おまさぼう春夏秋冬

omasabeu.exblog.jp ブログトップ | ログイン

撮影現場で見たキム・ナムギルの魅力(ピダム)

「桜の下のオフ会」に参加してくださるナムペンさまに次のような質問をしました。

<キム・ナムギルが演じた役のなかで、一番好きなキャラクターは何ですか。>

ピダム 8票、ゴヌク 8票、カンム 1票という結果でした。私自身もそうですが、ピダムかゴヌクが決めにくいという方もいらっしゃいました。その時の気分でも変わったりします。

この前のコンサートでは、ピダムの映像に歓声が上がったことを思い出します。ゴヌクは愛しいけど、ピダムも魅力いっぱい。ゴヌクの合い間に会いたくなるピダム。あるいは、その反対だったりします。

キム・ナムギルの最新ニュースを探していて、ピダム時代のいい記事を見つけました。すでに見たことのある写真ばかりですが、ちょっとお借りしてきました。最近ナムペンになられた方には興味深いかと思います。日本語訳は、基本的に翻訳機によるものです。元記事は、スポーツソウル。 2009.9.30付、<イ・ジュサン記者のeファインダー>という連載記事で取り上げられています。


撮影現場で見たキム・ナムギルの魅力

男の魅力を語るとき、よく、美男、快男、フンナム、ホナムと称する。MBC月火ドラマ『善徳女王』で彗星のような存在のキム・ナムギル(28)は、どんな男だろうか。現場で見た彼の姿は、すべて該当していた。彫刻のような顔で美男。さっぱりした性格で快男。他人を気配りする姿にフンナム。すぐに相手を信頼させる姿にホナムを感じた。撮影現場の雰囲気も彼が主導した。演技に対する真摯な姿勢とともに。苦労しながら撮影する同僚の演技者やスタッフたちのそばに常にあった。暇な時は楽しい冗談と愉快ないたずらで雰囲気を盛り上げたり、撮影に真剣になるときは、誰よりも演技に没頭して撮影現場を導いた。

視聴率40%を越え、尚もその高視聴率を維持し続ける"善徳女王"も徐々に重心がトンマンとユシンからキム・ナムギルが演技するピダムに移っていく形だ。特に自分を敬遠していた師匠ムンノの死に接し、あれほど渇望していた「三韓地勢」よりも師匠を背負って走る姿に改めて人間的な様相が浮き彫りにされ視聴者の心を揺さぶった。本格的な花郎となった彼がトンマン王女とミシルのどちら側に立つことになるのかにも関心が増している。

「善徳女王の秘密兵器」として一気に主役に背伸びしたキム・ナムギルは「人気が急騰した分、調べてみる人が多くなった」と声を掛けると、 「ちょっと調べてみてくださればうれしいです。(笑)撮影現場だけにいると、外の世界の雰囲気がよく分からなくて...」といたずらっぽく応じた。間違いなく「いたずらっ子、ピダム」の姿だ。そうするうちにも、すぐに「野心家ピダム」に帰ったように「したくてする仕事に人気は重要ではないです。私に合う役をするようになってあまりにも嬉しいだけです。これまで手に負えなかった日々が今回のドラマを通してある程度解消されて何より嬉しいだけです。一生演技者として、俳優として生きたいです」とプロの顔つきを見せた。
インタビューのためにちょっと休んだキム・ナムギルは再びピダムに戻るために大きな刀を傍に立ち上がった。真剣ながらもコミカルさを同時に見せて演技にまい進した。

「カット」の声がかかるとすぐに無邪気な笑顔の青年キム・ナムギルに戻り、ひどく疲れているスタッフや仲間に愛嬌をふりまきながら 「撮影現場の可愛い奴」に急変した。監督の呼び出しが開始されると、いつかそうしたようにほこりをはたいて撮影現場へ走って行った。

「大変です。一日に2時間しか寝られないです。早く倒したらいいですね。そしたらちょっと休ませてくれるでしょうか?ハハハ。ピダムを愛してくださる方にとても感謝します。今後の活躍をより一層期待して下さるよう願います。秋夕の休日を楽しんでください!私は秋夕にも撮影現場で懸命にピダムとして暮らします!」

1.「ピダム」キム・ナムギルは「花より(きれいな)男」だ。彼は完璧な目鼻立ちを備え、さっぱりとした陽気な性格で人気が高い。
f0020564_0284121.jpg


2.「私の足を苦しめるものは何だろう?」キム・ナムギルが撮影中の休み時間に長靴の中の石を探すのに没頭している。
f0020564_0291013.jpg


3.「これでも聞こえない!」撮影現場でマイクがしばらく動作をしていなかったため、キム・ナムギルが口を大きく開けて叫んでいる。このような突拍子もない姿は撮影現場の雰囲気を盛り上げる。
f0020564_0294126.jpg


4.キム・ナムギルがキム・セホン撮影監督(右)と一緒に自分の演技内容をモニターで見ている。
f0020564_03476.jpg


5.「上手に描かないとね~」メイクを担当したスタッフがキャンバスに絵を描くようにキム・ナムギルの顔に扮装をほどこしている。
f0020564_0343520.jpg


6.キム・ナムギルが女性の演出助手(左)と話を交わしている。すべてのスタッフに、彼は友達のような存在として親切にふるまう。
f0020564_035041.jpg


7.「写真一枚お願い〜」キム・ナムギルは最近急騰した人気のおかげで、『善徳女王』のスタッフからのサインと写真撮影の依頼で大わらわである。
f0020564_0354793.jpg


8.「オッと、頭が〜」185㎝のキム・ナムギルが照明装置を見ずに歩き、頭をぶつけて痛がっている。
f0020564_0361420.jpg


9.「ピダム」の眼差しはいつも涙が溜まり言葉になりそうでならない。キム・ナムギルの繊細な演技は10年の間磨きあげた演技力のおかげで可能なのだ。
f0020564_0365443.jpg


「大きな刀に手を置き...」
キム・ナムギルは自分の撮影分がなくても現場を離れない。他人の演技を見て、常に学ぶ姿勢で臨む。刀をその間に置き、撮影現場を見守る姿が全く真剣だ。
f0020564_0373563.jpg


「ヒョン! 大丈夫?」
風月主を選ぶピジェを撮影するために疲れたオム・テウンに近付いて冗談を言って慰めるキム・ナムギル。
f0020564_0383621.jpg


撮影がないときなら、キム・ナムギルはスタッフと気さくに交わる。一人のスタッフが手品のトランプゲームを見せてくれると感心して笑うキム・ナムギル。
f0020564_0392674.jpg


パク・ホンギュンPDの「キュー」サインを真剣に見るキム・ナムギル。演技においては常に真摯な姿を見せてくれる彼の姿はプロにふさわしい。
f0020564_040697.jpg

by omasa-beu | 2013-02-24 00:41 | 善徳女王(ピダム) | Comments(44)
Commented by すみれ at 2013-02-24 01:10 x
おまさぼうさま ! ! ありがとうございます(^O^)
これ 初めてみます。コメの後、又 何度も記事と写真見ますね(^_−)−☆

Domani どんな切り口になるのか、カメラマンさんに期待・・
注文が増えるので、本屋のオジサンの笑顔が(笑)

思うように いかない人生の もどかしさ、つらさを、時には笑顔にすり替えて、多様に、かといって過剰演技になることなく演じる彼のスタイルに、無意識に共鳴する時間が好きです。
当分、過去作品の復習が続くのかな ?
でも、同じ作品 観てると、韓国語の勉強になりますね ! !
Commented by at 2013-02-24 05:45 x
すみれ様と同じく、私もこの記事と写真は初見です。
当時の雰囲気やナムギルの様子がよく分かりますね。アップしてくださって嬉しいです。

ドマーニ、、、当分立ち読みの日々になりそう。お財布より雑誌の方が重いです。(笑)
Commented by とんまあ at 2013-02-24 06:26 x
ピダムは、やっぱり いい!!私も、初見がたくさんありました♡
ピダムで 一番に思い出すのは、「疑似父子」のムンノとの関係です。
父殺しの企てと和解~名場面だったなあ。
写真1 ピジェの後、ミシルに心を見透かされた時の顔は、息もとまる程の美しさ。
私も、後でゆっくり、味わいながら見ます。


Commented by ちえんふう at 2013-02-24 10:32 x
おまさぼうさま
素敵な記事の紹介ありがとうございます。2009年はまだピダム堕ちしていない時期なので、初めて見る内容です。
この記事の記者さんって男性ですかね?なんか古家さんの「お手紙」と同じ雰囲気を感じましたので(^-^)
Commented by ひさる at 2013-02-24 12:38 x
おまさぼうさや。

あきません!!
掲載いただいた写真を思いだし、一人にやにやが止まりませぬ!
見たことのない写真もありましたが、私は女性スタッフとの写真の彼がたまらなく好きです。
あのポーズ、、、どんな話をしていたのでしょう。
素顔にせまりたくなる。
オンとオフのギャップの魅力が凄いのも彼の魅力ですよね!
現実に返してくれない彼は、ある意味、悪い子です(笑)
Commented by おまさぼう at 2013-02-24 13:50 x
すみれさま
Domaniは、定期購読される方も出ているようですね。私は、本屋さんも近いし、手にとってから考えることにしますけど、やっぱり買うかな(笑)
この記事の写真だけでも、ほとんどがオフショットなのに、いろんな表情を見せてくれますね。素敵です☆
韓国語の勉強は、おっしゃるとおり、同じ作品を何度も観ていると自然に覚えてしまうフレーズがありますね。楽しみながら学べます。
Commented by おまさぼう at 2013-02-24 13:55 x
秋さま
アップしてよかったです☆この記事から3年半経ち、間に公益もはさんで、ナムの環境や周辺は変わってきても、彼自身は基本的に変わってないような気がします。ぶれない人ですね☆
昨年ナムが掲載されたDomaniは小さい方の雑誌を買ったんですけど、たしか、大きい方と同じ値段だったような?!せこいこと言いますけどね(笑)
Commented by おまさぼう at 2013-02-24 14:02 x
とんちゃま
ムンノとの最後のシーン、きれいでしたね。ムンノ役のチョン・ホビンさんが雑誌のインタビューで語っていましたけど、ピダムに対しては、あくまでも父親として演じていたとか。それにしては、少し情が足りなかったようですが。ピダム、哀れ!
1枚目の写真は、私もピダム堕ちした理由のひとつかも知れません。心の底から自然に出ている表情というか、筋肉のひとつひとつまで微妙に表現していて感動しました
Commented by おまさぼう at 2013-02-24 14:06 x
ちえんふうさま
気に入っていただけてよかったです☆
写真の下に<イ・ジュサン記者>というクレジットが入っていますが、おそらく男性と思われる記者の連載レポのひとつみたいです。本文中に書き加えました。
古家さんの手紙と同じ雰囲気を感じられたということは、ナムナム自身が当時も今も変わってないことにも起因するのではないかと。。。
Commented by おまさぼう at 2013-02-24 14:13 x
ひさるさま
私が似たついているのは、例のNHKハングル講座のインタビューです。最近、1日に1度は観るようにしているのですが、最後の「ファイティン! ガンバレ」の笑顔に、こちらの笑顔も引きだされています。でも、幸せなことですよね。
公益解除以来、振り回されながら、コンサートでは夢を観させてくれたり、愛しいナップンナムジャですね♡
Commented by MOTOKO at 2013-02-24 16:40 x
おまさぼうさま ありがとうございました。
わたしも初見の写真が・・・彼の素顔が見える写真は大好物 垂涎モノ(笑)うれしいです。
ひさるさんもおっしゃってるように ホント!あきないですね~。
どこをとっても魅力的です。ひきつれけられてしまう。すごい吸引力です!
私も女性スタッフさんとの写真が好きでiPhoneに入れてます。とても良い空気が流れていますよね。う~ん。
Commented by おまさぼう at 2013-02-24 19:01 x
MOTOKOさま
喜んでいただければ嬉しいです^^
日本の雑誌なんかでは、もひとつ気に入らない写真の時なんかがあるのですが(ナムのせいではなく、撮り方というのか)、この記事の写真はどれも自然でいいですね☆
Commented by connie at 2013-02-24 19:03 x
おまさぼうさま

たくさんのピダム、ありがとうございます。
私も女性スタッフとの写真、好きです。
あの自然体。
スタッフさんぽおっとしてますね。

証明に当たってイテテも
かわいい(´ー`)
聞こえないマイクに向かってあんなに口をあけて。。。
いたずらっこ全開ですね

ほんとに見ていて飽きませんね。
魅力が尽きません。
また、素敵な写真、待ってます(^-^ )
Commented by SAKURA at 2013-02-24 19:33 x
おまさぼうさま

私の初恋のピダムです!!たくさんのサジンありがとうございました。
私も初めて見るサジンもあり、嬉しいです。喜徳女王で、ピダム=ナムギルを見て…
初めて買ったのが喜徳公式ガイドブックです。
メイキングストーリーの中のナムナムは、やっぱりやんちゃで、これを見てますます好きになりました。

そしてドマーニ連載♪
毎月見れるのは、嬉しいですね。

ちょっと話が前になりますが、チングが、ラムジのファンで、解散Live生中継放送を見たそうですが…
小さめな会場で、ナムの噂はあったけど、目撃情報は、なかったと!
ただLiveの中で赤と黒ツアーの話やナムナムの話もあったそうですよ~♪
Commented by りこ at 2013-02-24 20:26 x
こんばんは。 
おまさぼう様、ナムナムペンになってまだ日が浅い私には、どれも初めて見る写真ばかりで、思わず何回も見直しました。
紹介してくださった文章にも、思わず(そう、そう、その通り・・・・)とあいずちを打ちながら読ませていただきました。
写真集を読んでも、此処へ来るまで大変な苦労をされたようですが、その一つ一つが良い意味で、素晴らしい演技者の糧になっているんでしょうね。
私も、あの女性スタッフさんのように隣にくっきたいですぅ~~。
良いなぁ・・・・・でも、こんなふうに近ずけたら
きっと固まってしまって、真ともに顔さえ上げられないと思いますが・・・・
今日本屋さんでドマー二の三月号を見てきました。
もう何日かしたら、ナムナムの載った四月号が出るですね。
どんな写真なのか、どんな文章なのか凄く楽しみです。
Commented by ピオニー at 2013-02-24 21:57 x
おまさぼうさま

こんばんは♪ 

この記事、内容・ピダムのサジンどちらも素敵ですね。

また、ナムギルへの想いが増しちゃいました♡

Commented by ゆっつ at 2013-02-25 00:09 x
はじめて読んだ記事です。ありがとうございます!写真いいですね~下から2番目の笑顔が一番好きかな。う~ん決められない。なんかまだかわいいピダムですね(^^)
Commented by ミニうさ at 2013-02-25 00:10 x
おまさぼう様 
ピダム・・・いいですね♥
どの写真も素敵ですが・・・監督とモニターをチェックする無防備な感じか好きです☆
ピダムとゴヌクだけじゃなくて、皆さんがどの役が好きかもっともっと悩むくらいたくさんの作品に出演して欲しいです・・・。
ドマーニの連載など楽しみはゆっくり少しずつということですかね。。

先日ココパリゾートでゴルフしてきました。
ホテルには赤と黒の写真が少しあるだけで、ロケから時間がたっているためか私的にはすこしさみしい感じがありました。
でも、あーここに来ていたんだなあと思いながら一人でテンションをあげていたので周りから浮いた感じなっていました(笑)
Commented by ちえんふう at 2013-02-25 01:51 x
おまさぼうさま

やっぱり男性記者なんですね~。ナムさんに対して客観的でありつつ、魅力を伝えずにはいられない感じが、古家さんの「お手紙」と共通するなぁって。女性じゃこうは書けないような気がしたんです。女子がナムさんを客観的に=自分と切り離して見るなんて、無理無理~。もちろんナムさん自身に、ピダムで大ブレイクしても、公益勤務を終えても、変わらない部分があるってことが肝心な所なんですが(^^)男が惚れる男であり続けてほしいですぅぅ。
Commented at 2013-02-25 19:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ジャスミン at 2013-02-25 22:04 x
おまさぼう様

素敵な記事のアップ、ありがとうございます。
ゴヌク堕ちの私にとっては、初めて見る記事なので、とっても嬉しかったです。
可愛いナムギル満載で、良いですね~
この記者の方、ナムギルの魅力を上手に表現して下さってて、嬉しいわ~
この記事を読んでいたら、先にピダム堕ちしていたかも・・・
そしたら、善徳女王の公式ガイドブックも絶対に手にしていただろうな・・
今では手に入らないですもんね・・・下巻・・・

赤と黒でも、メイキングとか、特典映像で垣間見るナムギルの人柄に、ますます惚れ込んだがことが思い出されました。

私、ナムギルが演じたキャラクターで、一番好きなのはゴヌクと答えましたが、キャラクターが好きなのではなく、ゴヌクを演じたナムギルのことが好きだったんだな・・・と気が付きました。
キャラクターとしては、ピダムの方が好きかも・・・
Commented by マシュコ at 2013-02-26 00:06 x
おまさぼう様

うわーい♪ たくさんの画像ありがとうございます(^_^)/
そしてナムギルさんのお人柄に触れられる記事、これまたありがたや~♪です。

ピダムかゴヌクか? うーーーん、いつも考えてるんですが結論でません。どっちも良すぎ!!
you tubeでピダムとゴヌクの切ない動画を観たあと、HiteビールのおちゃらけCMを観てホッとする毎日なのです☆
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:01 x
connieさま
オフショットなんですけどね、ナムのご両親がおっしゃったように、ピダムはそのままナムギルという感じがしますね。
「花より(きれいな)男」なのに、普段は変顔をしたりしますしね。愛すべきナップンナムジャです☆
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:08 x
SAKURAさま
ラムジさんの解散Live生中継というのがあったんですね。ナム、観客には見えない場所で聴いていたかも知れませんね。彼が会場に現れればパニックになって、かえって、ラムジに迷惑をかけるかもと考えそうですもんね。
ナムのどんな話がLIVEで出たのか、聞いてみたいです。。。
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:12 x
りこさま
アップした写真はみな見覚えがあるのですが、以前見たときは、記事はちゃんと読んでなかったのか、今回、みなさまにご覧いただきたいなと思ったくらいいい記事ですね☆
わたしだって、ナムの横にいたら、息だって出来そうにありません。コンサートなどで、同じ空間にいながら、距離感を持って見るのが一番みたいです。
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:14 x
ピオニーさま
そうなんですよ。これ、記事も写真も全部いいですよね。
私は少しだけゴヌク寄りだったけど、こういう記事を見ると、また、ピダムに引き寄せられます♡
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:16 x
ゆっつさま
意外にナムペンさまがご存知ない記事だったので、アップした甲斐がありました☆これが一番と決められないほど、いい写真満載ですね☆
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:21 x
ミニうささま
実際は、ゴヌクとピダムだけではなく、カンムもテサンも素敵だし、ジェミンだってスインだって、シンスケもスインも皆魅力的なんですけど、この2つのキャラクターが強力なんですよね。どのキャラクターもいいなんていう俳優さんは少ないですよね。それだけ、ウリナムはすごいなあと改めて感じ入ります。
ロケ地にはやはりナム友と行くのが最高かも知れませんね。
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:27 x
ちえんふうさま
NHKハングル講座のインタビューでも、『ナップンナムジャ(赤と黒)』放送後、男性ペンが増えたって喜んでましたものね。あの、普段は飾り気のないナムジャがいったん芝居となると、まるで違うひとになってしまうという魅力の持ち主ですから、男性ペンが増えるのも納得です☆
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 02:35 x
鍵コメさま

以前のコメントから、鍵コメさまはゴヌクが一番ではないかと推測してましたが、そのとおりでよかったです☆
私も一応ゴヌクですけど、ピダムを観ていると、たびたびピダムに転びそうになります。全部ひっくるめて、ウリナムですから、素晴らしいです☆
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 11:43 x
ジャスミンさま
日本の雑誌を見ていても、この記者さん、ナムペンかしらと感じる記事がままありますけど、身近でナムに接した人たちが厚意的になるのは嬉しいことです。語らずして、彼の人柄を表している訳ですものね。
ゴヌクもピダムもすべてキム・ナムギル☆だから、愛さずにはいられないんですね。
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 11:47 x
マシュコさま
そうなんですよ。結局、ゴヌクがいいか、ピダムがいいか、なんて、結論が出る訳はないのです^_−☆
うっくんが話していたように、ジキルとハイドの要素を持つウリナムですから、今後、どんな姿を見せてくれるのか、楽しみに待ちたいです☆
Commented by キャサリン at 2013-02-26 17:09 x
おまさぼうさま
私も初めてこの記事見ました。載せていただき、ありがとうございます(^^)記事も写真も良いです!
今、こちらでは善徳女王の再放送をやっていて、週に1度ピダムに会えます。再放送、何回見るねんっ!って感じですが、何度見てもやっぱりいいです♪話の内容も面白いし、ピダムがかっこいい~☆1月のコンサート以降、週1のピダムがさらにかっこよく見えます!
私の中ではゴヌクが1番でしたが、ピダムも・・・選べません。
Commented by ゆうゆう at 2013-02-26 20:18 x
おまさぼうさん

今晩は!
この記事、サジンは見たのですが内容知らずだったので読めて嬉しかったです。ありがとうございましたm(__)m

私はゴヌク墜ちですが、ピダムを見直していて(笑)甲乙点けがたい感じになっています(^^ゞ

ナムギル演じたキャラクターで集計したら、どちらが上なのでしょうね?
ナムペンとも話になりますが、ピダムに関しては○○の頃のピダムが好き~、ファランのピダム~、など、その中でも色んな意見があり、ナム話に終わりはありません(^皿^)

しかし、早く新作が見たいですね~(´ψψ`)
Commented at 2013-02-26 21:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 22:14 x
キャサリンさま
みなさま、すでにご存じかなと思いながらUPしたのですが、よかったです☆
ゴヌクもピダムも何度でも観ています。その合い間にテサンやジュンギも見るし、どんなドラマや映画も、ナムが出ていると、繰り返し観たくなる稀有な俳優さんですね。
私の質問自体がちょっと無茶ぶりでした。。。。
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 22:22 x
ゆうゆうさま
実は、私も記事の方はすっかり忘れていたので、改めて読んで、ほんとにいい記事と思いました。
ゴヌクかピダムか、実際は、どちらかを選ぶなんてことはできないんですけどね。
ファランのピダムはすごくきれいだし、私も大好きです。その前のピダムは、ナムの素に近いような気がして、それはそれで魅かれます♡
Commented by おまさぼう at 2013-02-26 22:32 x
鍵コメさま
初コメント、ありがとうございます。嬉しいです^^
昨年末にファンになられたとのこと、どの作品のナムナムに出会われたのでしょうか。応援の方法は人それぞれ、お互い、今後のナムを見守ってゆければいいですね☆これからもよろしくお願いいたします☆
Commented by えり at 2013-02-27 16:14 x
おまさぼうさま こんにちは~
はじめまして~♪ブログ拝見致しました♪
ピダムかっこいい♥
私はなんと言ってもピダムが大好きです!
「善徳女王」は忘れられない作品です♥
ピダムはホントにナムギル自身じゃないかと妄想してしまうほど素晴らしく演じていましたね~あれからすっかりナムギルに惚れ込んでいます(笑)
もちろんゴヌクもカンムもスインもナムギルが演じたキャラはみんな大好きですが必ずピダムに会いたくなります(^-^)
花より美しい男性‥こんな言葉がピッタリくる男性は世界中でナムギルだけじゃないでしょうか~~
それでいてワイルドでセクシーで‥でも素のナムギルはお茶目で
かわいい♥
ホントにこのおかたにはハートを鷲掴みされっぱなしです(~o~)

そろそろ新しい作品が見たいですが‥それまでは今までのナムギルをみて、おりこうさんで待ちます(笑)

ピダム堪能できました!(^^)!
ありがとうございました~♪
またお邪魔いたします(^_^)/
Commented by キャサリン at 2013-02-27 16:56 x
おまさぼうさま
無茶ぶりだなんて、そんなことないですよ~(^^)・・・確かに難問でしたが(汗)。。。マサオンニや皆様のお話が聞けて、楽しいですよ☆
やっとグッバイ・ソロを見始めました。その次はテサンにしようかと思ってます♪
Commented by おまさぼう at 2013-02-27 22:35 x
えりさま
コメント、ありがとうございます。
ピダムがナムギル自身というのは妄想ではないかも知れませんね。もちろん、残忍な殺人などはしないでしょうけど(←当たり前田でした)。
花より美しく、ワイルドでセクシー、おまけにお茶目。。。いいですね☆
。。。おりこうさんで待ちたいとおっしゃる気持、同感です。
こちらこそ、おいでいただき嬉しいです。
Commented by おまさぼう at 2013-02-27 22:37 x
キャサリンさま
皆さまのお話が聞けて楽しいのは、私も同じです。質問して、やっぱり、よかった(笑)
テサンはいいですよ。グッバイソロのジアンは悲しすぎて、あまりリピートできませぬ。。。。。。ごめんなさい。まだ、ご覧になってないのに。。。
Commented by ハル at 2013-03-03 01:07 x
こんばんは。
おまさぼうさまの「ピダムの記事UP」の言葉が気になりつつも訪問を控えてましたが、仕事も一段落し、ようやくナムギル解禁になりました。

おぉ~、初めて見る写真ばかり、大好きな“ごんたピダム”がいっぱい。
ナムギルリハビリを始めたばかりの身には刺激が強すぎるわ…

演者、スタッフの隔てなく接するナムギルの人となりが伝わってくるようで…みんなから愛されているのでしょうね。

おまさぼうさま、素敵な写真をありがとうございました。
Commented by おまさぼう at 2013-03-03 01:55 x
ハルさま
お疲れさまです。写真、初めてでしたか。UPしてよかったです。どの写真も自然で素敵でしょう☆
この記事、2009年9月。それから3年数か月経っての今年1月のコンサート。周りの人へのナムの変わらぬ態度はうれしいですね。
「自分が好きな人が悪い人であってほしくない」とは、ジェインの台詞ですが、われらの好きなナムが出来た人であることを誇りに思います。
line

♪ ♪ Kim Nam Gil Forever ♪ ♪  韓国の俳優キム・ナムギルさんが好きです☆


by omasa-beu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー