おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

[インタビュー③] 映画『ある日』キム・ナムギル

[インタビュー③]映画『ある日』キム・ナムギル 「千万俳優になりたい」


f0020564_20421438.jpg

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/03/31/2017033101515.html


[OSEN =キム・ボラ記者](インタビュー②に続いて)2003年、MBC公開採用タレント31期でデビューし、『パンドラ』、『無頼漢』、『パイレーツ』、『サメ』、『善徳女王』、『赤と黒』など数多くの作品に出演し、自分だけのフィルモグラフィーを積んできたキム・ナムギル。


ドラマ『赤と黒』で致命的な魅力を持った悪い男の魅力を思い切り表わし女心を虜にしたのに、映画『パイレーツ』で天然ながらもコミカルな男を、『パンドラ』では正義と利他心に燃える原子力発電所の従業員役を演じ、観客の涙腺を刺激した。


キム・ナムギルは31日午前、ソウル・パルパン洞のカフェで行われたインタビューで、「若い時は<演技を上手くやるんだ>という考えだけでアプローチした。手ひとつをとってもかっこよく、かっこつけて、上手く表現したかった」とし「多くの先輩たちが<演技をしないのが自然だ>と言われた。だから、歳を取るほど、より淡々と表現しようとしている」と述べた。


俳優キム・ナムギルの顔は多い。けれん的という表現ではなく、多様なキャラクターを表現することができるという意味である。カメラの前に立つと、尚更そうだ。映画の中で出会うキム・ナムギルの姿は誰かを切なく愛するロマンチックな男になった後、自身を下に置いたようなコミカルな魅力を見せてくれたりする。時には冷たい眼差しを持ったカリスマあふれる人物に変身する。


「実際、以前、『パンドラ』が公開を控えたときも『マスター』とかがくっついていたので、興行において心を空にして久しい。うまく行くのは天が与える機会であるようだ」


4月5日封切りする『ある日』とミステリースリラー『時間上の家』が同時に出撃する。


「ぼくは多くの映画が出てきて、韓国映画がうまくいけば良いことだと思う。多くの方々が見てくださればいいんだ(笑)。損さえしなければいいのではないかと思う。それでも千万をまだ経験していない俳優として千万俳優になりたいと思う」


[写真]オーエンエンター提供


by omasa-beu | 2017-04-01 20:44 | 映画 ある日(マイ エンジェル) | Comments(0)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31