おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

映画『マイエンジェル』クランクアップ

『マイエンジェル』クランクアップについての記事が韓国メディアで報じられています。キム・ナムギルさんの所属事務所、O& EntertainmentのFBやインスタグラムにもアップされているのが嬉しいです。

f0020564_1429204.jpg
写真はこちらの記事からお借りしました。

『マイエンジェル』キム・ナムギル♡チョン・ウフィのスチール初公開...下半期封切り元記事

[TVレポート=キム・スジョン記者]映画『マイエンジェル』(仮題、イ・ユンギ監督)がクランクアップした。

『マイエンジェル』は、キム・ナムギル、チョン・ウフィ、そして、繊細で美しい演出で定評のあるイ・ユンギ監督まで、三人の出会いだけでも製作段階から映画ファンたちの熱い関心を得ていた。

今回の作品で、妻の死を目の前で目撃した保険調査員「カンス(강수)」役を務めるキム・ナムギルは「このように、また、ひとつの作品が終わったということが実感出きない。いい物語を一日も早く観客にお見せしたい。多くの期待をお願いする 」と撮影を終えた所感を伝えた。

不慮の事故で植物状態に陥ってしまった女性「ミソ(미소)」役を通してキム・ナムギルと呼吸を合わせたチョン・ウフイは「ともに苦労した俳優、スタッフ皆に感謝の挨拶を伝えたい。おかげで撮影を無事に終えることができた。多くの方にご覧いただきたい」と感謝の気持ちを表わした。

『マイエンジェル』は、妻の死を目撃した男が偶然植物状態に陥った女性に会って展開される話を描いた映画だ。今年下半期に封切りされる。

事務所のインスタグラムから拝借。問題なら、削除いたします。FBによると、クランクアップしたのは8日。
f0020564_14374286.png


크랭크업 축하드려요.
クランクアップ、おめでとうございます。
Congratulations on finishing shooting the movie "My Angel".
by omasa-beu | 2016-07-14 14:39 | 映画 ある日(어느날) | Comments(4)
Commented by フクフク at 2016-07-14 20:44 x
おまさぼうさま
「マイエンジェル」クランクアップの記事を見ました。上映会から一段落した私にとって、再びキャーと舞い上がるお写真。うーん、大人ナムギルでいいです。ジェゴンと違ったやさぐれ感もツボです。早く観たいなあ。さて、上映会のこと、前回では書かなかったことですが、おまさぼうさまがおっしゃること、ほんとこのことを書きたかったのです。舞浜トーク入れてほしかったです。最初、じーっとナムギルさんを見てお口あんぐりのファン方々の顔まねをしたとき、もう私と同じ笑いのツボをもっていると親近感がわいて、ファンの皆様には失礼と思いつつ、笑ってしまいました。また、ミンソク先生が出ていらっしゃったとき、すぐに引っ込まれたので、あんなにいろいろ話しているとは、聞き取れませんでした。それも日本語で。ミンソク先生の日本語が自然できれいだったので、ナムギルさんも簡単な日本語が自然に出るようになったわけですね。そんな貴重な一こまがファンにはたまらない。しつこいけれど入れてほしかったです。最後のエンデイングの練習風景でDVDでも気になっていたのですが、大画面で首のテーピングを確認して、満身創痍で準備をしていたのだとわかり、無理しないでしゃべくりだけでもいいよとつぶやいてしまいました。
Commented by omasa-beu at 2016-07-14 23:40
フクフクさま

DVDは、舞浜の曲を収録してくれただけでも嬉しいんですけど、それだったら、もう少し増やすくらいできるんじゃないかと、つい、思ってしまいます。私は、とくに、Endlessを歌い終わった後のトークを入れてほしかったですね。

ミンソク先生は日本語がお上手です。以前、ブログにも書いたことがあるのですが、2年前のヨコハマ公演でナムギルさんが歌った英語の曲名がわからなかったので、2日目、たまたまお見かけしたミンちゃんに日本語でお訊きしました。とても丁寧に応えてくださいました。間近で見るミンちゃんはとてもイケメンです。ナムギルさん同様、写真写りの方がいまいちかも知れません。

1st Japan tourの練習でも、左肩にサポーターというのかしら、何か、はめてましたもんね。首から肩にかけて、慢性的な痛みがあるのかしら。フクフクさん、おやさしいですね。彼の身体は心配ですが、お喋りだけでは寂しい。やっぱり、歌ってほしいです。非情なギルペンですね。
Commented by フクフク at 2016-07-15 20:44 x
おまさぼうさま
過去記事から2年前のツアーの記事を読ませていただきました。皆様のコメントが熱い。ナムギルさんもしゃべくっている。わずか2年前なのにお顔すっきりシャープですね。確か「赤と黒」放映の時第一回見てそのまま終わり。あのときはなんだったのだろうと思います。それから何年たったのか、ゴヌクとジェゴンが同じ俳優なんて。その後、イス、ピダム、ジアン、テサン、ガンム、ジェミン、シンスケそしてやっとゴヌクにたどり着く間抜けぶり。なんだかんだ言っても、毎日激リピするのは、歌のところです。私も非情なファンになりそうです。
Commented by omasa-beu at 2016-07-15 22:29
フクフクさま
過去記事まで、ありがとうございます。
ええ、あの頃、みんな、熱かったですね。1st tourで古家さんがおっしゃったように、あつくるしいくらい(冗談ですよ、笑)。あの頃のような賑わいはすっかりなくなってしまいましたが、みなさま、いまもギルペンでいてくださったら嬉しいのですが。

『赤と黒』一回目のゴヌクは私ももひとつですけど、私の場合、すでにピダムからナムギル道に入っていましたからね。まあ、どこから好きになっても、今好きということに変わりないですね。
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31