おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

韓国語ボキャブラリー <しようがない!>

スカパー!KNTVで放送中の『サメ~愛の黙示録~』もあと3話。2011年秋に『赤と黒』がNHKで放送された折の状況と較べてしまう。当ブログだけだろうか。あまりにも放送後の反響がなさすぎるのだ。

全国津々浦々まで放送されているNHKとスカパーを比較するのは無理があるが、久しぶりに『赤と黒』の最終話を観ながら、あのエンディングを知っていても、それでも、面白く観てしまうドラマそのものの持つ力を感じてしまった。

逮捕されたシン女史のため、ゴヌクを訪ねるテソン。ドアを開けることもなく、心の中で答えるゴヌク。「ゴヌクの韓国語」でも取り上げた台詞。

悔しいかって? しようがないだろ。それがお前であり、それがオレなんだから。

キム・ナムギルの声と台詞廻しにぐっとくるシーンです。黒ずくめの衣装もセクシー。
f0020564_2103321.jpg


しようがないだろ。

어쩔 수 없잖아.
オチョルス オプチャナ。

We had no other choice. (It couldn't be helped.)
by omasa-beu | 2014-02-19 21:13 | 韓国ドラマ/映画・韓国語 | Comments(8)
Commented by ミニうさ at 2014-02-19 23:06 x
おまさぼうさま、アンニョン♪

赤と黒の最終回思うところはいろいろありますが、おっしゃる通りわかっているのにドキドキしながら見てしまいますね。

脚本がしっかりしているというのか、ドラマに共感できる根幹が赤黒にはあるんですが、サメにはなかなか入り込めません(^^ゞ
もっと何度も見ていかないとだめなんですかねぇ?

「しょうがない」ってよく使うし聞くフレーズですが、あまり好きではありません。
しょうがなくしたくて・・・いつもあがいてバタバタしてより深みはまる自分が子供っぽくて情けないです(>_<)

「しょうがない」のいい意味の方をもっと取り入れて柔軟になっていきたいんですがなかなかできません。
それが私だから・・・(笑)
Commented by すみじ at 2014-02-20 09:39 x
こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
私も同じようなテイストのドラマなのに反響の差はなんだろう?といつも不思議に思っています。

主人公のラブラインに全く共感できない、であるとか社会的背景の描かれ方が日本人として微妙である、など思いつくことはいくつかあるのですが、作られた監督さんのキャラクターへの思いいれの違いが一番大きいのかもしれないですね。

「悪い男(赤と黒)」のイ・ヒョンミンさんは、とにかくゴヌクをかっこよく、ひいてはナムギルさんの魅力を余すところなく引き出してくれたと思います。
韓国放送をリアルで見ているときでもHDDに残してある「悪い男(赤と黒)」ゴヌクダイジェストを見ては、やっぱりこっちのが素敵やわぁ~とつぶやいておりました。
でも、最終回の後半は見ないんですけど(笑)。これも好き嫌いですから「しようがないだろ」ですよね。
(このシーン、NHKではカットでしたね、なんてもったいない!)
Commented by うずちゃん at 2014-02-20 10:16 x
おまさぼうさま

 私、まさ「サメ」見ていないので、比較はできないんですが。「赤と黒」で、「赤と黒」のファンに、そして、ナムギルファンになりました。「赤と黒」の世界のあの孤独感・・が好きです。とても惹きこまれました。一人一人が孤独。孤独なんだけど、一方で愛やぬくもりにとても飢えている。ナムギルは、そんな人間を見事に全身で表現してくれていました。
そして、あの美しい風景や音楽。気づくと、一気に「赤と黒」の世界にひきこまれ、その中で遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ。
今でも、しばし、目を閉じて、「赤と黒」の世界観にひたって遊んだりします。

孤独感と愛が行ったり来たり・・・じんわりと時間が流れます。
Commented by おまさぼう at 2014-02-20 14:14 x
ミニうささま
何度も観ているのに、ああ、オトコマエと改めて感じながら観てしまいました(笑)。そこらへんが、好きってことですね。
ゴヌクの言う「しようがないだろ」は、それしか選択肢がなかったという意味でしょうけど、何でも簡単に「しようがない」とあきらめるのは私も慎みたいと思ってます。でも、つい、言ってしまいますけどね。
Commented by おまさぼう at 2014-02-20 14:21 x
すみじさま、コメント、ありがとうございます。こちらこそ、いつも、最新ニュースをあげてくださるのを楽しみにしています。

赤黒の監督がキム・ナムギル主演にこだわったのに較べ、サメの監督は他の役者でもよかったと思っていたかも知れないという大きな違い。
ハン・イスのヴィジュアルは結構好きですけど、ドラマに華がないのがすごく残念です。

NHK版は、冒頭に太陽をつかもうとするシーンをもってくるなど、いい面もあるのですが、このシーンや仮面パーティ後のゴヌクとジェインのシーンをカットするなど、残念な面もありました。
Commented by おまさぼう at 2014-02-20 14:35 x
うずちゃんさま
『赤と黒』だけのブログまであげてらっしゃるくらいですものね。うずちゃんさまの思い入れ、よくわかります。
ドラマも総合芸術ですね。音楽、映像、脚本、キャスト。どれをとっても魅力的でした。ゴヌクは孤独でも、温かく、ユーモアもある人間として描かれていたし、ナムギルさんのよさを十分出し切れたドラマだったと思います。
Commented by ぷりん at 2014-02-20 15:07 x
DVD持っているのにも関わらず、先日、誤報配信!?となってしまったGyaO!で赤黒を視聴。
何回も見ているのにもかかわらず、カナリ集中して見入っている自分がいました。その集中力・喰いいりようは「サメ」にはない気がします(*^_^*)

映像も音楽も良かったですが、やはりシナリオ問題でしょうか。
赤黒の世界・ゴヌクへの感情移入は、何度見ても引き込まれるのに対し、サメは監督お得意の兄妹愛には引き込まれましたが全体的には。。。正直、何度も見たい「サメ」にはならないかも(*_*; 
ハン・イスのヴィジュアル・演技は好きなんですけどね……

ググっているとKN放送を見て「サメ面白い、先が気になる」「2人のメロもいい」という声もあります。が、「イス堕ち」という方は……(-_-;)
改めてゴヌクというキャラクター、またそれを見事に演じたナムってすごい俳優ですね(贔屓目かな笑)
Commented by おまさぼう at 2014-02-20 21:21 x
ぷりんさま
NHK地上波での放送がまだですしね、この際、ナムとうっくんを招待して、赤と黒、ファンの集いをやってほしいです。女優さんは招んでいただかなくても結構ですので。

サメ、初めての方にとっては、確かに、先は気になりますよね。それは、多くの韓国ドラマに言えることだし、サメだからというほどでもない。二人のメロがあれば、もっとはまるんですけど、それも中途半端。

ナムギル主演作品で評判をとらせてあげたいです。
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー