おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

イ・ソヨンさん、結婚!

映画『パイレーツ』の関西での公開が終了し、気が抜けてしまいました。今まで、劇場で繰り返し観た映画は、チャン・ドンゴンさんとウォンビンさんが共演した『ブラザーフッド』の8回が最高記録でしたが、今回、『パイレーツ』は通算10回。夜一回だけの上映という悪条件がなければ、もっと観られたのにと残念です。それでも、眼を閉じれば、映画を再生(?!)できるほどになりました(爆)。中部地方では上映が18~19日まで延長されていますし、これから公開になる地域もありますので、スケジュールは、こちらを参考になさってください。

さて、イ・ソヨン(이소연)さんと言えば、キム・ナムギルさんと同じ事務所、Star J Entertainment に所属する俳優さんですが、そのご縁か、ナムギルさんがカバーした曲『Roman』のミュージックビデオに出演しています。youtubeからティーザーを共有させていただきます。


初めてソヨンさんを観たのは、ペ・ヨンジュンさんとチョン・ドヨンさんの主演映画『スキャンダル』でした。新人としては堂々とした演技だったように思い出されますが、彼女の印象が濃くなったのは、『春のワルツ』をはじめとした強烈な悪役を演じてからでした。『天使の誘惑』、『トンイ』、『Dr. Jin』など、その大きな眼が役にも大きなインパクトを与えていたように思われます。

2013年初頭には、音楽番組『The Track』でMC としてナムギルさんと共演していますが、役のイメージjとは全く違い、とても清楚な感じがする女優さんです。
f0020564_1255460.jpg
写真の出処は、Star J Entertainment。

ご結婚相手は一般のビジネスマン(記事はこちら)のようです。お仕事も続けられるといいですね。

おめでとうございます。
by omasa-beu | 2015-06-14 13:12 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(6)
Commented by Chie★ at 2015-06-14 20:50 x
おまさぼうさま こんばんは
いつも素敵なブログ、ありがとうございます~o(^▽^)o

ソヨンさん、ご結婚されるのですね。
RomanのMDで見たときは、[あっ!トンイのヒビンさんだ]と思いましたね。大きな瞳が印象的で、美しい女優さんですよね。
ずっと、作品はトンイしか知りませんでしたが、
ギルが共演者のドヨンさんの予習のために見た「スキャンダル」にも、ギルがトリファガで演じる興宣大院君の予習のために見た「Dr.JIN」にも、確かに出演されてましたね。どちらもホントお綺麗でした。
めでたいけれど、正直なところ、結婚相手がギルでなくてよかったわ~( ̄▽ ̄)

昨日は、パイレーツの字幕(トウリョウ・頭領のダジャレ)への、私のコソコソとした質問の相手をしてくださり、コマスミダでした~m(_ _)m たいへんスッキリしました。
んが、一夜あけると、新たな疑問が浮上。
あのセリフ、英語バージョンでは、どう翻訳されているのかしら・・・、と。

もうひとつ、サジョンの背中にささった矢を抜き取る時の
キム・ウォネssiが言っているセリフも何故だか気になっております。 目を閉じて再生できますか~?

地元にパイレーツの上映劇場がなかったので、
たったの2回しか見ていないのに、いろんなこと思いつきます。
Commented by omasa-beu at 2015-06-15 16:37
Chie★さま
こちらこそ、いつもコメントいただき、嬉しいです。ありがとうございます。

ソヨンさん、女優は続けられるようですので、いつか、ナムギルさんとの共演も楽しみにしたいです。

Chie★さま、私が再生できるのは(笑)、各シーンのイメージだけで、台詞などは断片的にしかピックアップできません。という訳で、韓国版DVDで確認してみました。

韓国語 → 日本語字幕 → 英語字幕
두령・トゥリョン(頭領)→ お頭→ Chief
두려워・トゥリョウォ(こわい)→ おかし→ Thief

それから、ウォネさんの台詞ですね。

<どたま>と訳されていた<대가리(テガリ)>という単語の意味は、俗語として<人間の頭>と辞書に書いてあります。

「どたまとは何だ?」とサジョンに言われたウォネさんが言い換えたのは、「どたまさま」。韓国語字幕では、<대갈님>。テガリのハングルが語尾変化していますが(その文法的説明は私には無理)、<どたま>にそのまま<さま(님)>をつけたものです。

ちなみに、このシーンの英語字幕は、
If you get struck on the head, you'll croak!
(頭に刺さってたら、くたばってましたよ)
頭よりも、くたばるという単語でお頭を軽んじるような台詞にしてます。
How dare you say that? (よくもそんなことを?)
It's the truth.
先の台詞で<どたま>と言ってないので、こういう訳し方なんですね。

サジョンがヨウォルと初めて会った折、ソルリからも言われていました。日本語字幕は覚えていませんが、「テガリ(どたま)を半分にかち割ってやろうか」みたいな意味で。

逆に、2回しかご覧になってないのに、よく覚えてられるのがすごいです。
Commented by Chie★ at 2015-06-15 22:38 x
おまさぼうさま 早速のリコメ、コマスミダ~m(_ _)m

英語バージョンまで、すみません。
(おまさぼうさんのファンの皆様に怒られそうです)
日本語でもそうでしたが、英語でも全く別の単語でダジャレ翻訳になってるんですね。
笑いの翻訳って難しいんだ、とつくづく感じました。
私、英語のThiefが分からなくて、ググってしまいました(笑) 「シーフ・泥棒」…? なるほど~

そして、何度も出てくる「どタマ」!
字幕を見たときは意味不明で、「ん?日本語だよね?」としばらくの間、字幕の入力ミスかと疑ってしまいました(笑)

笑いが起こる箇所が、国によってビミョーに違って聞こえるのは、こうした表現の違い、文化の違いがあるからですかね。でも、なんだか楽しかったです






Commented by すみれ at 2015-06-16 08:21 x
イ・ソヨンさん、結婚されるのですね(*^^*)
「トンイ」の、ソヨンさんのチャンヒビン 美しくて好きです。
悪女役ばかり見ていたので、「恋せよシングルママ」を見た時は、出演者名を見直しました。
明るく、可愛く、ドロドロさも少なく、楽しく見ました。
こんな女性を、奥さまにされる方、お幸せですね(o^^o)

誰かの結婚報道の度にドキッとします。
結婚そのものは構わないのですが、ギルのお相手を、気 にいるかどうか、とても不安です´д` ;
Commented by omasa-beu at 2015-06-16 15:23
Chie★さま
いえいえ、ほんとうなら、ご質問いただく前に、そういう面白台詞を記事にすべきですよね。サボってます(笑)

「どたま」って、「どアホ」同様、私にとっては馴染みのある言葉なんですけど、大阪弁みたいですね。

市川猿之助さんや染五郎さんがトーク番組でおっしゃっていたのですが、最近、同じ芝居をやっても、以前とは笑いのポイントが変わってきているらしいです。えっ、こんなところで笑いがくるのか?とかね。

私自身、『パイレーツ』を観ても、大声で笑うことはありませんでしたが、笑っている方はいっぱいいましたし、言葉、文化の違いだけでなく、個人によって、時代や年代によっても、笑いの要素は異なるんですね。コメディやお笑いを創る人、演じる人は大変です。
Commented by omasa-beu at 2015-06-16 15:32
すみれさま
悪役は美女が演じると凄味が増すような気がします。トンイのヒビン、よかったです。
最近観てる『12年ぶりの再会』では、高校生時代の傷を抱えてはいるけれども、一見、等身大の役柄を演じてますけど、ヒビンやDr.Jinの妓生のような時代劇がよくお似合いです。

あんなに好きだったウォンビンさんが結婚しても素直におめでとうと言えるし、あんなに好きだったユン・ゲサンさんがイ・ハニさんと付き合っていても冷静に見てられます。ナムギルさんに対しては、そういう自分を見たくないです(笑)
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』公開中!!


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー