まともなレポは書けなくなってきました。ですので、タイトルにある通り、いつも何だかんだと喋っている雑談ととらえてくださると有難いです。

そうですね。フラウさんの心意気でもって、大阪のダイジェスト版DVDもつけていただきたいですね。

kurikuriさんはジェゴンでしたか。イスについては「お金持ちだけど、血も涙もない」という説明でしたっけ? ちょっと違和感を持ちます。決して、そんな人ではないですもん。たしかに、殺人を犯しているから、すでに真っ当な人ではないですが、妹に向ける眼差しは本物でしたから。

平和あってこそ。私も時にそれは感じています。韓国の次の政権によっては、どんな日韓関係になるか、ほんとうに気になるところです。
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開中@シネマート心斎橋・新宿ほか


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31